現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 目次を使って"全体像"を捉えさせる

<<   作成日時 : 2017/05/09 08:04   >>

トラックバック 2 / コメント 0

単元ごとに学んできて、それまで個々バラバラの知識にしか感じられなかったものが、何かのきっかけで互いの関係性がつかめ、「統合感」 を得ることがあります。全体像が見えることで、背景や奥行きにも認識が届き、その科目を得意に感じるようになることもあります。


❏ スパイラルを利用した学び直しに加えて

個々に学んだことを互いに結び付けるには、カリキュラム上のスパイラルを利用した関連項目の学び直し・まとめ直しが一番普通のやり方です。

学び直し・まとめ直しは、学んだことの「重ね塗り」 にもなり、知識の定着にも役立ちますが、項目間に新たな関連性を持たせることで、学びに広さと深さが生じます。

ちなみに、既習内容の復習では、「教え直し」 ではなく、発問を軸にして、以前に学んだときのノート・教科書の該当箇所を開かせる 方が効果的です。

また、教科書などの目次も上手に使うことで、全体像をとらえさせ、統合感を獲得させる効果が期待できそうです。


❏ 目次に照らしながら、全体像の中に単元を位置付ける

教科書にしろ、参考書にしろ、必ず目次がついていますが、教室内で目次を開いてみることはあまり多くないような気がします。

ましてや、「目次を読ませる」 という場面はそう多くないのではないでしょうか。

生徒にしてみれば、新しい教科書をもらったときに、目次を読まされたところで、まだ何も勉強していないだけに、無意味に近い文字列が並んでいるだけかもしれません。

それでも、新年度の授業開きや学期の切り替わりで、目次を開かせ、各単元のハイライトに言及しながら、これから何を学んでいくか見渡させるのは悪くないと思います。

少しでも興味や関心を刺激できれば、その後の学びに良い影響を与えるはずです。

生徒が前年度や入学前に学んだどの単元と関わりがあるのかを示していけば、未習単元と言えど、ある程度のイメージを持たせることは十分に可能ですし、中学までの学びと高校からの学びの違いに気づかせることもできます。


❏ 目次を軸に、学習内容を串刺しにしてみる

ある程度まで学習が進んできたら、再び目次を開かせて、
  • 今、学んでいる単元と深い関りがあるのはどの章とどの章?
  • それらを関連付けているものはいったい何?
  • 両者の違いはどんなところにあると思う?
などと問いかけてみても面白い反応が返ってくるかもしれません。

単元Aと単元Bとで、同じような事象を扱っていたとしても、単元が異なる以上、事象を捉える切り口は異なるのが普通でしょうし、逆に同じ切り口でありながら、異なる事象を扱っていることもあります。

それぞれで学んだことを比較しながら、互いにどのように関わっているかを考えさせることが、双方での理解を深めることがあります。

例えば英語でも、準動詞をひとまとめに扱いながら、態や時制について理解を深めることができますよね。

縦軸に目次と同じ順序で学習内容/単元タイトルをピックアップしておき、横軸に事象の切り口やサブテーマを追加しながらマトリクスを作り、各セルにそれぞれで扱った事象や学習上のポイントを書き込んでいくやり方もあります。

こちらは、通史を学んだ後、テーマ史で串刺しにするのと似たアプローチです。


❏ 目次に現れた単元配列の意味を知ること

蛇足ながら、…。

前職時代の前半は、教材の編集や模試問題の作成をしていましたが、どのような単元を立て、それぞれ何を扱い、全体をどう配列するかは一番の悩みどころでした。

教科書や参考書を編むとき、目次を先に起こして、アウトラインを決定してから個々のパートを書き上げていくこともありますが、むしろ、書きながら全体の構成が変わっていくことも少なくありません。

幾度もやり直しながら、「これだ!」 と思える単元配列を見つけたときに、仕事は完成に近づきます。

教科書を作るのと教科書で学ぶのでは、大きな違いはあるでしょうが、目次に表現された単元配列の意味が分かり、離れた場所に置かれた項目間にある関係性に気づければ、その科目の学習は一定の仕上がりを見たということになるのかもしれません。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ New! 2 学び方を身につけさせる2.1 次に進んだときの学習をイメージ 2.2 次のステージに向かう準備は整っているか2.3 教科書をきちんと読ませる 2.4 ノートを取らせて学習スキルを確かめる 2.5 生徒が自分で気づける機会を作る 2.6 目次を使って"全体像"を捉えさせる ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/05 07:44
"学ぶ理由/自立した学習者"を更新しました
ジャンル別記事インデックス"学ぶ理由/自立した学習者" に、「勉強好きにさせる学ばせ方」、「 学ぶことへの自分の理由(再考)」、「学びの広さと深さ」、「目次を使って"全体像"を捉えさせる」 の記事4本を追加して、インデックスを更新しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/06 07:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
目次を使って"全体像"を捉えさせる 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる