学ぶ理由/自立した学習者

1 学び続けられる生徒を育てる

1.1 自ら学び続けられる生徒を育てる
学習方策の獲得はどこまで進んでいるか
目的意識をもって学びに取り組んでいるか
生徒の興味・関心をどこまで育めたか
学びに向かう力/主体的な学習姿勢をどう評価するか
1.2 イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い
1.3 認知の網の広げ方~5教科7科目をきちんと学ぶ
1.4 学習方策は課題解決を通して身につく 
1.5 学習内容が同じでもアプローチによって学びの質は異なる
1.6 情報を集めて編む作業で知識獲得の方法を学ぶ、(後編
  cf. 情報の整理・構造化のやり方を板書で学ばせる New!
1.7 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 
1.8 積極的に学ぶ姿勢(記事まとめ) Updated!

リモート学習の可能性と十分な成果を得るための前提要件
休校期間中の自学自習をより確かなものにするために
休校が続いて、何をやればいいのかわからない?

2 学び方を身につけさせる

2.1 学び方そのものを学ばせる
2.2 教科書をきちんと読ませる 
2.3 生徒に問いを立てさせる 
2.4 学びにおけるインプット(input)とインテイク(intake) 
2.5 ノートを取らせて学習スキルを確かめる
2.6 生徒が自分で気づける機会を作る
2.7 次に進んだときの学習をイメージ 
2.8 次のステージに向かう準備は整っているか
2.9 学び方における守破離

3 どんな人材を育てようとしているのか

3.1 学校の教育力を伝える新たなモノサシ
3.2 目標を持った状態で巣立たせる
3.3 目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心
3.4 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場
3.5 どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか
3.6 "本校は何を目指すのか?"という問いへの答えを共有

4 生徒に考えさせる学習行動・授業規律

4.1 指示を的確にこなす生徒~それだけで良いのか?
4.2 "丁寧に教える"ことを取り違えていないか  Updated!
4.3 できることはどんどんやらせる~生徒の邪魔をしない
4.4 できない? やらない? やらせてない?
4.5 生徒に考えさせる授業規律
4.6 授業規律VS学ぶことへの自分の理由 Updated!

5 興味関心・学ぶことへの自分の理由

5.1 学ぶことへの自分の理由(前編)
5.2 学ぶことへの自分の理由(後編)
5.3 興味関心と自ら学ぶ姿勢とのギャップ
5.4 学んでいることの有用性に気づかせる

6 学習者としての成長を促す活動評価と振り返り

6.0 学習者としての成長を促す活動評価と振り返り
6.1 ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのか
6.2 ルーブリック評価の作成と運用
6.3 評価規準は使いながらブラッシュアップ
6.4 チェックリストを用いた目標提示と達成検証
6.5 振り返りを経てこそ次への課題形成
6.6 リフレクションシートの記載を参考に観察精度を高める
6.7 自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
6.8 探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか
6.9 言語化を通じて育む「振り返りのための相対化スキル」

7 学ぶ理由/自立した学習者に関するその他の記事

7.1 間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか
7.2 模試の結果を正しく振り返る(学習行動の改善) 
7.3 年末に行わせる「4月からの学びの振り返り」 
7.4 終盤まで伸び足を止めないために
7.5 卒業を前に改めて考える、大学に進んで学ぶ理由
7.6 大学に進んでから燃え尽きさせないために
7.7 勉強好きにさせる学ばせ方
7.8 "正解を言って欲しい"と言う生徒
7.9 質問に答えて不明を解消してあげる前にやるべきこと New!


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック