現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS チェックリストを用いた目標提示と達成検証

<<   作成日時 : 2017/07/31 07:05   >>

トラックバック 6 / コメント 0

学習目標を示すときに最も効果的なのは、「学びを終えて解を導くべき問い」を導入フェイズで示してしまうことですが、練習場面や話し合いなどの活動では、「問いを解く」こと以外にも目標があるので、その伝え方を別の形で考えなければなりません。

練習を通じてできるようになるべきこと、活動への取り組み方、チームへの貢献の仕方といった「目指すべき到達状態/行動目標」を評価規準の形で示しておけば、生徒は求められる行動を具体的に認識できます。

また、練習後には、その基準を生徒自身が達成を検証するのにチェックリストとして活用することもできるはずです。


❏ 場面ごとの目指すべきものを生徒は意識できているか

例えば、英語の音読練習は、正確さや流暢さの向上や、反復による記憶への定着などを目標として行っているはずです。

自分で音を出す前に、CDなどのモデルを注意深く聞いて、音韻的特徴を自力で捉えられるようになることも目指すべきことの一つですよね。

ここでの学習目標は、「元気に大きな声で読む」ことではなく、練習を通じてクリアすべき、如上の小さな目標の総体ですよね。

生徒は、こうした「活動の一つひとつで目指していること」(到達目標&行動目標)をきちんと把握しているでしょうか。リストに書き出させてみると、目標の認識のほどを探ることができます。

モデルを聞きながら、ポイントとなる箇所を見つけ、そのポイントの一つひとつに注意を向けて意識的に練習するだけでも、その効果は各段に大きくなります。

 ■ 練習場面での成果確認


❏ ポイントを意識した練習が進歩を大きくする

体育で技の習得を目指した練習を行うときも、漫然と反復させていては進歩は遅れるばかりです。

得意な生徒は直感的にポイントを捉えてどんどん進歩するのに、苦手な生徒はそれができないので両者の差は開くばかりです。自己有能感も失い、モチベーションも下がります。

ポイントを示して意識的な練習をさせてこそ、着実な進歩・成長の段階を踏ませられるのではないでしょうか。

芸術でも、意識を向けるべきポイントを見つけた生徒とそうでない生徒の差も開くばかり。家庭科や技術家庭でも同じです。


❏ 小さな達成を認識することが積極性に転じる

練習や作業に意識的に取り組ませることが進歩を早くする一方で、ポイントの一つひとつをクリアできたかどうかチェックさせることで、生徒は自分の進歩を捉え、次に向けた意欲も膨らませます。

できることが増えたと実感して、自己有能感を高めれば、消極的な姿勢から意欲的な取り組みに転じます。

「頑張れば進歩する」と感じてこそ、次に向けた目標を設定し、それを達成しようと努力する姿勢も出てくるはずです。

実際には練習の成果が出ているのに、生徒自身がそれを明確に認識できないでいることは思いのほか少なくありません。


❏ チェックリストを生徒に作らせながら、授業を進める

単元ごとにできるようになるべきこと、活動場面ごとに取るべき行動をあらかじめリストにして提示するのも良いですが、学びを進めながら生徒自身にリストを書き上げさせるのも良いのではないでしょうか。

与えらたものと、自分が作ったものとでは、達成に向けたコミットメントが大きく違います。

注意すべきポイントを先生が示すだけでなく、モデルを見せて生徒自身に気付かせ、言語化させること自体に大きな意味があると考えます。

リフレクションシートを用いるのであれば、本時の学習内容に合わせたチェックリスト用のスペースを設けておき、授業を進めながら自分で見つけたポイントを生徒自身に書き込ませても良いはずです。


❏ 最初のうちは、先生が用意し、徐々に生徒に任せる

生徒自身がチェックリストを作るには、ある程度の習熟が必要ですから、最初のうちは先生が事前に用意する必要もあるでしょう。

振り返りの仕方、チェックポイントの書き出し方を生徒が理解し始めたら、事前に作るリストの一部を空欄のままにして、その箇所だけを授業中に生徒が埋めていくようにするのもおすすめです。

また、どんなポイントをリストアップしたかを、生徒同士で見比べさせて、気づきを互いに補わせることも重要です。

練習や作業に際してポイントとなるところを意識することを「学習」させること、そのやり方を学ばせることもまた、指導目標のひとつだと思います。

練習を重ねるなかで、生徒が「正しいチェックリスト」 を自力で作れるようになったら、学習者としての自立に大きく近づいたことになるのではないでしょうか。


❏ モデルとなるチェックリストは教科で共有

生徒にチェックリストを作らせると言っても、その「模範的なモデル」 は、単元や学習内容によって自ずと一定の形を採るはずです。

教科担当者ごとに大きく違っても、学年が進んだときなど、生徒の戸惑いを不必要に膨らませてしまうのも避けたいところですよね。

チェックリストに書かれたことは、とりもなおさず「指導目標」であり、「評価規準」ですから、評価の公平性を保つためににも、指導方針をばらつかせないためにも、教員間での整合性や学年を跨いだ連続性も踏まえたものであるべきです。

先生方の話し合いで作成するとともに、年度を跨ぎ、整合性と連続性を視点においたブラッシュアップを、絶えず重ねていくことが大切です。

 ■ 評価規準は使いながらブラッシュアップ


このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
理解確認/学びの振り返り
1 理解度の確認〜場面と方法1.0 理解度の確認〜場面と方法(序) 1.1 理解度の確認〜場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認〜場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認〜場面と方法(その3) 1.4 理解度の確認〜場面と方法(その4) 1.5 既習内容の確認は、問い掛けで New! 2 振り返りのためのアウトプット2.0 振り返りのためのアウトプット(序) 2.1 振り返りのためのアウトプット(その1) 2.2 振り返りのためのアウトプット(その2) 3 ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/10 07:11
導入フェイズの目的と方法
授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/27 05:25
非言語情報を言語化する力
与えられたテクストから読み取った情報をもとに思考した結果を表現する力は、今後ますます求められますが、ここでいうテクストは「言語情報」だけではありません。グラフ、データテーブルなどの数値をもとにしたものもあれば、イラストや地図といった平面上に表現されるものなどあらゆるものが含まれます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/28 07:30
目標の示し方、導入の工夫
1 学習目標の示し方1.0 学習目標の示し方(序) 1.1 学習目標の示し方(その1) 1.2 学習目標の示し方(その2) 1.3 学習目標の示し方(その3) 2 解くべき課題を通した目標理解2.1 教室の学びをサンドウィッチに喩えてみると 2.2 目標理解と活用機会を整える授業デザイン 2.3 活動性と学びの成果を繋ぐ鍵〜課題を通じた目標理解 2.4 目標提示と成果確認はセットにして 2.5 問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ) 2.6 導入フェイズで行うディ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/18 08:50
主体的・対話的な深い学び〜どこまで実現したか #2
新しい学力観に沿った学ばせ方への転換を図る中で「主体的・対話的で深い学び」がどこまで実現できたか測定することは、これまでの授業改善に向けた行動の妥当性を検証し、効果を挙げてきた優良実践を抽出するために欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/20 07:25
学習者としての成長を促す、評価と振り返り 7/11
生徒は各教科を学ぶ中で、教科固有の知識や理解を蓄えているわけではありません。学びへの姿勢や物事の学び方、課題を解決するための思考手順、協働場面でのふるまい方など、様々なものを身につけています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/11 06:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
チェックリストを用いた目標提示と達成検証 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる