現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 学ぶことへの自分の理由(再考)

<<   作成日時 : 2017/05/25 08:00   >>

トラックバック 13 / コメント 0

「学ぶことへの自分の理由」 という表現を、当ブログのあちこちで使ってきました。"自分"の反対は"他人"です。他人の理由で学ばされる状態と、自分から進んで「知りたい」「わかりたい」「できるようになりたい」 と思える状態とを対比してみると、授業/学びの場をどう作るかヒントが持てそうです。

「他人事の学び」 では生徒も身が入らないでしょうし、高大接続改革でクローズアップされている「主体的に学ぶ姿勢」 を育むには、「学ぶことへの自分の理由」をどうやって作り出すかがポイントです。


❏ 自分の中に芽生えた疑問、答えを導きたい問い

「この学問領域を極めたい!」 といった大きなものの前に、疑問が生じてそれを解消したいと感じたり、眼前の問いに答えを導きたいと感じたりすることが、最も原初的な「学ぶことへの自分の理由」ではないでしょうか。

何も問いを与えずに、体系立ててわかりやすく説明を重ねるだけでは、生徒の中に「解消したい疑問」 は生じません。

これから学ぶことを使って解くべき問いを示し、その場で考えさせ、仮の答えを作らせることが、効果的な導入になるのはこのためです。


 ■ 目標理解と活用機会を整える授業デザイン
 ■ 課題解決学習における導入の工夫

「なんだろう、どうしてだろう、どうなるんだろう」 と感じてこそ、そのあとの説明にも耳を傾けようとしますし、自分で調べようとする姿勢も生まれます。

この状態まで持っていければ、眠くなることも、余計なことをすることも減るのではないでしょうか。

居眠りや内職、手いたずらを見つけるたびに注意するより、如上の観点で授業デザインを工夫して、その日の学習に明確な目標を持たせることを優先させたいものです。

ちなみに、居眠りする生徒や集中しない生徒が出てきたら、ペアでの活動をさせたり、フォーメーションを変えたりするのが効果的です。「集中しなさい」 と注意しても「他人の理由」 を押し付けているだけです。


❏ 疑問の解消、課題の解決を重ねた先に生まれる進路希望

自分の中に生まれた疑問を解消できた、目の前の問いに会心の答えを導くことができた、という快体験を積み重ねていけば、やがてはその科目への興味や自己効力感に転じていきます。

そうした興味が一定程度積みあがってきたら、教科書からちょっと飛び出して、調べ学習、課題研究、探究活動と展開していくチャンスです。

実際に調べてみれば、思いもよらぬ新しい興味にも出会うはず。

それがやがては、「大学で学んでみたいこと」 にも繋がり、進路希望が具体的な形と内容を伴うようになります。

 ■ 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場


❏ 自分の理由を持たせないと、手放すこともできない

自分の理由がない学びは、誰かに与えられたものをこなす勉強です。

先生からの指示など、「やらなければならない理由」 がなくなった途端に、学びを続ける理由はなくなります。

この状態で、勉強させるには、いつまでたっても指示を出し続け、履行を管理していかなければなりません。

卒業させるまでは、手をかけ続けることはできるでしょうが、そのあと困るのは生徒自身ではないでしょうか。

最初はしっかりガイドして、少しずつ手を放していく(ただし、目は離さない) という「守破離」 が大事だと思います。

 ■ 学び方における守破離
 ■ 学習方策は課題解決を通して身につく


❏ 理解させるだけでなく、自力で読んで理解する力も養う

いざ何かを調べようとしたとき、文献に当たり自分で読んで理解できるようにしておかないと、生徒はここではじき返されます。

消されない疑問が積み上がると、そこには近寄りたくなくなりますよね。これでは逆効果です。

小さな疑問や問いが生じるたびに、その都度自力で解決に挑ませ、成功体験を積み重ねさせたいところです。

最初の一歩は、「教科書をきちんと読ませる」 ことだと思います。

プリントを使って効率よく進めるのも大事でしょうが、2020年以降は、説明や資料を生徒が自力で読んで理解し、そこで理解したことを使って考えることがますます重要になります。

また、高大接続改革でますます重要になる探究型学習を成果あるものにする土台は、教科固有の知識技能を学ぶ工程で身につける汎用スキルではないでしょうか。

「きちんと教えて理解させる」 ことは大前提ではありますが、その先も見越した学習活動の設計を、普段の授業から意識していく必要があると考えます。

 ■教科固有の知識・技能を学ぶ中で


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
"探究活動、課題研究"を更新しました
「探求活動の目的から考えるテーマ選び」 と「評価と相互啓発(探究型学習における指導)」 の2アイテムを追加し、記事インデックス「探究活動、課題研究」 を更新しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/29 05:46
黒板を写すと活動が低下?
「板書を増やすと、生徒は写することばかりに気を取られ、学びの姿勢が受け身になる」―― 昔からよく言われることであり、納得できる部分もなくはありませんが、板書が多いこと自体が思考を妨げる、というのは短絡的に過ぎるのではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/09 05:57
授業評価項目D ゴールを明示することの意味
学習を通じて到達すべき状態をあらかじめ明示しておくことは、一つひとつの説明や指示の意味合いを目標に照らして生徒が理解できるようにすることで、授業のわかりやすさを大きく高めます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/19 06:22
授業評価項目F 学力向上感が、挑む意欲を引き出す
日々の授業を通じて達成感を得たり自分の進歩を実感できたりすることは、次の学習に向けたモチベーションの原資にほかなりません。自分で工夫して達成した中には自信(自己肯定感)も生まれ、積極性も引き出します。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/27 07:36
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ New! 2 学び方を身につけさせる2.1 次に進んだときの学習をイメージ 2.2 次のステージに向かう準備は整っているか2.3 教科書をきちんと読ませる 2.4 ノートを取らせて学習スキルを確かめる 2.5 生徒が自分で気づける機会を作る 2.6 目次を使って"全体像"を捉えさせる ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/05 07:44
"学ぶ理由/自立した学習者"を更新しました
ジャンル別記事インデックス"学ぶ理由/自立した学習者" に、「勉強好きにさせる学ばせ方」、「 学ぶことへの自分の理由(再考)」、「学びの広さと深さ」、「目次を使って"全体像"を捉えさせる」 の記事4本を追加して、インデックスを更新しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/06 07:23
"分業で行う出題研究のフィルタリング"更新中 7/19
生徒は、解くべき課題を通じて学習目標を認識します。教科書を丁寧に教え、そこに書かれている事柄を一つひとつ理解させていくというだけのアプローチでは、学ぶことへの自分の理由や、自分なりの目的意識をもった授業参加を促すことは難しそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/19 08:00
分業で行う出題研究のフィルタリング
授業内外に用いる課題に、生徒が志望する大学の入試出題から引いた問題を用いることで、様々な効果が得られます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/20 06:04
学び方そのものを学ばせる
教科学習指導の目標は、教科・科目に固有の知識や技能を身につけさせることが第一であるのは言うまでもありませんが、それを優先させるあまり、学び方を身につけさせたり、学ぶことへの自分の理由 を作らせたりすることが疎かになっていることはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/25 07:08
導入フェイズの目的と方法
授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/27 05:25
目標理解と活用機会を整える授業デザイン
生徒が学習目標を正しく認識し、習ったことを課題解決に用いる機会が整えられていることで、生徒は学びの効果(=学力の向上や自分の成長)を実感し、これに十分な活動性が加われば学習効果がより確実になるのは別稿「活動性と学びの成果を繋ぐ鍵〜課題を通じた目標理解」でデータを用いてお示しした通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/02 08:53
問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ)
教科学習指導の目標の一つは課題解決力の養成です。その土台を作るために授業を設計し、必要な知識を与え、理解を形成しようとしています。しかしながら、生徒側での課題認識、問題意識が希薄であったとしたら、どれほど熱く教えても、「打てども響かず」「吹けども踊らず」ということになりかねません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/06 13:47
学ぶことへの自分の理由と負荷への耐性
教材や課題の難易度には、学力の伸びを最大化する"適正範囲"がありますが、生徒自身が"その科目を学ぶことへの自分の理由"を持っているかどうかで、適正範囲そのものが変化します。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/01/25 07:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
学ぶことへの自分の理由(再考) 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる