知識の活用、学びの仕上げ

1 課題解決を軸にした授業デザイン

1.1 教室でしかできない学びを充実~問いを軸に授業を設計 
1.2 考えるための道具(体系的知識)を揃えさせるときの手順
1.3 課題解決を伴わない知識獲得は…[検証編/考察編] Updated!
1.4 理解したことをもとに課題の解を考える機会
1.5 課題解決の場を整えたら、挑ませる前に理解の確認 Updated!
1.6 単元ごとに設定するターゲット設問
1.7 単元を跨いで作る、習ったことを使ってみる機会

2 知識に活きて働く場を与えることの効能

2.1 学習方策は課題解決を通して身につく 
2.2 答えを仕上げる中で学びは深まる
2.3 学びを深める、問いの立て方とその使い方 
2.4 最初の答えと作り直した答えの差分=学びの成果
2.5 知識活用の機会を整えて授業改善を加速
 ├ 習ったことを使ってみる機会
 ├ 目標理解と活用機会を整える授業デザイン
 └ 散布図中の位置で探る改善課題[活用機会×学習効果]
2.6 課題(教材)のシェアから始める組織的授業改善

3 学んだことの振り返りと学びの拡張

3.1 学ばせたことは、きちんと教科書に落とし込む
3.2 質問を引き出す~学びを深め、広げるために
 └ 質問を引き出す(続編)
3.3 授業を終えてからの学びの「仕上げ」と「拡張」 
 └ 「学びの拡張」まで考慮したカリキュラムの設計
3.4 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問
3.5 学びの成果をたな卸し
3.6 今日の授業でどんな気づきがあったか

4 学びの仕上げ~学習活動の成果を学びにつなげる

4.1 課題の仕上げは個人のタスクに(前・後編) 
4.2 協働学習を"集団としての調和"で終わらせない
4.3 やりきらせる責任~仕上げ切らないことを習慣化させない
4.4 生徒が解法を考える機会 Updated!
4.5 "正解を言って欲しい"と言う生徒
4.6 結論を出さずに終える授業
4.7 5分間アウトプットの費用対効果
4.8 ひとつの課題から複線的なハードルを作る
終了時の工夫で成果を高める(記事まとめ)

5 知識の活用、学びの仕上げに関するその他の記事

5.1 解いたことで成長ができる問題こそが"良問"
5.2 知識活用の機会を生徒が認識できないとき
5.3 クイズで導入、教科書への落とし込みで仕上げ New!
5.4 小テストをもっと効果的に(序)
5.5 授業内に行う小テスト
5.6 実技実習の授業に「振り返り」がもたらす効果


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 学びの成果をたな卸し

    Excerpt: はたから見ていても、入念に練られた授業できちんと学びの成果が出ているのは明らかなのに、生徒自身がその成果を実感できていないことがあります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-08-31 05:56