現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学に進んでから燃え尽きさせないために

<<   作成日時 : 2019/01/11 07:11   >>

トラックバック 6 / コメント 0

進路希望の実現に向けて頑張ってきた生徒には、進学先でも大いに頑張り充実した日々を過ごしてほしいところですが、様々な統計を見ると、学業不振や学校生活不適応で苦しんでいる学生も少なくないようです。大学に送り出すまでに高校の中で打つべき対策もあるように感じます。

2017/03/30 公開の記事をアップデートしました。


❏ 学業不振や学業への無関心が中途退学の主因

少し前の資料となりますが、
 学生の中途退学や休学等の状況について(文部科学省)
 大学等中退者の就労と意識に関する研究(労働政策研究・研修機構)
などの調査結果がデータとして公開されています。

文科省の調査では、"経済的理由"が中途退学及び休学の最大の要因とする一方、学業不振が中途退学の主な要因の一つに挙げ、高校と大学における教育ギャップに学生が適応できていない可能性を示唆しています。

一方、厚労省の調査に基づく後者では、中退理由(複数回答)で最も多くを占めるのは"学業不振・無関心"の49.5%で、"家庭・経済的理由"は3割弱です。

私立大学生の8〜9人に1人が大学を中退している中、退学には至らないまでも、入学当初に描いた洋々たる未来を描けなくなったり、学ぶ意欲を失い学業での低空飛行を続けている学生は少なくないと思われます。

きちんと志望理由をもって大学に進んだはずの大事な生徒が、万が一にもそんな事態に陥っては残念でなりません。


❏ 大学側の対策に加え、高校在学中に打つべき予防策

当然ながら、学業不振や学校生活不適応には、学生を預かる大学側でしっかり対策を講じるのが本筋ですが、生徒を送り出す高校でも何かできることがあるなら、きちんと実行に移したいものです。

高校生活から大学生活へと円滑に繋いでいくことは、進路意識形成を支える指導進路希望を実現させる指導 の2つに続く、第三の指導目標だと考えるべきだと感じています。

学業不振に陥る背景には、「基礎学力の不足・学習方策の未確立」に加えて、「学習意欲(≒目的意識)の低下」という問題があるはずです。

教えられたことをそのまま覚えれば良いという状態に慣れ過ぎていた生徒は、不明や疑問が生じたときにそれを解消するすべ(学習方策)を身につけ損ねているかもしれません。

その大学の実態(学べることやその環境、大学側からの支援体制、周囲の学生の雰囲気)などを良く知らないままに入学して、勝手に抱いていた期待と現実のずれに目的や意欲を見失っていくこともあるでしょう。

また、大学に進んで学ぶことへの自分の理由をあいまいにしたまま、合格すること/進路を確保することを目的にしていた学生に、それを達した後に「目標ロス」が生じるのは半ば当然のことだと思います。

高校卒業を迎えるまでに打てる予防策は、
  • 個々の学びをきちんと仕上げることを習慣化させる
  • 課題解決を通して学習方策を身につけさせる
  • 大学で学ぶことへの自分の理由をはっきりさせる
  • 大学の実態をしっかりと調べ、自分の期待との整合を確認させる
といったことにありそうです。

いずれも、日々の教科学習指導や進路希望を作る指導、進路希望の実現を支える指導の中で行うべき当たり前のことばかりのように思えます。


❏ 解決すべき問題は、日々の学習&進路指導の中に?

基礎学力の不足は、推薦入試を利用して学力検査を受けていない場合や大学での学修に必要な科目を受験で選択していなかった場合に、小さからぬ問題となって顕在化することが多いはずです。

推薦入試の利用者にはこのビハインドを跳ね返すだけの「覚悟」を持たせることが必要だと思います。以下の拙稿もご高覧ください。

 ■ 推薦入試を利用させる条件

また、学習方策の未確立は、「教わったことを覚えて点数を取る」ことを常態としてしまったことに問題の根っこがあるように思います。

学習方策は課題解決を通して身につきます。日頃の教科学習指導の中で解くべき課題を与え、教えきる前に考えさせることが必要です。

 ■ 学習方策は課題解決を通して身につく
 ■ 学び方における守破離
 ■ 教科固有の知識・技能を学ぶ中で

目標を見失えば当然ながら、その達成に向けて頑張るという意欲は湧きません。意欲がわかずに頑張らないでいたら、学業成績が下がるのは当たり前。成績が下がればまたやる気をなくすという悪循環に陥ります。

