現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 探究活動における評価とフィードバック

<<   作成日時 : 2018/11/07 05:35   >>

トラックバック 5 / コメント 0

教科学習指導では、"学習目標は解くべき課題で示す"で書いたように、導入フェイズでターゲット設問を提示しておけば、学び終えてからその問いに立ち戻って答えを仕上げさせることで学習目標の達成を検証すると同時に学びをより確かなものにすることができますが、探究活動や課題研究の場合、同じ手法は使えません。

探求活動の目的から考えるテーマ選びでも申し上げましたが、探究活動では、生徒自身が問いを立て、テーマを設定するところに肝があり、ターゲット設問をこちらで用意すること自体ができないからです。

2017/05/08 に公開した記事をリライトしました。
旧タイトル: 評価と相互啓発(探究型学習における指導)


指導目標の達成を客観的に測れないのでは、個々の生徒に必要な指導も特定できず、指導計画の不備も検知することすら困難です。

また、成果発表会や論文集で良いものを選んで重点的に扱うことで、相互啓発をより良く働かせるためにも、倣うべきモデルを選び出す基準、すなわち探究活動とその成果を評価する基準が必要です。

教科学習指導の場合とはまったく違った発想で、評価方法を確立しなければ、フィードバックを通して生徒を次のステージに進ませることも、プログラムを継続的に改善していくこともできないということです。


❏ 手順を正しく踏んでいるか、ひとつずつ確認させる

探究活動を進めていく中で、最初の問いを立てるところからどんな手順を踏むべきか、守るべきルールは何かを予め提示しておき、ワンステップ進むごとに評価を行い、生徒自身に振り返らせる必要があります。

探究活動における行動評価の観点と規準を示すことは、これらを実現する上での大前提であり、個々で問われているのは、"探究活動の作法"を学ぶ機会は整っているかどうかです。

そうした評価とフィードバックを通じて、生徒は自分がやってきたことを相対化できるようになり、どのように方向修正すべきか自分で考えて判断ができるようになるのではないでしょうか。

他の生徒の取り組みや成果に触れるときも、漫然とみて「すげぇ」と感心しているだけでは得るものは大きくないはずです。

このように考えてくると、探究型学習の指導を設計したり振り返ったりするときに押さえておくべきポイントの一つは「評価を通じた相互啓発をいかに働かせるか」ということだと思います。


❏ 疑問や興味を起点に問いを立てるまでの調査は十分か

問いの起点は、生徒が自分で感じた疑問でしょうが、それがそのまま探究を通して解明すべき問い/探究のテーマになるとは限りません。

調べてみたら、既に他の誰かが文句のつけようのない解を導き出していた場合には、新しい知を生成する余地はそこに残っていませんよね。調べ学習はできても探究活動への発展は難しそうです。

疑問を感じたら、まずは文献に当たるなどの調べ学習/調査を先行させる必要があります。

調べ学習は小・中学校でも経験しているでしょうが、出身校によって取り組みはまちまちです。どこまで出来るようになっているかちゃんと見守り、観察を怠らないようにしましょう。

文献などに書かれていたことが疑問のすべてに答えていたしても、生徒のうちには調べながら新たな疑問が生まれるはずです。

書かれていたことが本当にその通りなのか実験で検証してみると、書かれていることではうまく説明できないことが見つかるかもしれません。

ここに至ってようやく、探究のスタートです。

探究型学習のテーマを立てさせるフェイズで、こうした手順をきちんと踏んでいるか、きちんと評価してあげることが指導者の役割です。

評価されることがなければ、生徒は踏むべき手順を飛ばしていること自体にも気づくことができず、探究とは何かを学ぶ機会を失いますし、当然ながら、新たな知を生み出す方法を学ぶこともできません。


❏ 探究活動の入り口で固定観念を取り払うことができたか

探究型学習が目指すところは、新たな知を生み出す方法を学ぶことと、学ぶことへの自分の理由を作ることだと思います。

生徒は、現代人がまだ遭遇していない/存在を認識していない難題に取り組まなければならない場面に出くわすはずです。その中では、「教えてもらう」というアプローチには自ずと限界があります。

生徒はもしかしたら、これまでの学習履歴の中で「習ったことをしっかり覚えれば学習が完結する」と思い込んでいるかもしれません。

探究活動の初期に、この固定観念を取り除いておくことが重要です。

そのままにしては、自明に思えることでも一つひとつ確かめて理解を積み上げ、その先に新たな知を生み出す力という、探究活動を通して獲得を目指すものをイメージするのは容易ではないはずです。

目指すものをどこまでイメージできるようになってきたかも、観察や対話を通じて評価してあげるべきことの一つでしょう。

目標をイメージできないまま取り組んでも「主体的に学ぶ姿勢」は生まれませんし、やらされ感ばかりでは探究の楽しさも学べなさそうです。


❏ 最初の体験が「三つ子の魂」を作る〜初動の重要性

探究活動のプログラム全体の中で、序盤は探究のテーマ選びに向けて生徒はあれこれと思い悩む時期でしょうが、この段階から、高校生にとっての探究活動とは何を熟慮しつつ、指導を始めないとあらぬ方向に進む生徒が出てきます。

趣味の延長、道楽の深みにはまるような調べ学習もどきでお茶を濁したかのような研究テーマが頻発するようなら、調べ学習との境界と進路への接点を明確にしておかなかった指導者の責任かもしれません。

中盤に差し掛かれば、仮説を検証するための実験やアンケートの方法などもしっかりと体系的に学ばせながら、自分がやっていることが探究活動の作法を踏み外していないか点検を怠らないようにさせましょう。

小・中学校での「横断的・体験的な総合学習」を経て、高校では自分の未来を拓くきっかけとなる「探究的学習」に踏み込んでいきますが、ここで何を感じて学び取るかはその先を大きく変えます。

中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」という位置づけを明確にしたうえで、一つひとつのステップを評価しながらきちんと踏ませ、正しい「三つ子の魂」 を持たせるように導きたいものです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
探究活動、課題研究
1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで 1.3 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」 2 探究型学習がつなぐ各教科の学び(合教科・科目型学力)2.1 探究を軸に教科の学びをつなぐ 2.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 2.3 総合的な探究の時間 2.4 学習指導・進路指導を通じた汎用スキルの獲得(その1) 2.5 学習指導・進路指導を通じた汎用スキルの獲得(その2) 3... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/29 05:32
生徒の意見や答案をシェアする
対話を通じた深い学びを実現するには、ペアやグループでの生徒同士の話し合いに加えて、問答を通じた「先生との対話」や、教科書や資料、副教材を問いを立てながら自力で読んで理解する「テクストとの対話」の充実も図る必要があるのは、昨日の記事で書いた通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/26 07:25
評価スキルの獲得とメタ認知の向上
高校教育でも高大接続でも、当然ながらその先の大学教育や社会生活でも、思考力・判断力・表現力が今後ますます重視されていくことには間違いなさそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/09 07:42
新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)
高大接続改革や次期学習指導要領に向けて、教科学習や探究活動における指導法の改善は各地での試行と工夫で進んできたようです。先月から集中的に授業公開や成果発表を回ってみましたが、様々な新しい取り組みに心躍ります。しかしながら、新しい学びに応じた評価方法はというと指導法の改善ほどは議論も行動も進んでいないのかもしれません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/14 04:54
選定理由の言語化を〜探究活動の成果発表会
探究活動や課題研究には代表者による成果発表がつきものですが、代表者や発表作品を選定した理由はきちんと言語化してレジュメや作品に添えて表示したいものです。発表や作品に触れた生徒に「なぜ選定されたのか」を知らしめることは、探究活動の目指すべきあり方を示すことに外ならず、それ自体が生徒に対するとても重要な指導だと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/18 07:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
探究活動における評価とフィードバック 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる