難易度の調整、適正な負荷

1 難易度をどう考え、どのように調整するか

3.0 難易度をどう考え、どのように調整するか(序)
1.1 難易度をどう考え、どのように調整するか(その1)
1.2 難易度をどう考え、どのように調整するか(その2)

2 負荷の高め方

3.0 負荷の高め方(序) Updated!
2.1 難易度の感じ方を把握し、負荷耐性を見極める Updated!
2.2 負荷を高めるときになすべき配慮と工夫 Updated!
2.3 事前指導で獲得させる学習方策と失敗への耐性 Updated!

3 難易度の調整、適正な負荷に関するその他の記事

3.1 負荷調整は、得意/苦手の分布を見極めて
3.2 難易度の設定は負荷の感じ方を確かめながら
3.3 科目への意識姿勢~得意と答える生徒を増やす
3.4 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響
3.5 しっかり負荷をかけてこそ学びに十分な手応え
3.6 荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない
3.7 学ぶことへの自分の理由と負荷への耐性
3.8 活動性が苦手意識を抑制する機能とその限界
3.9 終盤まで伸び足を止めないために New!


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 授業改善への協働/難易度調整・適正負荷(更新)

    Excerpt: 当ブログのジャンル別インデックスを2つ更新しました。更新したインデックスとそれぞれに追加した記事は以下の通りです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-04-07 06:35
  • しっかり負荷をかけてこそ学びに十分な手応え

    Excerpt: 以前の記事でもお伝えした通り、授業内容や課題の難易度について生徒が「ちょうどよい」と答える水準に設定していては、生徒の学力を十分に伸ばすことはできません。少し難しいと感じるぐらいの負荷をかけてこそ伸び.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-09-07 07:02
  • 授業改善に向けた課題形成のための点検手順

    Excerpt: 授業評価アンケートから改善課題を特定するには正しい質問設計が必要ですが、これに加えて集計結果をどう読むかも大切です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-19 07:25