問答・対話、発言、活動

1 問い掛けの多い授業が良い授業

1.0 問い掛けの多い授業が良い授業(序)
1.1 問い掛けの多い授業が良い授業(その1)
1.2 問い掛けの多い授業が良い授業(その2)
1.3 問い掛けの多い授業が良い授業(その3)
関連記事: プロセスに焦点を当てた問い

2 生徒を指名して発言させるとき

2.0 生徒を指名して発言させるとき(序)
2.1 生徒を指名して発言させるとき(その1)
2.2 生徒を指名して発言させるとき(その2)
2.3 生徒を指名して発言させるとき(その3)
2.4 わからないでいる生徒を指名しても…
2.5 発言がなかなか出ない/思考が膨らまないとき
2.6 発問で引き出した生徒の発言をどう扱うか

3 対話的な学びを通して何を目指すか

3.1 対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開く
3.2 自力で学ぶ力を育むのに重要な、最初に選ぶ”対話の相手”
3.3 協働学習を"集団としての調和"で終わらせない
3.4 対話によって学びはどこまで深まったか
3.5 学びの深さ~どれだけ問いを重ねたか New!
3.6 主体的・対話的な深い学び~どこまで実現したか #1
3.7 主体的・対話的な深い学び~どこまで実現したか #2
関連記事: 問答を通じて論理性を養う(全4編)

4 生徒を活動させることの意味を考える

4.0 生徒を活動させることの意味を考える(記事まとめ)
4.1 せっかくの授業内活動を活かすために(その1)
4.2 せっかくの授業内活動を活かすために(その2)
4.3 せっかくの授業内活動を活かすために(その3)

5 対話が思考を育み、深い学びを実現する

5.1 主体的・対話的で深い学びをデータから考える
5.2 教わって知ったことvs気づいてわかったこと
5.3 生徒の意見や所感をシェアする
5.4 生徒の答案をシェアして作る学び(相互啓発)
 cf. 提出物は丁寧に添削して返すのがベスト? 
5.5 生徒が立てた問いを起点に作り出す対話と学び
5.6 多様な意見と正しい理解(対話をどう収束させるか)
5.7 意図したことを正しく表現する方法を学ばせる
5.8 生徒が解法を考える機会(解に至る工程を自力で辿る)
対話が思考を育み、深い学びを実現する(まとめ)


6 問答・対話、発言、活動に関するその他の記事

6.1 質問をした生徒の意図をきちんと捉えているか
 cf. 質問や相談が上手にできない生徒
6.2 互恵意識で結ぶ学びのコミュニティ 
6.3 コミュニケーション・ツールとしてのICT 
 └ 学びを軸にICT活用を考える#3 「対話」の場面
6.4 授業内活動を通した達成感・充足感
6.5 積極的に活動させるツボ(全3編)
6.6 授業内活動のあれこれ(全4編)
6.7 活動を配列するときに考えるべきこと(全5編)
関連記事


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック