これまでブログでご紹介/言及した書籍

当ブログの記事をお読みいただいた先生方や、講演などでご一緒した先生方から、「あのときの本、何でしたっけ?」 とのお尋ねがちらほらと届きます。話題になることが多いものを選んでみました。出版から少し時間がたったものもありますが、今でも本棚の一番見やすいところに並んでいます。


効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)
限りある教育リソースを最適に配分するにはきちんとした効果測定が欠かせません。ある指導を取りやめるには合理的な説明も必要ですし、新たな取組も理解者と協力者を増やすにはエビデンスが必要です。大抵の場合、検証に用いるデータは記録のどこかに存在します。検証の対象となる指導が狙ったものを示すデータを探しましょう。検証のために仕事を増やしては本末転倒。最小の負担で効果的な検証ができる方法を考えましょう。

「学力」の経済学
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-06-18
中室 牧子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「学力」の経済学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


(ご参考) 併せてお読みください!
統計学が最強の学問である
ダイヤモンド社
西内 啓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 統計学が最強の学問である の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




高大接続改革に向けて今できる準備
大学入試は、思考力や表現力に重きを置く方向にシフトしようとしています。予想される出題例を集め、積極的に授業の中での課題として利用することで、後手を踏まないようにしたいもの。答えが1つに決まらない問題では、減点法の採点基準は使えません。公開添削・自己添削を重ねることで、答案を客体化させるトレーニングも欠かせません。また、結論ではなく結論に至るプロセスを表現させることにも注力していきましょう。

2020年の大学入試問題
(講談社現代新書)

講談社
石川 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2020年の大学入試問題 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


(ご参考)思考力と表現力を養うには(まとめ記事)
過去5~6年の大学入試から、分析力、判断力、推測力などを試している問題を6教科分集めた一冊です。目次を見れば、「思考力問題」 と一括りにされているものが、どう分類できるかの参考になりますし、他教科での出題からは問題を起こすときのヒントも得られそうです。



『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで
新たな知を生成することはどんな場面でも必要です。
ノーベル賞を取るような大発見や世界を変えるようなイノベーションを指しているわけではありません。変化が加速する社会で、日々の生活や身近なコミュニティの中で次々に現れる課題にも、過去の成功体験(解き方)を当てはめるだけでは用をなさないのは自明です。
答えの導き方や新たな見方を作り出す方法を学んでいるかどうかが、個人やコミュニティの存続さえ左右するのではないでしょうか。TOKはそんな課題に応える学びを提供します。
でも、本格的に導入するとなるとコストは膨大…。エッセンスを学んで、教科学習指導の場に置き直していくという発想が大切です。

TOK(知の理論)を解読する
~教科を超えた知識の探究~

株式会社Z会
2016-03-10
Wendy Heydorn

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOK(知の理論)を解読する ~教科を超えた知識の探究~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(ご参考)
学びの技
(YOUNG ADULT ACADEMIC SERIES)

玉川大学出版部
後藤芳文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学びの技 (YOUNG ADULT ACADEMIC SERIES) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ゴールを決めて最短距離?
探求型学習を使った進路指導
カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ

その幸運は偶然ではないんです!
ダイヤモンド社
J.D.クランボルツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by その幸運は偶然ではないんです! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック