学ぶ理由/自立した学習者

1 学び続けられる生徒を育てる

1.0 自ら学び続けられる生徒を育てる
1.1 イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い
1.2 認知の網の広げ方~5教科7科目をきちんと学ぶ
1.3 記憶に格納する知識、外部参照する知識
1.4 学び方そのものを学ばせる Updated!
1.5 学び方における守破離
1.6 学習方策は課題解決を通して身につく
1.7 勉強好きにさせる学ばせ方
1.8 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場

2 どんな人材を育てようとしているのか

2.0 どんな人材を育てようとしているのか
2.1 どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか
2.2 "正解を言って欲しい"と言う生徒
2.3 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 
2.4 "本校は何を目指すのか?"という問いへの答えを共有

3 学び方を身につけさせる

3.1 次に進んだときの学習をイメージ  Updated!
3.2 次のステージに向かう準備は整っているか
3.3 教科書をきちんと読ませる
3.4 学びにおけるインプット(input)とインテイク(intake)
3.4 ノートを取らせて学習スキルを確かめる
3.5 生徒が自分で気づける機会を作る
3.6 目次を使って"全体像"を捉えさせる

4 生徒に考えさせる学習行動・授業規律

4.1 指示を的確にこなす生徒~それだけで良いのか?
4.2 "丁寧に教える"ことを取り違えていないか
4.3 できることはどんどんやらせる~生徒の邪魔をしない
4.4 できない? やらない? やらせてない?
4.5 生徒に考えさせる授業規律
4.6 授業規律VS学ぶことへの自分の理由

5 興味関心・学ぶことへの自分の理由

5.1 学ぶことへの自分の理由(前編) Updated!
5.2 学ぶことへの自分の理由(後編) Updated!
5.3 興味関心と自ら学ぶ姿勢とのギャップ
5.4 学んでいることの有用性に気づかせる
5.5 生徒の興味・関心をどこまで育めたか

6 学習者としての成長を促す活動評価と振り返り

6.0 学習者としての成長を促す活動評価と振り返り
6.1 ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのか
6.2 ルーブリック評価の作成と運用
6.3 評価規準は使いながらブラッシュアップ
6.4 チェックリストを用いた目標提示と達成検証
6.5 振り返りを経てこそ次への課題形成
6.6 リフレクションシートの記載を参考に観察精度を高める
6.7 自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
6.8 探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか
6.9 言語化を通じて育む「振り返りのための相対化スキル」 New!

7 学ぶ理由/自立した学習者に関するその他の記事

7.1 間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか
7.2 卒業を前に改めて考える、大学に進んで学ぶ理由
7.3 大学に進んでから燃え尽きさせないために



<大 学 編>

8 学修時間を伸ばすには

6.0 学修時間を延ばすには(序)
8.1 学修時間を延ばすには(その1)
8.2 学修時間を延ばすには(その2)
8.3 学修時間を延ばすには(その3)
8.4 学修時間を延ばすには(その4)



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 学ぶ理由/自立した学習者(まとめページ)

    Excerpt: ジャンル別インデックス「学ぶ理由/自立した学習者」 に新しいセクションを設け、記事へのリンクを追加しました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-13 09:11
  • 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響

    Excerpt: 教材や課題の難易度が上がると、その科目への苦手意識が高まることは容易に想像できますし、実際のデータでも確認できます。しかしながら、苦手意識の発生には様々な要因が絡み合っており、目標水準を引き上げたから.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-27 08:52
  • 高大接続改革に備えて"授業と予・復習のサイクル"の見直し

    Excerpt: 新しいことを学ぶ授業に備えて下調べをする予習と、習ったことをしっかり覚えるための復習という学習サイクルは、正確な理解と再生というニーズを満たすには十分だったかもしれませんが、高大接続改革で求められる".. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-24 06:22
  • 課題の仕上げは個人のタスクに(後編)

    Excerpt: 様々な授業内活動を通じて課題解決の糸口を得るとともに必要な材料を揃えたら、仕上げの段階は生徒一人ひとりの個人タスクに戻すべきというのが前編の趣旨です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-29 06:11
  • 授業改善に向けた課題形成のための点検手順

    Excerpt: 授業評価アンケートから改善課題を特定するには正しい質問設計が必要ですが、これに加えて集計結果をどう読むかも大切です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-19 07:25
  • どんな人材を育てようとしているのか

    Excerpt: 日々の教育活動の中で、常に意識を持ち続けるべきは、「どんな人材を育てようとしているのか」という問いだと思います。学校が教育目標として掲げ、入学してくる生徒たちに約束したことや、分掌、学年、教科という三.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-06-12 05:39
  • 学年・校種間の指導を繋ぐ

    Excerpt: 1 学年・校種の指導を正しく繋ぐ Updated!1.0 学年・校種の指導を正しく繋ぐ 1.1 同じ教材で同じように教えているのに… 1.2 前年度の指導に起因する学習指導上の課題 1.3 生.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-25 04:53