現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 勉強を好きにさせる学ばせ方

<<   作成日時 : 2017/04/24 08:04   >>

トラックバック 12 / コメント 0

先週半ば、東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所との共同研究(親子パネル調査)の結果速報がプレスリリースされました。方々で取り上げられましたので、ご覧になった方も多いと思います。

「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」 結果速報


❏ 勉強が嫌いでも好きに転じる可能性がある

勉強嫌いが小6から中2にかけて増えていく一方、嫌いから好きに変わった生徒も一定割合で存在することに、明るいものを感じました。下表は、上記プレスリリースから数字を拾い上げて作成したものです。

勉強が「嫌い」から「好き」に変わったこどもの割合
小6→中16.3%
中1→中27.7%
中2→中314.2%
中3→高110.6%
高1→高210.8%
高2→高314.4%


❏ 勉強を好きになったから正しい学習方略を獲得するのか?

プレスリリースの p.5 には[図7 勉強方法(学習方略)(中学生、2016 年、勉強の好き嫌いの変化別)] と題したグラフが掲載されています。

生徒の学習行動における方略を3つ挙げて、それぞれ「よくする」 「ときどきする」 のいずれかを選んだ割合を、勉強を嫌いなままの生徒と嫌いが好きに変わった生徒とで比較したものです。

勉強をする気になった生徒がどんな学習方略を獲得するのか、その傾向を示すデータですが、逆方向の因果関係を想定してみると、

 どのような学習方略を採らせることで、
 勉強嫌いの生徒を勉強好きに変化させ得るのか

を探ることもできそうです。

なお、数字が公表されていたのは中学生のものですが、「小学生、高校生も同様の傾向」とありました。


❏ できるようになってこそ、対象への興味が生まれる

手元には「学力の向上を実感したときに、その科目へのへの興味が生まれる」 ことを示唆する別のデータがあります。

如上のデータと併せることで、「どのような学習方略を採ると、対象となる科目への自己効力感を持ち、その科目が好きになるのか、可能性が探れるかも」 と考えて、あれこれデータをいじってみた結果は以下の通りです。


❏ クロス集計の表側と表頭を入れ替えてみると…

下図は、各々の学習方略の使用度合いを表側に、勉強が嫌いなままか好きになったかの意識変化を表頭において作成しなおしたクロス集計表に基づく、調整済み標準化残差表です。

画像

ローデータが入手できないため、プレスリリースにあったグラフから元のデータ推計したものですので、正確性に欠けることは承知の上で、数字から立てうる仮説を並べてみます。


❏ テストの間違い直しに自発的に取り組めれば

「テストで間違えた問題をやり直す」 という 【調整方略】 は、「よくする」 を選んだ生徒では、嫌いが好きになるか、嫌いなままかで有意な差を生じますが、「ときどきする」 では有意差はありません。

他の方略(モニタリング方略と社会的方略)が、「ときどき」 でも有意差を生じているのと対照的です。

テスト直しをしないのでは、いつまでたってもその科目を好きになれないとはいえ、宿題として課せられたときに仕方なく(=やらされ感をもって)取り組むレベルでは、着実な効果は期待できないのかもしれません。

取り組む中で、なんらかの達成感や効果を実感した生徒が、自発的に取り組みを習慣化できてこそ、意味のある取り組ませ方なのかもしれません。


❏ 振り返りを通じたメタ認知形成は場面を選ばない

「何がわかっていないか確かめながら勉強する」 という 【モニタリング方略】 は、ときどきするという生徒にも効果がありそうです。

振り返りが学力向上に効果があることは別の研究 でも明らかになっていますが、課題解決に取り組む中で、どこがわかっていないのか、何がわかれば行けるのかをメタレベルで認知できるようにさせる指導は、やればやっただけ効果があると考えてよさそうです。

ちなみに、教わったことを覚えて答案に再現できるかどうかを試しても、わかることは「覚えたかどうか」 であり、「理解できたか」 はわかりません。

 ■振り返りのためのアウトプット
インプットに不備や不足があっても、アウトプットの機会を持たなければそれに気づくことができません。しっかり教えて、きちんと覚えさせるだけでは満たせないものがあります。理解したことを言葉にさせることで、断片的な知識は統合されます。習ったときと違う形で問われることで、学んだことの意味を捉えなおすこともできます。知識の総体は同じでも、その中での組み合わせを変えることが、個々の知識が持つ意味が拡張されます。また、一度アウトプットしてみることで、足りないものに気づき、それを埋める学びのきっかけも得られます。


❏ 教え合いでヒントを得たら、自力で仕上げに挑ませる

「友達と勉強を教え合う」 という 【社会的方略】 は、「よくする」「ときどきする」のいずれでも、嫌いが好きになるか嫌いなままかに有意差がありますが、【モニタリング方略】 と比べると、標準化残価に現れた数字は控えめです。

確かめるデータもないので、推測に過ぎませんが、「自分で仕上げたい」 という気持ちを強く持つ生徒もいますし、周りに比べて遅れを感じている生徒の中には、「教え合う」 というより「教えてもらっている」 という認識になってしまうのかもしれません。

話し合いや助け合いの中で、躓きを解消するヒントを得るのはプラスになると考えるのは、データとも一致するため、問題なさそうですが、仕上げは個人のタスクに戻して、「自分が工夫してなんとかなった」 という実感を持たせることが必要ではないでしょうか。

「教えてもらって何とかなった」 と「自力で工夫してきちんと仕上げた」 とでは、学習者の内面に大きな違いがあるのではないでしょうか。

 ■課題の仕上げは個人のタスクに(前編) (後編)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
採点基準を自分の答案に適用するトレーング
前々回から引き続き、5月16日に発表された「大学入学者共通テスト(仮称)」のモデル問題についての考察です。出題内容とともに着目すべきであるのは採点方法です。また、2回にわたって実施されたモニター調査実施結果からも今後の指導のあり方について考えさせられることがあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/22 06:24
振り返りのためのアウトプット(その2)
生徒が自らのインプットに不備・不足があったことに気づくための機会として、アウトプットの場を用意することが必要です。もちろん、アウトプットが上首尾に運んで成功をおさめたら、それはそれで達成感にもなり、次へのモチベーションになりますが、大切なのはうまく行かなかったときに取る次の行動です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/15 05:39
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ New! 1.5 勉強好きにさせる学ばせ方 New! 2 学び方を身につけさせる2.1 次に進んだときの学習をイメージ 2.2 次のステージに向かう準備は整っているか 2.3 教科書をきちんと読ませる 2.4 ノートを取らせて学習スキルを確かめる 2.5 生徒が自分で気づける機会を... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/05 07:52
"学ぶ理由/自立した学習者"を更新しました
ジャンル別記事インデックス"学ぶ理由/自立した学習者" に、「勉強好きにさせる学ばせ方」、「 学ぶことへの自分の理由(再考)」、「学びの広さと深さ」、「目次を使って"全体像"を捉えさせる」 の記事4本を追加して、インデックスを更新しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/06 07:23
学び方そのものを学ばせる
教科学習指導の目標は、教科・科目に固有の知識や技能を身につけさせることが第一であるのは言うまでもありませんが、それを優先させるあまり、学び方を身につけさせたり、学ぶことへの自分の理由 を作らせたりすることが疎かになっていることはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/25 07:08
リフレクションシートの記載に照らし、生徒を観察
先日の記事「今日の授業でどんな気づきがあったか」 では、授業を終えるにあたり、その日の学びの成果を言語化してもらい、そこに書かれたことに照らし、指導主眼をどこまで授業に反映できたか探ることの必要について書きました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/28 08:01
自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
個人の練習やグループでの活動の成果を発表させるとき、生徒に自己評価や相互評価を行わせることで、取り組みのたな卸しもできますし、さらに良くなる/良くするための手掛かりも見つけられます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/11 06:18
前年度の指導に起因する学習指導上の課題
あるクラスを担当していて、学習指導がうまく行かない場合、その原因が前年度までに生徒たちが受けていた授業に存在する場合があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/10 07:24
目標理解と活用機会を整える授業デザイン
生徒が学習目標を正しく認識し、習ったことを課題解決に用いる機会が整えられていることで、生徒は学びの効果(=学力の向上や自分の成長)を実感し、これに十分な活動性が加われば学習効果がより確実になるのは別稿「活動性と学びの成果を繋ぐ鍵〜課題を通じた目標理解」でデータを用いてお示しした通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/02 08:53
課題の仕上げは個人のタスクに(前編)
様々なアクティビティを授業内に配列し、学んだことを活用する機会を整える中で、教える側が忘れてならないのは、「仕上げは個人に戻して行わせること」です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/28 08:24
課題の仕上げは個人のタスクに(後編)
様々な授業内活動を通じて課題解決の糸口を得るとともに必要な材料を揃えたら、仕上げの段階は生徒一人ひとりの個人タスクに戻すべきというのが前編の趣旨です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 06:11
評価スキルの獲得とメタ認知の向上
高校教育でも高大接続でも、当然ながらその先の大学教育や社会生活でも、思考力・判断力・表現力が今後ますます重視されていくことには間違いなさそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/19 06:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
勉強を好きにさせる学ばせ方 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる