荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない

昨日、日本テレビの情報番組「スッキリ!!」で東京近郊の公立中学生が通学で持ち歩く通学カバンとバッグの重さの平均が8.6キロにも及び、その原因は脱ゆとり教育で副教材が増えたこととのレポートがありました。

たしかに、授業を参観に教室を訪ねてみると、生徒のカバンは大きく、通路にあふれ机間指導もままなりません。

でも、荷物が増えた分だけ、学びが膨らんでいるのでしょうか。持ち運んでいる教材のうち、使いきれていないものがかなりの比率を占めている気がします。

荷物が重くなったことよりもっと重要な問題が、これらの背景に潜んでいると考えます。


❏ 荷物を増やせば学びが膨らむわけではない

教科書の外に、副教材が数種類、さらにはプリントを閉じるファイルもあって、授業中の机は荷物であふれかえっています。

しかしながら、50分を通して見ていても、生徒が副教材を開く機会は思いのほか少ないように感じています。

教科書すら開いてこそいるものの、生徒が真剣にその内容を読み取ろうとしている場面すらそれほど多くありません。

先生の説明を聞いたり、練習や話し合いなどの活動に取り組みながら、配られたプリントの空欄を埋めていく中、ノートもあまり使われていなかったりします。

本当に、あれだけの教材を持たせる必要があるのでしょうか。


❏ 教科書を自力で読み解けることも目標の一つ

新共通テストでは、文章(テクスト)を読んで、内容を理解し、その理解に基づいて考える力を試す出題が予想されます。

教科書を自力で読み解くのは、情報を整理しながら文章を読み、自力で問いを立てる(=教科書と対話する)ため基本的な訓練です。

知識付与の効率を優先するあまり、テクストを読み解く部分を先生が肩代わりしては、学びの大切な部分に穴があくのではないでしょうか。

教科書をきちんと読ませる ことに、もう少し重きを置き、自力で読み解く力を身につけさせることを意識したいものだと思います。

教科書で学ぶ中、理解の軸を作れば、あとは生徒一人ひとりのニーズに合わせて知識拡充の機会を用意すれば良いはずです。


❏ 不用意にプリントを多用することが招くリスク

話を聞きながら、プリントの空所を埋めていけば、その単元の知識は獲得できるでしょうが、知識を獲得する/生み出す練習にはなりません。

生徒が、プリントの空欄に埋めた文字列だけを覚えればOKと錯覚すれば、知識の断片化が進むだけかもしれません。

板書されたことを白紙のノートに写すことは注意深い観察を求めます。手を使って書き写すことの大切さ を忘れないようにしたいものです。

プリントの使用を要所に抑えれば、プリントを閉じるファイルをわざわざ作らなくても、ノートに貼り込ませるだけでも要は足りるのではないでしょうか。

A4版のノートを持たせ、プリントをB5に統一して、きれいに貼れるようにしている先生もいらっしゃいます。


❏ 副教材は使い倒してこそ使える道具になる

副教材を山ほど持たせても、授業中にあまり使っていないケースも少なくありません。

参照型教材は、頻繁に参照させて使い倒してこそ、生徒にとって「頼れる道具(相棒)」 になります。

授業中に扱えない事柄があるから副教材での拡充が必要だとのご意見も頻繁に耳にしますが、生徒がやりきれないものを押し付けて未消化を増やすことには意味はないように感じます。

仕上げ切れないことを状態化させることが、学習者として好ましからぬ習慣を身につけさせるリスクも考慮すべきではないでしょうか。

以下の拙稿も、お時間の許すときにご高覧いただければ光栄です。

 ■ 参照型教材を徹底して使い倒す(全5編)
 ■ 副教材、こなしきれていますか?

副教材を揃え、漏れを作らない大きな「覆い」 を用意したくなるのも、生徒の進路希望を実現させてあげたいとの熱意からのものだと思います。

でも、こなしきれない状態が長く続くことが、学習者としての悪習慣の獲得、退化の引き金にもなり得ます。

課題は与えた以上、達成させるのが教える側の責任です。指導の序盤から着実に達成を重ねることで、後半戦でより大きな負荷に耐えられる状態を作っていくという戦略性を指導計画に持ち込みたいものです。



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • その宿題、本当に必要ですか?(その1)

    Excerpt: 先生の多忙も広く認知された社会問題になっていますが、生徒の忙しさもかなりのところまで来ているように感じます。「荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない」でも触れたように、副教材や授業外課題が大きく膨.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-10-02 07:00
  • その宿題、本当に必要ですか?#INDEX

    Excerpt: 宿題や課題は、生徒の力を伸ばそうという先生方の気持ちの現れであるため、ときとしてあれもこれもと与えてしまい膨張の一途をたどることもあります。こなしきれない量の宿題は、生徒に「仕上げきることの喜び」を学.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-10-04 05:59
  • 予習・復習、課題のあり方

    Excerpt: 1 予習・復習で何をさせるか1.0 予習・復習で何をさせるか(序) 1.1 予習・復習で何をさせるか(その1) 1.2 予習・復習で何をさせるか(その2) 1.3 予習・復習で何をさせるか(その.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-10-18 08:43
  • 小テストをもっと効果的に #INDEX

    Excerpt: 授業で学んだことをしっかり定着させることを意図して行う小テスト。授業で習って、復習で覚えて、テスト用紙に再現してと、最低3回は対象知識への接触機会を持てますので、再記銘により記憶が保持されやすくなりま.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-05 06:12
  • 学習時間の目標値と達成管理の方法 #INDEX

    Excerpt: 高大接続改革を機に、新しい学力観にそった教え方の転換を図る必要があります。どの学校でも、指導計画の見直しや授業デザインの研究も意欲的に進められているものと拝察しますが、同時に、学ばせ方の転換で家庭学習.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-01-19 06:55
  • 副教材、こなしきれていますか?

    Excerpt: 生徒の進路希望を叶えることに熱心なほど、副教材が「これでもか!」 というぐらいに膨らんでいく傾向があります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-09 07:24
  • 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その4)

    Excerpt: 前稿では、問い掛けを重ねつつ黒板上に情報を構造づけていくことで情報整理のプロセスを学ばせることをご提案いたしました。これにより、知識の断片化や丸暗記に偏るリスクはかなりのところまで解消できるはずです。.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-30 06:57
  • 英語の授業での学習目標

    Excerpt: 英語に限ったことではありませんが、学びを通じて目指すべき到達状態をしっかり認識させることは、学びの成果を実感させるためにとても重要なことです。4技能(聞く、話す、読む、書く)のバランスはもちろん大切で.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-07-04 06:55
  • 予習・復習で何をさせるか #INDEX

    Excerpt: 予習は、授業準備を通じて前回までの授業で学ばせたことを実地に練習させる機会です。せっかく学び方や取り組み方を学ばせたのに生徒自身に行わせず、先生が肩代わりしてしまっては、生徒はその方法に習熟する機会を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-23 06:08
  • 新しい学力観にそった授業と家庭学習の再設計

    Excerpt: 高大接続改革や新課程への移行で学力観も新しいものに更新を図る必要があります。学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められることは拙稿でもお伝えしました。しかしながら、授業外学習時間の延伸という課題には、.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-24 05:44