既習内容の確認は、問い掛けで

新しい単元を学ばせるときには、関連する既習内容をきちんと理解しているか/覚えているかを確かめないと、どこまでを前提に学びを始めさせれば良いか見極めることができません。土台ができていないところに建材を組んでも上手くいくわけがありませんよね。

確かめるには、問い掛けて生徒のアタマにあることを言葉にさせるのが最も効果的。わからないこと/思い出せないことがあれば、以前に学んだときのノートや教科書の該当ページを開けば、そこにはもう一人の先生がいるはずです。

2017/07/03 公開の記事をアップデートしました。

❏ 教え直しでは、帯に短したすきに長し…

各地で授業を拝見していると、既習内容を話して聞かせて復習させているケースが多々見られますが、あまり効果的とは思えません。

生徒は、「そう言えばそんなことも勉強したよね」という学んだ事実を思い出すところで止まっているのではないでしょうか。

かといって、既習内容を時間をかけて説明し直していては、先に進んで本時の内容を扱う時間がどんどん減っていきますし、既に理解して覚えていた生徒にとっては退屈で、あまり益のない時間です。

一方、以前の授業でやったことを簡単になぞってみるぐらいでは、きちんと理解できていなかった生徒が土台を固め直すには足りません。

もともと既習内容の習熟や定着に差があるところに、「教え直し」という手法を用いても、効果的ではないということです。


❏ 問い掛けながら、教科書の該当ページを開かせる

効果的なのは、発問を通じて思い出すきっかけを作り、教科書やノートの該当ページを開かせることです。

問いかけられて答えを探そうと、そのページに目を走らせれば、関連事項も含めて以前に学んだことに再び触れることになります。

再記銘の機会が得られるだけでなく、そのときの授業で経験したことを思い出しますし、本時の学習を進めるに当たり、必要に応じて参照すべき箇所を確かめられます。

そのページを開きっぱなしにすれば、本時の学習が必要とする関連既習内容はいつでもアクセスできる状態になり、少なくともその日の授業の土台は整うことになります。

授業中の教え直しで断片的に知識を補うより、はるかに効率的で実際の役に立つのではないでしょうか。


❏ 必要最小限のポイントは黒板のすみに書き出しておく

問いかけて、生徒自身に教科書/ノートから答えを探させたら、必要最小限のものは黒板のすみに書き出してしまいましょう。

その時間を通して、生徒の目に触れるところに置くことになり、頭の中に記憶していた生徒も、覚えていなかった生徒も、同じ前提で本時の内容を学び始められます。

先生が一方的に再説明を行う場合と、「問われて情報を探して」というワンステップを挟んだ場合とでは、記憶を手繰り寄せ、理解を再構築する効果は大きく違います。

もちろん、同じ流れで行うなら、黒板のすみの代わりにプロジェクタを用いても良いですが、テンポが良すぎると、生徒が教科書・ノートを開く前に進んでしまうこともありますので注意しましょう。


❏ 宿題として「問い」を与え、次回までの復習を促す

問い掛けは「その場で口頭で行う」以外に、設問という形も取れます。

次回の授業の冒頭で復習の問答をする準備として、「既習内容を理解していれば正解できる問題」をいくつか前回の授業を終えるときに示しておくのも効果的です。

選択式の問いより、ある程度の文字数を要する記述式の方が本当に理解しているかどうかを確かめるのに向いてるのは言うまでもありません。

単に問いを提示して「宿題!」と言うよりも、その場で少し考えさせたり話し合わせたりした方が、「宿題に取り組むレディネス」が整う分、履行率の向上が見込めます。

やりかけの状態を作っておくと「仕上げたい」という意欲を刺激する上、家に帰っていざ考えようとしたときに攻め方が思い浮かばないという事態も避けられるはずですよね。

次回の授業の冒頭では、単なる答え合わせではなく、「なぜそう言える?」「教科書にはなんて書いてある?」「条件が〇〇に変わったらどうなる?」と、思考を深めたり広げたりする問いを重ねることを習慣化しましょう。

答え合わせだけだと、他人の答えに乗っかっているだけの生徒がいてもそれを見破れませんし、そんないい加減な学び方を学習させてしまう恐れもあるはずです。



毎回では時間的に厳しいとしても、多くの生徒が躓きがちな単元に入るときや、以前に学ばせたときの考査成績が振るわなかったことを前提とするときなどには、しっかり時間を取って復習させましょう。ここで手を抜くと、後になってのケア/フォローに生徒も先生も大きな負担を強いられることになります。

■ご参考記事:
  1. 理解度の確認~場面と方法#INDEX
  2. 対話で行う理解確認



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 理解確認/学びの振り返り

    Excerpt: 1 理解度の確認~場面と方法1.0 理解度の確認~場面と方法(序) 1.1 理解度の確認~場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認~場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認~場面と方法(そ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-09-10 06:50
  • 導入フェイズの目的と方法

    Excerpt: 授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-09-27 05:26
  • 次回の予習ができる状態を作って授業を終える

    Excerpt: 予習というと、これから学ぶ/まだ教わっていない範囲を自力で学んで内容を理解したり、課題を解いたりすることを思い浮かべることが多いと思いますが、この発想だけではうまく行かないことも多いようです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-20 08:17
  • 復習は間隔をおいた"重ね塗り"で(その2)

    Excerpt: 授業で形成した理解や獲得させた知識の定着を図りたいなら、間隔を空けて薄く幾重にも重ね塗りしていくことが大切です。前稿では、授業を終えるとき~ターゲット設問やチェックリストの利用その日の自宅学習~答案の.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-22 07:13
  • 対話で行う理解確認

    Excerpt: 生徒の理解を確認しながら授業を進めることは、学びの成果を確かなものにするには欠かせません。下図でご覧いただける通り、理解確認と学習効果の間には、その得点率にはっきりとした相関がみられます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-08-03 07:04
  • 記憶に格納する知識、外部参照する知識(その1)

    Excerpt: 教育の強靭(じん)化に向けてと題する文部科学大臣メッセージが発信されたのは平成28年5月10日のことでした。「討論や発表などを増やすことが結果的に覚える知識量の減少につながる」といった各方面からの懸念.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-28 06:25
  • 前年度の指導に起因する学習指導上の課題

    Excerpt: あるクラスを担当していて、学習指導がうまく行かない場合、その原因が前年度までに生徒たちが受けていた授業に存在する場合があります。既習事項の習熟が不十分であれば、学び直しに時間がかかり本時の学びが十分に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-22 05:33
  • 学びにおけるインプット(input)とインテイク(intake)

    Excerpt: 新しい学力観に沿った学ばせ方の転換を図ろうとするとき、学びのプロセスを「インプット」と「インテイク」に分けてみると、様々な着想が得られたり、見落としていたものに気づきやすくなったりします。ともに知識や.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-22 04:41