現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第一志望をあきらめさせない指導

<<   作成日時 : 2017/04/14 08:27   >>

トラックバック 2 / コメント 0

表現にはバリエーションがありますが、「第一志望をあきらめさせない」 「進路希望を堅持させる」 ことを指導目標に掲げているケースは少なくありません。

目標とした以上、どこまで達成できたか確認は行うべきですし、継承・共有すべき指導法の所在を特定するには、成果を定量的に捉える必要もあるはずです。


❏ 最後まであきらめずに挑んだ生徒はどのくらいいたか

最終的に合格できたかどうかは、大学入試が選抜試験という競争の場である以上、「あきらめずに頑張ったかどうか」 とは別の要素を含みます。

むしろ、第一志望として出願したか(=受験したか)どうかを指標とするのでも良いのではないかと思います。

挑まずに諦めた場合と、結果はどうあれ本気で挑んだ場合とでは、後に残るものも違うはずです。


❏ 最終的な第一志望を意識しはじめた時期

合否結果は別にして、生徒が最終的な第一志望として出願した大学・学部を、どの時期から進路の選択肢としてを意識していたか調べてみると、「第一志望をあきらめない指導」 がどのくらい機能していたのか測る指標が得られます。

昨年度のことですが、如上の調査をお手伝いした学校では、データの整理を行って以下のようなグラフを作成しました。

画像


❏ 指導のあり方で、頑張った期間が大きく異なる

同一学年でもクラス間でグラフの形は全く違いますし、学年間でも同様です。

第一志望を目指して生徒が頑張り続けた期間が長いクラスでどんな雰囲気づくりを行ったかなど、共有・抽出すべきノウハウの所在を探すのに役立ちました。

ちなみに、進路希望を作るまでの活動を確かめる でも書いた通り、進路希望を具体化していくには段階性がありますし、早すぎる選択は、将来を見渡す視野を狭めかねませんので、早ければ良いという単純な話でもありません。

どの時期に第一志望を設定させるかは、進路指導計画を立てるときに想定しておくべきだと思います。


❏ まずは、受験結果報告や志望校調査からデータを集める

調べ方(データの集め方)としては、受験結果報告を提出してもらうときに、各受験校の志望順位とあわせて、
  • 進路の選択肢として初めて意識した時期はいつか
  • 受験しようと具体的に意識した時期は何年の何月のことか
を書いてもらうのが直接的なやり方です。

生徒カルテが整っているのであれば、それまでの進路希望調査の結果を辿ることもできるかもしれません。

意識したのと表明した時期とではタイムラグが生じますし、進路希望調査の実施間隔が「最小目盛り」 ですから、それ以上の細かい把握はできませんが、それでも、ある程度までは状況の把握ができそうです。

模擬試験を受験するときに書いた志望校からもデータが取れるはずです。


❏ 志望校/希望進路の変遷を一覧にまとめてみる

さて、志望校(大学・学部)についてデータを集めたら、横軸に時期を、縦軸に志望順位で表組にまとめてしまいましょう。

画像

この生徒は、終盤になって第一志望をあきらめてしまったようですね。

また、国公立大への進学を夢見ていたのが、3年時の履修科目を選択する2年生11月で私大志望に切り替えていることもわかります。

なぜ、あきらめなければならなかったのか理由を明らかにできれば、その前にどんなことができたか/何をさせれば良かったかも考えられます。

ここで得られた知見を蓄積していくことが、次年度以降の指導を改善していく前提であると考えます。


❏ 技術的な工夫しだいでデータの加工は容易になる

如上のグラフや表を作るのは面倒にお感じになるかもしれませんが、様式さえ決めてしまえば、あとは技術的な工夫で自動化/省力化ができます。

例えば、最終的に第一志望として出願した大学が、初めてデータに現れた時期を探すのは、セルに条件付き書式を設定すれば簡単です。

エクセルに実装されている「色フィルター」機能を用いたり、countif関数やsubtotal関数を用いて、目標状態に到達した生徒の割合(目標到達率)も手間数をかけずに数値化できます。

また、詳しくは別の機会にしますが、この表さえできてしまえば、前出のグラフを作成するのも、ほぼ完全な自動化が可能です。



進路希望調査の結果や模試で書いた志望校をデータとして集めるところは手間もかかることなので、如上の取り組みを始めるときの最初のハードルです。

学校内では様々な調査をいろんな場面でやっていますが、集積されていなければデータとしての活用はできません。

分散していたデータを集約・整理するのは面倒だとは思いますが、仕組みを整えさえすれば、様々な用途にデータを使えるようになるはずです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
進路希望の具体化と実現へ
1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 2 早すぎる選択は視野と可能性を狭める2.0 進路を意識させるタイミング(序) 2.1 進路を意識させるタイミング(その1) 2.2 進路を意識させるタイミング(その2) 3 面談指導を成功させる3.0 面談指導を成功させる(序) 3.1 面談指導を成功させる(その1) 3.2 面談指導を成功させる(その2) 3.3 面談指導を成功... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/20 06:58
"進路希望の具体化と実現へ"を更新しました
ジャンル別インデックスの「進路希望の具体化と実現へ」 を更新し、以下の記事を追加しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/20 07:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
第一志望をあきらめさせない指導 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる