現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 自ら学び続けられる生徒を育てる

<<   作成日時 : 2018/08/09 05:51   >>

トラックバック 11 / コメント 0

学校を卒業した後、自ら学び続けていける生徒を育てることは、すべての学校のミッションであり、教科固有の知識・技能をきちんと身につけさせることと同等以上に大切なことではないでしょうか。

科学の進歩や社会の変化で、知識はどんどん生み出され、それまでの考え方はどんどん更新されていきますから、学び続けることこそが「よりよく生きること」を可能にしてくれるのだと思います。


❏ 自ら学び続けるための土台

本稿のタイトルにある「自ら学び続けられる生徒」というフレーズはよく耳にしますが、そうなるためには何が必要なのか、しっかり整理しておかないと、日々の教育活動の設計も方向性を失いかねません。

何かを学ぶには、それを学ぶことへの自分の理由が必要であり、学ぶための方法・方略が身についていなければなりません。

また、広く偏りなく張られた認知の網がなければ、学ぶべきことがそこにあっても気づけませんし、問いを立てる力がなければ、当たり前に見えることを疑うことなくスルーしてしまいます。

このように考えてみると、自ら学び続ける生徒を育てるためには、
  1. 広く応用できる学びの方策
  2. 学ぶことへの自分の理由
  3. 広く偏りなく張られた認知の網
  4. 問いを立てて考えてみる力
を身につけさせることが必要ということになりそうです。


❏ 汎用性のある学びの方策

各教科に固有の知識・技能を獲得する中で、生徒は学び方そのものを身につけていきます。

教わったことを覚えることだって、覚え方を覚える大事な機会ですが、それだけでは不十分です。

文字で与えられた情報を図に起こして構造化したり、式に起こして数的に処理できる形に変換する方法を学んだり、わからないことがあったときにどうやって調べれば良いかを学んだりもしているはずです。

教科固有の知識・技能を学ぶ中でで申し上げたように、教科固有の知識や技能を学ぶことはそれ自体が目的であると同時に、学び方・考え方を身につけるための手段でもあると捉えるべきではないでしょうか。

ある単元を学んだ時の方法が、別の事柄を学ぶときに応用できてこそ「汎用性のある学習方策の獲得」という目的を達したことになります。


❏ 学ぶことへの自分の理由

学ぶことへの自分の理由は、見出した興味を掘り下げてみたいという欲求や、学びが自分の夢の実現に必要との認識から生まれるものです。

これの反対語は「他人が決めたこと」ではないでしょうか。

日々の授業の中で不明の所在に気づけば、それを解き明かしたいとの欲求が生まれるのは、別稿で書いた通りです。ひとつの疑念の余地も残さず、きれいに説明を尽くすだけの授業では、この要件は満たしません。

問い掛けることで生徒の頭に疑問符を浮かべさせるところから始めれば、教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場になります。

小・中学校での横断的/体験的な総合的な学習の時間を経て、高校で取り組ませる探究活動、課題研究は、教科固有の知識を獲得する中で身につけたものを統合すると同時に、大学に進んで学びたいこと、学んだことを通した社会とのつながりといった、「次のステージで学ぶことへの自分の理由」(=志望理由)を見つけるための場です。


❏ 広く偏りなく張られた認知の網

"認知の網の広げ方〜5教科7科目をきちんと学ぶ"で書いた通り、人の脳は、知っていることしか認識しません。
自分の生き方を変えるような重要な情報に触れても、それまでの学びがカバーせず「認知の網」が形成されていない領域では、その価値や意味を捉えることができず、情報を捕えて利することすらできないということです。新たな知が生み出されるスピードがどんどん上がる中、様々なところに分散する知識を必要に応じて集めて利用するにも、広く張られた認知の網が重要な意味を持ちます。
だからこそ、すべての科目で確かな学びを実現して、教科固有の知識を着実にものにさせていく必要があります。

授業を通して、学力の向上や自分の進歩を実感できないことには、学び続ける意欲を維持できません。

その結果、その科目を学ぶことから生徒は遠ざかってしまえば、認知の網をそれ以上に広げることができなくなってしまいます。


❏ 問いを立てて考えてみる力

問いを立てるということは、すなわち考えるということです。

当たり前に見えること/教科書に書いてあるから真実に違いないと思えることにも、「どうしてこう言えるのか」「なぜこうなっているのか」と疑ってみることから、より深い理解や新たな発見が生まれます。

日々の授業の中で、どれだけ生徒に問いを立てさせることができているかは、いつも意識しておきたいことの一つではないでしょうか。

社会の変化が加速し、誰も解決したことがない課題が次々に生まれる中で、習ったことだけで対処できることは限られそうです。

"正解を言って欲しい"と言う生徒は、自分たちが生きていく世界が、今の知識で解決できない課題に満ちていることを想像できていないのかもしれません。

探究活動にしても、他人の答えを辿っているだけなら「調べ学習」の領域であり、新たな知を編んだり、未知の課題を解決する方策を考えたりすることにはならないはずです。




別稿「どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか」でご紹介したビジネス誌の記事では、
大学の画一化と高校の多様化で、「出身高校こそ人材を見抜く鍵」との声が高まっている。
という指摘もありました。人の土台を作る高校時代で何を学ばせ、何を身につけさせるかはこれから先、さらに重要になるはずです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
異校種間での指導を繋ぐ
1 校種間連携で行う授業改善1.0 校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義) 1.1 校種間連携でできること(その1) 1.2 校種間連携でできること(その2) 1.3 校種間連携でできること(その3) 1.4 校種間連携でできること(その4) 1.5 校種間連携でできること(その5) 1.6 異校種連携で行う授業研究の必要性 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/10 05:47
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 次に進んだときの学習をイメージ 2 生徒に考えさせる学習行動・授業規律2.1 指示を的確にこなす生徒〜それだけで良いのか? 2.2 生徒に考えさせる授業規律 3 興味関心・学ぶことへの自分の理由3.1 学ぶことへの自分の理由 3.2 興味関心と自ら学ぶ姿勢とのギャップ 4 学習成果を実感させるために4.0... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/17 07:40
どんな人材を育てようとしているのか
日々の教育活動の中で、常に意識を持ち続けるべきは、「どんな人材を育てようとしているのか」という問いだと思います。学校が教育目標として掲げ、入学してくる生徒たちに約束したことや、分掌、学年、教科という三つの立場での自分のミッションをどれだけ自覚できていることが、個々の場面でもブレのない指導を実現するのではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/12 05:39
対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開く
授業内に生徒が活動する場を作るのは、解くべき課題を与えることで発動させた思考を「対話を通じた知識や発想の交換」で拡張させることに加え、生徒の頭の中で何が起きているかを把握するための「観察の窓」を開くためです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/08/10 04:38
学習方策は課題解決を通して身につく
ある単元を学ばせるときに「不明を残さずに理解させる」ことだけを目的とするなら、先生一つひとつ丁寧に教えれば十分かもしれませんし、ある問いに正解を導くだけであれば、手順をきちんと伝えさえすれば当座の目的を達することはできます。しかしながら、これだけでは、学び方を学ばせたことにはならないでのはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/11 08:12
学ばせたことは、きちんと教科書に落とし込む
教室での学びをきちんと教科書に落とし込むことの重要性は方々でよく言われていることながら、実際の授業で着実に行うのは容易ではないようです。学ばせたことを教科書に落とし込むことを徹底すれば、学習内容を全体像の中においた体系的な理解が形成できる教科書を深く学べば受験にも対応できるとの安心感を得る教科書をきちんと読むことへの動機を持たせれられるといった様々な効果が期待できるはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/22 08:32
イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い
新しく見聞きしたことを理解するというのは、もともと持っている知識と、新しく入ってきた情報の接点が作られることを意味します。新たな情報が放り込まれたところの周辺に、既に蓄えられていた知識が待ち受けていないと、情報は接点を得ることなく素通りしていきます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/31 06:10
できることはどんどんやらせる〜生徒の邪魔をしない
授業中は集中して話を聞かせたい、家庭学習にきちんと取り組ませたいと思うのは、教える立場にあれば当たり前かもしれません。その思いからか、先生方がからのこんな発言を耳にすることがあります。例題と同じ問題を使って説明すると、生徒は「教科書に丁寧な説明があるからそれを読めばいいや」と話を聞かなくなる。だから、少しアレンジした問題を使うようにしています。調査をしてみたら家庭学習が短く、その対策として週末課題を与えたり、テスト前には対策プリントを配ったりしている。どの学校でもとは言いませんが、それほど... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/30 06:15
前年度の指導に起因する学習指導上の課題
あるクラスを担当していて、学習指導がうまく行かない場合、その原因が前年度までに生徒たちが受けていた授業に存在する場合があります。既習事項の習熟が不十分であれば、学び直しに時間がかかり本時の学びが十分に深められないこともありますし、固まっていない土台の上に新たな知識を積もうとしてもうまく行くとは思えません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/01/22 05:33
学び方における守破離
生徒から「説明はわかりやすい」「とても面倒見が良い」「訊けば何でも答えてくれる」と言われて悪い気はしませんが、"自ら学び続けられる生徒を育てる"という目的に照らすと、如上の評価を受けたときの心地よさに胡坐をかいてばかりはいられない気がします。もしかしたら、学習者としての自立にブレーキをかけているかもしれません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/02 05:49
科目の学び方や取り組み方の獲得
主体的に学んでいると言えるには、生徒本人が「学ぶことへの自分の理由」を持っていることに加え、自ら学び進められるだけの学習方策を獲得している必要があります。誰かに教えてもらわなければ勉強が進められない状態はどこかで脱したいもの。自ら学び続けられる生徒を育てることは、数ある指導目標の中でも最も重要なものの一つです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/05 06:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
自ら学び続けられる生徒を育てる 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる