考査問題の妥当性を評価し、最適化を図る #INDEX

「授業で何を教えるか」と「考査で何を測るか」はともに、担当する先生方の頭の中にある学力観を反映したものだけに、両者はほぼ同じものです。片方の最適化を図れば、もう一方もおのずと改善されます。

授業改善を図ろうとするとき、相互参観や研究授業を開催することが多いかと思いますが、指導で何を目指すかという「主眼」に関わる部分については、考査問題を材料に話し合って知見や発想を交換する方がやりやすく、また成果を固定できる分だけ費用対効果に勝ります。

紙の上に固定された考査問題の検討・協議には、時々刻々と局面を変える授業を対象とするより、議論そのものが進めやすいのも利点です。

定期考査が、ゴールでの形成を目指す学力との距離を正確に測り、結果を正しく点数に換算する機能を備えていなければ、教科学習指導における目標達成を確実にするための中間検証も的確に行えません。

より良い考査問題作りへのチャレンジを通じた教科観・学力観の更新と最適化は、授業の改善を正しい方向に加速させてくれるはずです。

2016/11/17 公開の記事インデックスをアップデートしました。


考査問題の妥当性を考える時の視点(その1)
ゆがみを作っている原因~測定する学力の違い
配点の不備も、学力を点数に変換する機能をゆがめる
教えたことをすべて測定するという発想を捨てる
生徒はテストに合わせて学びのスタイルを作る

考査問題の妥当性を考える時の視点(その2)
出口で求められる学力を考査が正しく測定しているか
まずは、考査と模試の相関をとって確かめてみる
データを使って、出題改善の効率化を図る
相関を下げる「主眼のズレ」と「ノイズの介在」

設問ごとに出題の妥当性を確かめる
正答率が極端に低い問題は出さない
得点の実効スケールが小さくなることにも問題あり
”ちゃんとやればできる問題”も何をやるのかが問題
訓練すれば正しく適用できる採点基準か

試行テストの分析で用いられた出題評価の手法
平均得点率(平均正答率)と標準偏差
ヒストグラムで点検する「有効得点レンジ」
設問正答率幹葉図で、硬軟のバランスを確かめる
誤肢選択率と正答選択率の比較、ほか

■関連記事
  1. 考査問題の改善が授業も変える(全3編)
  2. 高大接続改革に備えて考査問題も新しいスタイルに
  3. 学力観の変化は良問と悪問の分け方を変える
  4. 考査の結果から自分の授業を振り返る
  5. 考査問題における得点集計(集計の取り方と活用法)
  6. 出題研究を通して"問い方"を学ぶ
  7. 考査問題に使う初見材料をどこから調達するか



アップデートに際しての追記:

多忙を極める先生方に、お手間を増やしかねないご提案かもしれませんが、考査の妥当性を確かめ、その向上を図る取り組みは、十分にコストに見合った成果をもたらしてくれるものと確信しています。

目標学力への接近を正しく測れる考査は、学びの羅針盤です。本編でも書きましたが、生徒は考査問題に合わせて学びのスタイルを作りますので、定期考査の出題が万が一にも方向性を誤ったら、学習者が受ける不利益はとてつもなく大きなものになります。

考査の結果が常に正しい方向を指しているか、結果の点数が生徒の進歩の度合いを正しく表しているか、常に点検を重ねるべきです。

信用のおける定期考査であれば、先生の指導の成果も正しく検証してくれます。複数の先生が(学校を跨いで同じ問題を共有することだって可能ですよね?)それぞれ最善と思う方法で指導に当たり、その成果を考査の結果で比較すれば、学習者を最も成長させた授業を探せます。

そこでの指導ノウハウを共有し、先生方の協働で更にブラッシュアップを図れば、その恩恵を多くの生徒が享受できるのではないでしょうか。

また、定期考査で正しい方向で目標学力への接近を的確に測定できれば、一定期間を挟んだ2回のテストで作った散布図には、伸びた生徒と苦戦した生徒が現れます。伸びた生徒の行動から「望ましい学習者像」を描ければ次学年の生徒に示していくこともできそうです。

画像


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • キーワード=“評価・考査・成果検証”の記事一覧

    Excerpt: キーワード別 記事インデックス 評価、考査、成果検証2016-11-18 更新 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-11-18 06:56
  • 知識をどこまで拡張するかは個々のニーズに合わせて

    Excerpt: ひとつの単元を学んだんときに、どこまで拡張して知識を獲得させるか ── 生徒の進路希望を実現しようと、最大公約数的に広く網をかけていくと、「そこまでは必要ではない」 という生徒に過剰な負担をかけること.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-11-21 06:21
  • クラス内での学力差にどう対処すべきか(記事更新12/6)

    Excerpt: どんなクラスでも学力差は存在します。たとえ、習熟度別にクラスを分けて展開授業を行っても学力差は残りますし、時間の経過ともに差が再び拡大していくのは多くの先生方が経験している通りだと思います。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-06 07:13
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法

    Excerpt: どんなクラスでも学力差は存在します。たとえ、習熟度別にクラスを分けて展開授業を行っても学力差は残りますし、時間の経過ともに差が再び拡大していくのは多くの先生方が経験している通りだと思います。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-14 05:52
  • 考査問題で何をどう測るか

    Excerpt: 1 考査問題の改善が授業も変える1.0 考査問題の改善が授業も変える(序) 1.1 考査問題の改善が授業も変える(前編) 1.2 考査問題の改善が授業も変える(後編) 2 考査問題の妥当性評価2.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-05 06:09
  • 生徒にYESと答えてもらいたい質問

    Excerpt: 指導目標の達成により大きく近づいた指導(=付加価値)の大きな指導を特定して共有を進めることで、組織的な授業改善が進みます。一人ひとりがより良い指導を目指して試行錯誤を繰り返すことは大切ですが、その段階.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-09-19 07:52
  • 考査問題と被験者学力のマッチング

    Excerpt: 考査問題の妥当性を評価し、最適化を図ることの重要性は以前の記事でも書いた通りですが、たとえ同じ問題であっても、どんな学力層の生徒に与えるかで「良問」にも「悪問」にもなり得ます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-02 06:08
  • データをいかに利用するか INDEX

    Excerpt: 学校には実に様々なデータが蓄積されていますが、集めて貯めるばかりで十分に活用されていないことも少なくありません。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-06-06 05:03
  • 夏休みの過ごさせ方を振り返って、来期の指導設計を

    Excerpt: 昨日のブログで、「自由研究/課題研究は狙い通りの成果を得たか?」と題して、夏休み中の宿題の代表格(?)である自由研究、課題研究について考えてみました。夏休みと言えばもう一つ、講習会や補習授業もあります.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-08-28 06:21
  • 定期考査の失敗を繰り返させない~リベンジ自習会

    Excerpt: 日々の学習の中で「伸びている実感」を抱いたり、自らの進路希望の実現に展望を持てたりすることは、学び続ける意欲を維持するために欠かせません。少なからぬ生徒が模試成績を通じてそれらを感知しますが、模試の点.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-09-13 04:52
  • アンケートで探る“学ぶ側の認識” #INDEX

    Excerpt: 学習評価は、個々の生徒の現状を正しく捉えゴールに導く方策を考えるにも、これまでの指導の成果を検証し、改善に向けた課題を形成するにも欠かせないものです。学習評価は多面的に行う必要があり、知識・技能、思考.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-07 07:07
  • 授業で使った教材・課題や考査問題の引き継ぎ

    Excerpt: 新年度の引き継ぎに際し、これまでの指導で使用した教材や課題、考査問題などを必要に応じて次年度以降でも利用・参照ができるように調えて残すしておくことはとても重要です。日々の指導の中で積み上げてきた工夫に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-18 07:57
  • 試行テストの分析で用いられた出題評価の手法

    Excerpt: 昨年11月に実施された大学入学共通テストの試行テストの検証結果が先日、大学入試センターのホームページで公開されました。既にご覧になられたと思いますが、本日のブログでは、結果分析で用いられていた出題評価.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-10 05:59