燃え尽きるのは、新たな燃料がくべられないから、つまり新しく目標を設定できないからでもあります。教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場であるはずです。


❏ 新たな目標を設定できれば燃え尽きることはない

志望校への合格、進路の確保という目標を達成した後で、目標自体を見失う/新しい目標を設定できないというケースがあります。次に行く方向を見失うのにはいくつかパターンがありそうです。
  1. 合格が自己目的化しており、入学後に新たな目標を設定できない
  2. 第一志望以外の不本意入学で、夢は遠のいたと思い込んでしまう
  3. 入学してみたら、そこは思い描いていたのと違う世界だった
この他にもいろいろありそうですが、少なくともこれらは、進路意識形成のプロセスにおいて進路希望を作るまでの活動を確かめることを重ねておけば防げた問題ではないでしょうか。

大学入学前に「学んでみたいこと」がはっきりしていれば、環境の如何に拘わらず、自力で学ぶことはできるはず。学び続けてさえいれば、達成した中に新しい興味も湧き、「学んだことを通じて、社会にどんな貢献をしたいのか」 も再び見えてくるはずです。

高校を卒業する時点で見えている景色はきわめて限定的です。「自分の本当の役割」を見出すのはその先ですよね。今できることに夢中になって取り組んでみることで、道は開けるのではないでしょうか。

拙稿「カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ」でも申し上げたことですが、高校生活を送らせる中で、キャリアは選ぶものではなく重ねるものという進路観・キャリア形成観に触れさせておくことも大事だと思います。

探究型学習を使った進路指導や、学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラルという発想の重要性も、今後ますます大きくなるはずです。


このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
進路意識の形成についてアンケート
前回、前々回と、進路希望調査を行うときに注意したいことや、学問の細分化と学際の拡大とで進路希望を作るのに文理選択から学部・学科を絞っていくというこれまでの手法に限界があることについて考えるところをまとめてみました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/12 06:06
進路希望を作るまでの活動を確かめる#INDEX
生徒一人ひとりの進路希望を把握することは大切ですが、それ以上に着目すべきは、進路意識を形成し、進路希望を具体化するまでに生徒一人ひとりが踏むべきプロセスをきちんと踏んでいるかどうかを確かめることではないでしょうか。自らの選択の結果に向き合える状態に生徒を導く上で欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/13 06:14
どんな人材を育てようとしているのか
日々の教育活動の中で、常に意識を持ち続けるべきは、「どんな人材を育てようとしているのか」という問いだと思います。学校が教育目標として掲げ、入学してくる生徒たちに約束したことや、分掌、学年、教科という三つの立場での自分のミッションをどれだけ自覚できていることが、個々の場面でもブレのない指導を実現するのではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/12 05:39
進路希望の具体化と実現へ
1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 1.3 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で 1.4 準備が整わないうちに選択を迫っていないか 2 進路希望の実現をあきらめさせない2.1 どこまで伸びるか見立てる 2.2 第一志望をあきらめさせない指導 2.3 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り 2.4 受験期は、またとない成長の好機 New! 3 学習機会としての模試... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/01/11 07:10
最終局面での進路指導〜出願校選定から卒業まで
いよいよセンター試験の本番を迎えます。ここから先は出願から試験の本番を経て、出た結果を踏まえた最終的な決断(進学先の決定)に臨み、卒業を迎えることになりますが、この大切な最終局面での進路指導について、考えるところをまとめてみました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/01/15 06:51
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.0 自ら学び続けられる生徒を育てる 1.1 イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い 1.2 認知の網の広げ方〜5教科7科目をきちんと学ぶ 1.3 記憶に格納する知識、外部参照する知識 1.4 学び方そのものを学ばせる 1.5 学習方策は課題解決を通して身につく ★ 1.6 勉強好きにさせる学ばせ方 1.7 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 2 どんな人材を育てようとしているのか2.0 どんな人材を育てようとして... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/14 06:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
大学に進んでから燃え尽きさせないために 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる