行事にじっくり向き合える、忙しすぎない学校生活

どの学校でも教育活動の拡充・整備が進んでいます。新課程への移行で総合的な探究の時間も本格的に始まりますし、進路指導やキャリア教育でも、生きる力に直結する「(21世紀型能力の)実践力」の獲得を図る場が多種多様に設けられるようになってきました。

その中で、生徒が3年間/6年間で経験する行事は、当然のごとくその数を増やし続け、一つひとつの行事にじっくりと向き合うことが難しくなってきているようにも感じます。進路関連の行事や成果発表会なども準備を整え、じっくり向き合い、きちんと振り返って成果を確かなものにしないことには、ただこなしているだけになりがちです。

2017/01/27 公開の記事をアップデートしました。

❏ 行事の連発で参加機会や向き合う余裕が失われる

進路行事などを見学しに各地の学校をお訪ねしてみると、同じ時間帯に複数の行事が並行して行われていることが時々あります。

進路希望の類型が異なる生徒に対して、それぞれのニーズに応じた行事や指導機会を用意し、合理的に参加者の振り分けができているのであれば何ら問題はありませんが、必ずしもそうとは限らないようです。

どちらか一方を選んで参加すると、自動的に他方には出られないという状況を作ってしまっては、必要な学びを必要な生徒に経験させることも実現できなくなります。

行事の動画をアップロードして後でも見られるという対策を講じているケースも見られますが、ワークショップなどの参加型イベントでは動画を観たところで参加したのと同じ成果は期待できませんし、質問をして疑問を解消し、理解を深めるのもなかなか難しいはず。

日時をずらして参加機会を確保したとしても、連日のように行事が続くのでは、レディネスを調えるための事前学習もできなければ、振り返って気づきを再構成して、次に向けた自分の課題を明確にしていくことも難しいはずです。

生徒一人一人が、じっくりと行事に向き合い、そこでの学びを深く確かなものにできるよう、行事の配列には細心の注意を払うべきです。


❏ 各組織がグランドデザインのもとでしっかり連携

課外学習にしても進路関連行事にしても、計画づくりと実行は分掌、学年、教科、PT(プロジェクトチーム)などの教員組織がそれぞれ進めるのが普通です。

各組織が知恵を出し、より良い教育を目指すこと自体は悪いことではありませんが、連携が不十分なまま個々に企画を進めた結果が「時間と場所と生徒の取り合い」になっては、如上の問題が拡大するばかりです。

学校には年間行事予定表がありますが、必ずしもすべての行事や指導機会などが書き込まれているとは限りませんし、行事を挟んだ前後の学びにどのくらいの時間と労力を投じることを想定しているかなどを予定表から読み取るのは困難です。

また、どのような属性(進路希望、成績層、課外活動の参加履歴など)の生徒をターゲットにした指導機会なのかもあいまいにされがちです。

少なくとも、カレンダーはすべての組織で共用したいもの。グループウエアなどを活用すれば、他の組織が計画している行事についても最新の情報を常に共有できるはずです。

カレンダーには行事の名称だけ書いても仕方ありません。行事の概略、参加者に期待する到達状態(指導目標)やターゲットとする生徒像、準備や振り返りに要する時間などへの言及も欲しいところです。


❏ どの行事を優先するかはグランドデザインに照らして

同じターゲットに対して企画しているものが、実施日時や準備期間が重なるようなら、組織間で協議して落としどころを見つけなければなりませんが、学校全体のグランドデザインに照らして必要性の高い方が折れてしまっては何にもなりません。

指導の全体像、育てるべき生徒像に照らして、どちらを優先すべきかしっかり見極める必要があります。

譲ることになった行事の取り扱いも、ただ単に「中止」にするだけでは済まないこともあるはずです。日程をずらすだけでは、別の行事とまたぶつかるかもしれません。必要度に応じた代替案を考えましょう。

動画を録っておき生徒の空き時間に視聴させるだけで済むなら、それも選択肢の一つです。計画していた指導から重要な要素だけ切り出して、コンパクトにまとめ直して別行事に組み込むという手もあります。


❏ ターゲットと目的を明確に、校内にもしっかり広報

日程がぶつかっていても、その行事を必要とする生徒が合理的に分けることができるなら、問題ありません。

生徒を分ける基準の一つは進路希望でしょうが、それだけではないはずです。過去の課題学習への参加歴やそこで見いだした関心や課題などもどの行事に参加すべきかを分ける材料の一つだと思います。

行事を企画する段階で、どのような生徒に参加させ、どんな気づきを携えて日常に戻ってもらうことを期待しているのか、担当組織内で十分に議論しておく必要があります。

そこでの議論の結果は、校内全体にしっかり伝え、個々の行事に対する理解と共感を形成しておくことも重要でしょう。自分の組織だけで指導を完結できるから、他の先生には「生徒への開催通知」を配ってもらうだけで良いというのは考え違いだと思います。

各組織が用意した学びの場を、生徒一人一人に最大限に活用させることに、すべての先生が立場を超えて協力すべきですし、その前提となるのは正しい情報と理解を持ってもらうことです。


❏ 参加意欲を高める働きかけは十分か

行事が成果を結ぶための絶対要件は、そこに生徒が参加することです。

どんな意欲的な行事を作ってみたところで、生徒は、行事の名称を目にしただけで、他の用事をやりくりして参加の時間を確保しようとは思ってくれないもの。参加しないことには、得るものはありません。

メニューを並べ、生徒に好きに選ばせるスタイルでは学びのバランスが崩れます。自主性に任せるというのは聞こえこそ良いものの、必要な学びを必要な生徒に体験させるという主旨から離れるばかりです。

部活の先輩から「行事より練習優先」を求められたり、自分にとってあまり重要でない行事なのに友達に誘われ、断って空気が悪くなるのを恐れて流されてしまったり、というのもよくある話でしょう。

参加すべき生徒を抽出する条件を明らかにするとともに、部活動や生徒会活動も含めたすべての課外活動の中で参加の優先順位をはっきりさせたうえで、すべての先生がそれを了解しておくことが大切です。

また、参加する生徒の側でも「参加への動機」を高めてもらう必要もあります。お説教を聞かせたり、必要性を訴えたりすることよりも、別稿で申し上げたように、「事前指導を通して認知の網を張らせ、問題意識を刺激しておく」ことが肝要です。



きちんと設計された教育機会に、できるだけ多くの生徒を参加させ、行事に臨むまでの準備をしっかり行わせることが、似たような指導を繰り返す無駄を減じることにもなりそうです。

忙しすぎない学校、学ぶ機会の一つひとつに生徒がじっくりと向き合える状態を作ることも、学校経営の大切な課題だと思います。これまでの行事配列をどこかで一度冷静に見直してみる必要もあるように感じます。ゼロ学期を前に、新年度に向けて検討を始める時期です。

■関連記事:


このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 年間行事予定の書きだし方#INDEX

    Excerpt: 2016-03-14 更新 向こう3か月、半年、1年、…と先を見渡し、どの時期に何が待っているかを予想しながら過ごす日々と、次々に訪れるイベントを準備を整えるわけでもなくただ経験していくだけの毎日。.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-02-23 08:33
  • 進路関連行事に向けた企画・準備・事前指導

    Excerpt: 3月に入り、本格的な春が近づくのを感じますが、同時に新学期も近づいてい来ています。学年末試験や卒業式が終われば、あっという間に春休み。年間行事予定やシラバスの起草、授業開きへの準備へと忙しい日々が続き.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-06 04:43
  • 進路意識形成を支える指導

    Excerpt: 1 興味を追いかけ、しなやかに選択を重ねる1.1 キャリアは選ぶものではなく重ねるもの 1.2 カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ 2 進路指導で育む“選択の力”2.1 進路指導で育.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-06 05:04
  • 進路指導計画の体系化とスリム化

    Excerpt: 進路指導計画に組み込まれた様々な行事は"体験の機会"と"選択の機会"の2つに大別できます。進路講演や大学訪問などが前者の代表、出願指導や履修科目選択が後者の代表です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-01-26 07:53
  • 学びの重なりを上手に利用したコンパクトな学校経営

    Excerpt: 学校は様々な教育活動の集合体として成り立っていますが、相補関係を考慮しないで個々の教育活動を設計すると、部分最適化は図られても、リソースの最適配分という視点が欠落することもあります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-07-10 07:48
  • 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル

    Excerpt: 学習指導と進路指導という二本柱をしっかり立てれば成立したのがこれまでの指導計画でしたが、次期学習指導で加わる探究活動を組み合わせるとなると、単純にもう一本の柱を立てれば済む話ではありません。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-12-10 07:40
  • 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り

    Excerpt: 年度替わりは、生徒が互いの頑張りを支え合う集団作りの大切な時期です。新入生はもとより、進級する生徒もそれぞれ何かしらの希望や決意を抱いて新学期を迎えます。特に最上級生となる生徒は自らの進路希望の実現に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-16 07:03
  • 進路意識の高揚を目的とした講演会の企画

    Excerpt: 進路意識へ高揚を図ることを目的に、生徒が目標としている大学に進んだ卒業生や、その大学の入試広報担当者を招いて講演会を実施することがありますが、せっかくの企画も単発のイベントに終わってしまい、継続的な効.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-31 07:17