現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 評価規準は使いながらブラッシュアップ

<<   作成日時 : 2017/04/05 05:57   >>

トラックバック 16 / コメント 0

昨日の記事では、必要な事柄をきちんと記述したシラバスであれば、学習者に熟読させることで到達目標が達成しやすくなるというデータを示しました。

同じことは、英語のCAN-DO List や活動評価のための基準表、あるいは記述問題の採点ルーブリックについても言えます。


❏ 目標の共有、課題形成、メタ認知

評価規準は、目指すべき到達状態を記述したものですから、それを明示することは生徒との間で目標を共有するのと同義です。

また、目標に照らした振り返りをさせることで、学習者は次に向けた課題形成を行うこともできれば、それを繰り返すうちに学習におけるメタ認知も高まります。

目標に到達したかどうか検証するには、目標そのものを具体的、且つ生徒を主語にしたセンテンスで記述したものに、生徒自身が頻繁に触れる必要があるのは当然です。


❏ あくまでも使いながらのブラッシュアップ

CAN-DO Listにしても、ルーブリックにしても、作ることは目的ではありません。使ってこそ有効なツールになり、改善も進みます。

学習者がいる場面で使いながらでなければ、記述のブラッシュアップも、項目の出し入れもできませんよね。

ある時点で規準を満たした生徒について、継続的に観察を行い、満たせなかった生徒との間でパフォーマンスに差が生じるかどうかも見極めなければ、規準の妥当性も判断できません。

先生方の間でも、ひとつの評価項目について、同じ生徒の同じ場面を見ながら、互いにどのような評価を与えているかを突き合わせないと、規準の適用の平準化もできないはずです。

まずは、「現時点で考え得る最善」というところまで来たら、試行を兼ねて実際に使ってみるというのが正解です。


❏ 行動評価を実際に行うときの七か条

ちょっと大げさなサブタイトルになりましたが、目指すべき到達状態を記述した、シラバス、CAN-DO List、ルーブリックなどの「評価規準」 を活用するときの基本的な考え方をまとめてみました。

  1. ルーブリックは、実際に使う中で改善を重ねるもの

    たとえ暫定版であっても、形ができたら、実際に教室で使いながら改善していくようにしましょう。

    評価規準の文言を頭に浮かべて生徒を見ていると、生徒の行動の中に「好ましい学習者行動をもっと良く表現する文言」に思い当たることがあります。

    完成度が高まるまで使わないという判断では、そうした気づきも期待できず、いつまで経っても完成に向かえません。


  2. 評価のためには観察機会を作る必要がある

    生徒に何かをさせないと、観察の窓が開けないのは以前の記事でもお伝えした通りです。

    行動評価を行う機会を作るためには、授業自体の進め方・スタイルを変えていく必要もあります。

    主体的・対話的で深い学びがどこまで実現したかも、行動評価の結果と照らして見ないことには検証ができません。

    授業の改善と評価方法の改善は一体不可分とお考え下さい。


  3. 評価結果とテスト成績を突き合わせて妥当性を確かめる

    ルーブリックは生徒を「好ましい学習者」 に近づけるためのものです。学習者としての成長があれば、自ずと成績も伸びます。

    ルーブリックを用いた行動評価の結果と、模試や外部検定などの結果を照らし合わせる機会を持ちましょう。

    行動評価の高得点者が(中長期視点で)きちんと成績を伸ばしていなければ、規準そのもの妥当性を疑ってみるべきです。

    逆に、テストの結果だけを見ても、学習者としての成長・自立とは何かという問いにいつまでも答えられませんよね。


  4. 生徒が自己評価できることを目指し、規準への言及を繰り返す

    ルーブリックを記述する言語には、生徒にとって難解なものも含まれがちです。

    幾度も言及し、説明を繰り返して、生徒がそれらを自分の行動に照らして理解できるようにすることが、学習活動におけるメタ認知を高めることに繋がります。

    ルーブリックに照らした自己評価や振り返りを頻繁に行いつつ、先生が考える「充足状態」と生徒が考えているそれとのギャップを解消することが大切です。


  5. リフレクションシートと併用し、自己認識と他者認識のずれを解消

    先生側の観察だけでは、50分の授業時間内で40人を評価するのは無理です。生徒自身による評価結果をリフレクションシートで収集しておき、教員の観察を補う資料として活用しましょう。

    特に、その単元の指導で重点的に評価すべき事柄ならば、ルーブリックから文言を抜粋してミニアンケートを取るのも有用です。

    生徒による自己評価と教員による他者評価が大きくずれると生徒のフラストレーションやストレスの原因にもなります。かい離があれば、対話を重ねて解消を図りましょう。


  6. 単元や回次によっては、評価を行わない項目があっても良い

    全ての項目を、すべての単元・授業で評価しようと無理をしないことが大切です。

    一定期間をかけて一巡させれば十分。適切な観察機会が作れない状態で無理に評価しても負荷ばかり大きくなり、実効に欠けます。

    但し、可能なときは着実に行うべきです。学期ごとくらいに、生徒一人×観点一つで幾度の評価ができたか、確認しましょう。

    極端に少ない場合、授業スタイルに改めるべき点があるはずです。


  7. 指導の成果が現れたら、エビデンスを添えて実践を周囲に伝える

    取組に理解と共感を集め、協力者を増やしていくには、取組の成果を伝えることが何より大切です。

    生徒の中にみられた行動変化、集団の質的変化などを、記憶ではなく記録に残すにも、ルーブリックを用いた評価は有効な手立てになります。

    観点ごとに段階評価の分布は数字として扱えるデータですので、変化があれば統計的な検定を行うこともできます。感覚や主観に頼っていては、議論も空回りするばかりではないでしょうか。


■ご参考記事
このシリーズのインデックスに戻る

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カリキュラム・年間指導計画
1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 2 教科学習指導における数値目標のあり方2.0 教科学習指導における数値目標のあり方(序) 2.1 教科学習指導における数値目標のあり方(その1) 2.2 教科学習指導にお... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/30 08:20
高大接続改革で注目される「探究活動」と「行動評価」
先週16日に検討・準備体制などが発表された「大学入学共通テスト(仮称)」 では、英語の外部検定利用や国語と数学の記述式問題などが話題になっていますが、「第1回、第2回モニター調査実施結果の概要について」 や文科省HPで公開された「高大接続改革の進捗状況について」 なども注目箇所があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/23 06:21
授業評価項目D ゴールを明示することの意味
学習を通じて到達すべき状態をあらかじめ明示しておくことは、一つひとつの説明や指示の意味合いを目標に照らして生徒が理解できるようにすることで、授業のわかりやすさを大きく高めます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/19 06:22
自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
個人の練習やグループでの活動の成果を発表させるとき、生徒に自己評価や相互評価を行わせることで、取り組みのたな卸しもできますし、さらに良くなる/良くするための手掛かりも見つけられます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/11 06:18
導入フェイズの目的と方法
授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/27 05:25
課題の仕上げは個人のタスクに(後編)
様々な授業内活動を通じて課題解決の糸口を得るとともに必要な材料を揃えたら、仕上げの段階は生徒一人ひとりの個人タスクに戻すべきというのが前編の趣旨です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 06:11
論述問題対策の前段階〜要約の練習(後編)
答えが一つに決まらない問題や、多量の文章や資料を読ませてそこで理解したことを元に思考させ、その結果を論述させる問題が増えてくるとなると、その前段階である要約の力はしっかり養っておきたいところ。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/16 07:54
評価スキルの獲得とメタ認知の向上
高校教育でも高大接続でも、当然ながらその先の大学教育や社会生活でも、思考力・判断力・表現力が今後ますます重視されていくことには間違いなさそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/19 06:14
主体的・対話的な深い学び〜どこまで実現したか #2
新しい学力観に沿った学ばせ方への転換を図る中で「主体的・対話的で深い学び」がどこまで実現できたか測定することは、これまでの授業改善に向けた行動の妥当性を検証し、効果を挙げてきた優良実践を抽出するために欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/20 07:25
学習者としての成長を促す、評価と振り返り 7/11
生徒は各教科を学ぶ中で、教科固有の知識や理解を蓄えているわけではありません。学びへの姿勢や物事の学び方、課題を解決するための思考手順、協働場面でのふるまい方など、様々なものを身につけています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/11 06:12
チェックリストを用いた目標提示と達成検証
学習目標を示すときに最も効果的なのは、「学びを終えて解を導くべき問い」を導入フェイズで示してしまうことですが、練習場面や話し合いなどの活動では、「問いを解く」こと以外にも目標があるので、その伝え方を別の形で考えなければなりません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/17 05:42
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ 1.5 勉強好きにさせる学ばせ方 1.6 学び方そのものを学ばせる 1.7 "丁寧に教える"ことを取り違えていないか 2 どんな人材を育てようとしているのか2.0 どんな人材を育てようとしているのか 2.1 どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか 2.2 "正解を言って欲しい... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/23 06:08
理解確認/学びの振り返り
1 理解度の確認〜場面と方法1.0 理解度の確認〜場面と方法(序) 1.1 理解度の確認〜場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認〜場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認〜場面と方法(その3) 1.4 理解度の確認〜場面と方法(その4) 1.5 既習内容の確認は、問い掛けで 2 振り返りのためのアウトプット2.0 振り返りのためのアウトプット(序) 2.1 振り返りのためのアウトプット(その1) 2.2 振り返りのためのアウトプット(その2) 3 活動させて「... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/23 06:15
新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)
高大接続改革や次期学習指導要領に向けて、教科学習や探究活動における指導法の改善は各地での試行と工夫で進んできたようです。先月から集中的に授業公開や成果発表を回ってみましたが、様々な新しい取り組みに心躍ります。しかしながら、新しい学びに応じた評価方法はというと指導法の改善ほどは議論も行動も進んでいないのかもしれません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/14 04:54
選定理由の言語化を〜探究活動の成果発表会
探究活動や課題研究には代表者による成果発表がつきものですが、代表者や発表作品を選定した理由はきちんと言語化してレジュメや作品に添えて表示したいものです。発表や作品に触れた生徒に「なぜ選定されたのか」を知らしめることは、探究活動の目指すべきあり方を示すことに外ならず、それ自体が生徒に対するとても重要な指導だと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/18 07:11
シラバスを熟読・活用させることの効果
大学での授業評価アンケートの集計結果を分析したところ、「シラバスを熟読している学生ほど、科目の到達目標を達成できる見込みが高まると同時に、学習したことへの興味が膨らみ、発展的な内容を学ぶことへの意欲が向上する」という傾向が見て取れました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/26 07:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
評価規準は使いながらブラッシュアップ 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる