その他のテーマ(記事まとめ)

1 働き方改革~校務の見直しと再構造化

1.0 働き方改革~校務の見直しと再構造化(序)
1.1 業務の無駄を省く~現場レベルで可能なコストカット
1.2 先生方の多忙解消に~個々の教育活動の価値見直し
1.3 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)
1.4 学びの重なりを上手に利用したコンパクトな学校経営

2 新しい学力観について

2.1 PISAが測定する「読解力」 
2.2 ノート持ち込み可の定期考査がもたらすもの 
2.3 新しい道具は、思考法や行動様式も変える
2.4 〇〇的な(教科・科目に固有の)考え方、ものの見方
2.5 新しい学力観にそった授業と家庭学習の再設計

3 徒然に思うこと(雑感)

3.1 地域との協働は、学校の教育目的の達成のために
3.2 多国籍化する社会での共生と協働
3.3 行動を起こしてこそ、見えてくる景色がある
3.4 新課程の枠組みで考える「知情意」 New!
3.5 新しい学びの中で「覚える力」が持つ意義 New!
3.6 体験のたびに感じたことをしっかり考え、言語化&記録 New!

4 時期に応じた指導/スタートと仕上げ

4.1 ゼロ学期を迎えるに当たり~指導計画作りへの下準備
4.2 新年度を迎えるに当たり~まとめページ
  • 授業開き/オリエンテーション
  • ホームルームの年間実施計画
  • 受験学年のスタートに向けて
4.3 夏休みを迎える前に(まとめページ) New!
  • 考査の結果から自分の授業を振り返る
  • 4月の授業開きを思い出して
  • やりきらずに放置してきたことを仕上げさせる
4.4 2学期の指導をより実り多きものにするために Updated!
  • 夏休みの過ごさせ方を振り返って、来期の指導設計を
  • 自由研究/課題研究は狙い通りの成果を得たか?
4.5 年末に行わせる「4月からの学びの振り返り」

5 各地の教育現場をお訪ねして

5.1 授業クリニックの現場から(2014/07)
5.2 小中高合同研究授業をお訪ねして(2014/10)
5.3 21.5世紀探求型学習研究会(2014/11)
5.4 即興型英語ディベート大会(2014/12)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック