学年・校種間の指導を繋ぐ

1 学年・校種間での学びの接続 

1.0 進級後の指導を見据えて(学年間での学びの接続)
1.1 同じ教材で同じように教えているのに…
1.2 前年度の指導に起因する学習指導上の課題 Updated!
1.3 生徒は何ができるか~指導計画立案の前に確認
1.4 生徒は学び方をどこまで身につけているか
1.5 教え方と学び方のマッチング
1.6 中高一貫校での中高/前後期接続
1.7 次に進んだときの学習をイメージ Updated!

2 年度替わりをスムーズ&戦略的に

2.1 入学時に思い描いた自分に照らして
2.2 受験学年のスタートに向けて(まとめ)

3 異校種間での指導を繋ぐときの視点

3.1 学び続けられる生徒を育てる
3.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で
3.3 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」
3.4 平成30年度全国学力・学習状況調査

 ご参考記事:
 ■ 学ぶ理由/自立した学習者
 ■ 総合的な探究の時間 (横断型・体験型から探究型への移行)

4 校種間連携で図る、授業改善と指導の最適設計

4.0 校種間連携で図る、授業改善と指導の最適設計(序)
4.1 隣の校種での授業を知るのは、学びの接続の大前提
4.2 授業公開と研究協議~指導に込めた意図の共有
4.3 異校種の生徒に教えてみることのメリット(出前授業)
4.4 下級学校の取り組みと成果を知る、参観以外の方法
4.5 教科学習指導以外でも実現したい校種間連携

 同じテーマで以前に起こした記事:
 ■異校種連携で行う授業研究の必要性
 ■校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義)

5 小中高合同研究授業をお訪ねして

5.1 小中高合同研究授業をお訪ねして(その1)
5.2 小中高合同研究授業をお訪ねして(その2)
5.3 小中高合同研究授業をお訪ねして(その3)
5.4 小中高合同研究授業をお訪ねして(その4)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」

    Excerpt: 中高一貫校では、6年間という長い指導期間を活かして探求型学習プログラムの整備が比較的進んでいます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-02-22 06:12
  • 新課程への取組を伝える学校広報

    Excerpt: 高大接続改革に最初に挑む学年を迎え入れ、新しい学力観に沿った学ばせ方への転換が図られていますが、その次に控えるのは、本丸である新学習指導要領への移行です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-05-17 05:22