カリキュラム・年間指導計画

1 シラバスの起草・更新に際して

1.0 シラバスの起草・更新に際して(序)
1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを
1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定
1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ
1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ
1.5 シラバスを熟読・活用させることの効果

2 新課程とカリキュラム・マネジメント New!

2.0 新課程に備え、改めて考えるカリキュラム・マネジメント
2.1 カリキュラムは{学習内容×能力資質}で設計する
2.2 カリキュラム・マネジメントの実行&検証フェイズ
2.3 カリキュラムを活かす、目的意識を持った科目履修
2.4 「学びの拡張」まで考慮したカリキュラムの設計
教室でしかできない学びを充実~問いを軸に授業を設計

3 次のステージを見据えた指導、校種・学年の接続

3.0 進級後の指導を見据えて(学年間での学びの接続)
3.1 同じ教材で同じように教えているのに…
3.2 前年度の指導に起因する学習指導上の課題
3.3 生徒は何ができるか~指導計画立案の前に確認
3.4 生徒は学び方をどこまで身につけているか
3.5 教え方と学び方のマッチング
3.6 中高一貫校での中高/前後期接続

4 新年度準備(ゼロ学期にやるべきこと)

4.0 新年度を迎える準備(記事まとめ)
4.1 ゼロ学期を迎えるに当たり~指導計画作りへの下準備
4.2 進学する生徒、最上級生となる生徒への指導
4.3 年度末に行うべき、模試・考査のやり直し
4.4 新年度の指導計画の仕上げ~今やっておきたいこと
4.5 新年度準備の最終確認
4.6 新年度に向けて、最終結果と照らした指導の成果検証
授業開き/オリエンテーション#INDEX

5 長期休業期間の過ごさせ方(指導計画と目指すもの)

5.1 補習・講習は、一つひとつの設置目的を明確に
5.2 補習・講習の目的再確認~どんな変化を期待するのか
5.3 夏休みの過ごさせ方を振り返って、来期の指導設計を

6 年間行事予定の書き出し方

6.0 年間行事予定の書きだし方(序)
6.1 年間行事予定の書きだし方(その1)
6.2 年間行事予定の書きだし方(その2)
6.3 年間行事予定の書きだし方(その3)
6.4 年間行事予定の書きだし方(その4)
6.5 年間行事予定の書きだし方(その5)

7 教育課程・指導計画に関するその他の記事

7.1 出題研究の成果を指導計画作りに活かす
7.2 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル
7.3 記憶に格納する知識、外部参照する知識
7.4 知識の獲得は個人の活動を通じて
7.5 教科学習指導における数値目標のあり方
7.6 到達目標は適正な水準にあるか(全2編)
7.7 英語4技能と大学入試対策(まとめページ)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 学ばせ方が変わる以上、考査問題も変わるべき

    Excerpt: 高大接続元年生(来年高校に入学する生徒のことです)を迎えるに当たり、新しい学力観に沿った教え方・学ばせ方への転換が図られます。当然ながら、年間授業計画も変わってきますし、教材の扱いもこれまでとは違った.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-13 07:45
  • 新年度を迎える準備(記事まとめ)

    Excerpt: 先日は当地でもなごり雪(というには少々風情にかける荒っぽさ…)が降りましたが、いよいよ3月も下旬です。当オフィスのブログでも新学期準備に関する記事を起こして参りましたが、未整理のままにした記事をジャン.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-23 05:47