理解確認/学びの振り返り

1 理解度の確認~場面と方法

1.0 理解度の確認~場面と方法(序)
1.1 その1)理解度の確認はなんのために行うのか
1.2 その2)発問/問い掛けによる理解度の確認
1.3 その3)小テストによる理解度の確認
1.4 その4)提出された課題に目を通して行う確認
1.5 既習内容の確認は、問い掛けで 
1.6 板書を辿り直して、学びの振り返り(板書の技術 #4) 

2 振り返りのためのアウトプット

2.0 振り返りのためのアウトプット(序)
2.1 振り返りのためのアウトプット(その1)
2.2 振り返りのためのアウトプット(その2)

3 活動させて「観察の窓」 を開く

3.0 対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開く
3.1 対話で行う理解確認 
3.2 活動させるのは観察のため 
3.3 部分理解と全体把握
3.4 理解の確認を怠ると…
3.5 授業評価項目④ 理解度を絶えず把握すること

4 知識を活用する中で行う理解の確認 Updated!

4.1 ターゲット設問を分割~小さな問いで場面ごとの理解確認
4.2 理解を確認した後のフォローに不要な時間を取られない
4.3 課題解決の場を整えたら、挑ませる前に理解の確認
4.4 最初の答えと作り直した答えの差分=学びの成果
4.5 理解確認と活用機会はバランスを取って

5 仕上げの場面での理解確認

5.1 5分間アウトプットの費用対効果
5.2 書くことと振り返りが学力を伸ばす
5.3 学ばせたことは、きちんと教科書に落とし込む
5.4 目次を使って"全体像"を捉えさせる

6 学習者としての成長を促す活動評価と振り返り

6.0 学習者としての成長を促す活動評価と振り返り
6.1 ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのか
6.2 ルーブリック評価の作成と運用
6.3 評価規準は使いながらブラッシュアップ 
6.4 チェックリストを用いた目標提示と達成検証
6.5 振り返りを経てこそ次への課題形成 
6.6 リフレクションシートの記載を参考に観察精度を高める 
6.7 自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
6.8 探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか
6.9 評価スキルの獲得とメタ認知の向上

7 実技実習系の授業でも

7.1 実技実習の授業に「振り返り」がもたらす効果
7.2 振り返りを経てこそ次への課題形成
7.3 授業評価項目[実技系]⑤ 振り返りを通じた課題形成

8 理解確認/学びの振り返りに関するその他の記事

8.1 リフレクションシートの記載を参考に観察精度を高める
8.2 チェックリストを用いた目標提示と達成検証
8.3 今日の授業でどんな気づきがあったか
8.4 学びの成果をたな卸し



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 振り返りのためのアウトプット #INDEX

    Excerpt: インプットに不備や不足があっても、アウトプットの機会を持たなければそれに気づくことができません。しっかり教えて、きちんと覚えさせるというアプローチだけでは満たせないものがありそうです。読んだり、聞いた.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-17 06:08