学ぶことへの自分の理由(後編)

当ブログでは「学ぶことへの自分の理由」という表現をあちこちで使っていますが、「自分」の反対は言うまでもなく「他人」です。「他人の理由」で学ばされる状態、すなわち「他人事の学び」では身も入らないのではないでしょうか。「知りたい」「わかりたい」「できるようになりたい」と思えるものを見つけるかどうかで、取り組み方にも結果にも大きな違いが生じるのは容易に想像できるところです。

新課程への移行でクローズアップされている「主体的に学ぶ姿勢」を育むにも、「学ぶことへの自分の理由をどうやって作り出すか」はすべての教室で避けて通れない問題だと思います。

2017/05/25 公開の記事を再アップデートしました。
(前回更新:2019/09/10)

❏ 自分の中に芽生えた疑問、答えを導きたい問い

何かの問いを目の前にして、知らないことの存在に気づき、その不明を解消したい/もっと深く知りたいという欲求を抱くことが最も原初的で誰もが見出し得る「学ぶことへの自分の理由」ではないでしょうか。

隠されているものは覗きたくなるのは人の常(?)。問いを投げかけ、隠されているもの(=まだ知らないこと)の存在を意識させることが、生徒を学びに向かわせます。

何も問いを与えず/生徒に問いを立てさせることもなしに、体系立ててわかりやすく説明を重ねるだけでは、生徒の中に「解消したい疑問」は生じません。

これから学ぶことを使って解くべき問いを示して、その場で答えを考えさせてみることが、効果的な導入になるのはこのためです。「なんだろう、どうしてだろう、どうなるんだろう」と感じてこそ、その後の説明にも耳を傾けようとしますし、自分で調べる姿勢も生まれます。

 ■ 目標理解と活用機会を整える授業デザイン
 ■ 学習目標は解くべき課題で示す


❏ 疑問の解消、課題の解決を重ねて生まれる進路希望

自分の中に生まれた疑問を解消できた、目の前の問いに会心の答えを導くことができた、という快体験を積み重ねていけば、やがてはその科目への興味や自己効力感に転じていきます。

そうした興味が一定程度積みあがってきたら、教科書からちょっと飛び出して、調べ学習、課題研究、探究活動と展開していくチャンスです。

興味に任せてあれこれ調べてみれば、そこには思いもよらぬ新しい興味とも出会うはずです。こうした「偶然との出会い」を重ねる中で、やがては、「大学で学んでみたいこと」の発見にも繋がり、進路希望が具体的な形と内容を伴うようになります。

 ■ 教室の中で「興味が生まれる瞬間」を体験させる
 ■ 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問
 ■ 「学びの拡張」まで考慮したカリキュラムの設計

拙稿「カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ」で申し上げた通り、頑張らせるために目標を作らせるという戦略は「目標が決まらない限り、頑張りは引き出せない」という矛盾を内包するだけでなく、避けさせたい「とりあえずの選択」を助長するリスクも招きます。


❏ 自分の理由を持たせないと、手放すこともできない

自分の理由を持たない学びは、誰かに与えられたものをこなす勉強ですから、先生からの指示など、「やらなければならない理由」がなくなった途端に、学びを続ける理由はなくなります。

この状態で勉強させるには、いつまでたっても指示を出し続け、履行を管理していかなければなりません。

卒業させるまでは、手をかけ続けることはできるでしょうが、その後で困ることになるのは生徒自身ではないでしょうか。

自ら学び続けられる生徒を育てるためにも、最初はしっかりガイドを行い、少しずつ手を放していく(ただし、目は離さない)という「学び方における守破離」を教える側がしっかり意識することが大事です。


❏ 学ぶ理由を持ったときに学びに取り掛かれる準備も

自らの進路探究に踏み込む入り口になり得る興味を見つけ、いざ何かを調べようとしたとき、文献に当たり自分で読んで理解できるようにしておかないと、生徒はここではじき返されます。

せっかく「学ぶことへの自分の理由」を見つけたのに、それを満たす方策を身につけていないのでは、不明を解消したい/興味を掘り下げたいという欲求は満たされることがありません。

欲求は満たしてこそ大きくなるもの(「持てば持つほど欲しくなる」のは世の常?)です。満たされなければ膨らむこともなく、やがて意識の中から消えて行きます。むしろフラストレーションの種にもなります。

疑問を持ってもそれを解明するだけの方策を獲得させておくことは、生徒が「学ぶことへの自分の理由」を見つけたときに、それを膨らませていけるようにすることにほかなりません。

教室でできる最小限の備えは、日頃から「教科書をきちんと読ませる」ことと、「参照型教材を徹底して使い倒す」習慣を持たせることの2つだと思います。

プリントを使って効率よく説明を理解させるだけでは、必要な情報をピックアップして編む工程を先生が肩代わりしてしまうことになります。テクストやデータを生徒が自力で読んで理解する力、不明を解消する方法と姿勢を獲得する機会を生徒から奪わないようにしたいものです。

教科固有の知識・技能を学ぶ中で獲得する様々な能力やスキルというものもあります。学び方の獲得も重要な目標であることを大前提として、授業をデザインしていきたいものです。

 ■ 学習方策は課題解決を通して身につく
 ■ 全教科でコミットすべき能力・資質の涵養


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 学ぶ理由/自立した学習者

    Excerpt: 1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ N.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-07-05 07:44
  • 導入フェイズの目的と方法

    Excerpt: 授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-09-27 05:25
  • 問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ)

    Excerpt: 教科学習指導の目標の一つは課題解決力の養成です。その土台を作るために授業を設計し、必要な知識を与え、理解を形成しようとしています。しかしながら、生徒側での課題認識、問題意識が希薄であったとしたら、どれ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-06 13:47
  • 学ぶことへの自分の理由と負荷への耐性

    Excerpt: 教材や課題の難易度には、学力の伸びを最大化する"適正範囲"がありますが、生徒自身が"その科目を学ぶことへの自分の理由"を持っているかどうかで、適正範囲そのものが変化します。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-01-25 07:59
  • 自ら学び続けられる生徒を育てる

    Excerpt: 学校を卒業した後、自ら学び続けていける生徒を育てることは、すべての学校のミッションであり、教科固有の知識・技能をきちんと身につけさせることと同等以上に大切なことではないでしょうか。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-08-09 05:38
  • 学習方策は課題解決を通して身につく

    Excerpt: ある単元を学ばせるときに「不明を残さずに理解させる」ことだけを目的とするなら、先生一つひとつ丁寧に教えれば十分かもしれませんし、ある問いに正解を導くだけであれば、手順をきちんと伝えさえすれば当座の目的.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-11 09:02