現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい学力観にそった、教え方の転換

<<   作成日時 : 2017/07/10 07:14   >>

トラックバック 7 / コメント 0

高大接続改革以降の入試では、「テクストを読み、そこで理解したことをもとに思考し、その結果を表現する力」 が重要視されます。教科書や資料に書かれていることを理解する場面で先生が不用意に肩代わりしてはいけませんし、正解に至る工程を丁寧に解説して納得させるだけでは足りないものがあります。また、発言がなかなか出ない/思考が膨らまないとき に採るべき方法も身につけておかなければなりません。


❏ まずは、教科書や資料をきちんと読ませること

テクストを読んで理解する力を養うには、何はさておき、生徒自身に読ませる場面を作る必要があります。やらせないことにはできるようになりません。

生徒にとって一番身近なことろにある「読むべきテクスト」 は教科書ですが、方々で授業を参観してみると、意図的に教科書を読ませている場面には思いのほか出会いません。

国語や英語といった言語系の教科でも、解くべき問いを与えて目的意識を持った読みに取組ませている場面はむしろ少く、地歴公民、数学、理科で教科書を授業内で読ませているのは「珍しい」 と感じるほどです。

グラフや図表、あるいは挿絵などを見せたときも、先回りして先生がうっかり解説してしまったら、生徒は、先生の解釈を受け止めて覚えるだけです。

先生が解説する前に、読み取ったこと、ポイントだと感じたことを生徒に発言させてみるべきです。

他の生徒の着眼点や読み取りの発想に触れることで、生徒は「グラフや図表を読む力」 を身につけていきますが、そんな場面を作れるのは教室だけではないでしょうか。


❏ 生徒自身が気づけるようにする

教科書や資料といったテクストを読めるかどうかは、ポイントになるところに気付けるか、問いになり得るところを拾い上げられるかどうか、だと思います。

こうした力を養おうとしたとき、「注意して読みなさい」「気づけるようになりなさい」 と旗を振ったところで効果は期待できそうもありません。

うっかり先回りして「注目すべきところはここだね」 などと教えてしまっては、生徒が自分で気づけるようになるせっかくの好機を奪ってしまいます。

初期段階では、問い掛けを通じてガイドしながら、教員が初見の問題を解くときに行っているのと同じ観察・整理・思考のプロセスを、生徒自身に体験させることが肝要です。

その後、徐々にガイドを減らし、生徒が自力でテクストを読み、「解くべき課題」 を作り上げられるよう、年間の指導計画を作る必要がありそうです。

一度や二度の練習で身につく力ではありません。中長期にわたる、意図的・計画的な指導が求められます。


❏ 理解したことを元に考えるには、解くべき課題が必要

テクストやデータを読ませるとき、生徒の側で「読み取ったことを元にして解くべき課題」 を認識していないと、ただ読んでおしまいということになりかねません。

「ちゃんと読んだ?」 と訊かれても、「まぁ、たぶん」 という答えるのがせいぜいかもしれません。きちんと読み取れたかどうか生徒自身が知るためにも、問いは必要です。

また、テクスト/データに含まれる様々な情報のどれに焦点を当てるかは、その時に解くべき課題によって違います。

まずは読ませて、それから問いを与えるという手順より、問いを与えてから読ませる方が合理的かもしれません。

現実の場面では、課題を解くのに必要な情報がすべて揃って与えられているとは限りませんので、読みながら「足りない情報」 の存在に気づき、どこに当たればその情報を手に入れられるか考えることも大切です。

図書館を利用した教科学習などは、この力を養うのに絶好の機会だと思いますが、十分に活用されているでしょうか。


❏ 他の生徒の発言に触れて、判断の軸を作る

考えたことを表現する場面では、発信者としてのプレゼン能力や言語による表現力を高めることだけが目的ではありません。

どんなに一生懸命に考えていたとしても、自分の経験や視野の中から生まれたものは、他の考え方/視点を見落とした「独りよがりなもの」 であることも少なくありません。

他の生徒が発表したこと、答案に残したものに生徒が互いに触れることで、多様なものの捉え方を知り、その上で、自分の軸足をどこに置くかを考える(≒スタンスを決める) ことができるのだと思います。

対話的な学びの目指すところは、多様性を学び、判断力を身につけることにこそあります。

生徒一人ひとりが書いたものを丁寧に添削してあげることも大切ですが、添削しながら見つけた「相互啓発に活かせるもの」 は教室に持ち込み直して、集団指導にも役立てたいものです。


■ ご参考記事:


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学び方そのものを学ばせる
教科学習指導の目標は、教科・科目に固有の知識や技能を身につけさせることが第一であるのは言うまでもありませんが、それを優先させるあまり、学び方を身につけさせたり、学ぶことへの自分の理由 を作らせたりすることが疎かになっていることはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/25 07:07
学習型問題への対応力を養う
2020年に向けてということもあり、近年"学習型問題"をよく見かけるようになりました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/08/22 07:39
思考力と表現力を養うには
1 学力の三要素、高大接続改革に向けて1.1 学力の三要素とは〜もう一度考えてみました 1.2 高大接続改革に向けて今できる準備 1.3 高大接続改革に向けて今できる準備(その2) 1.4 評価方法の再整備〜高大接続答申から 2 考察: 大学入学共通テスト&高大接続改革 NEW!2.0 考察: 大学入学共通テスト&高大接続改革 2.1 モデル問題(共通テスト)を見て #1国語 2.2 モデル問題(共通テスト)を見て #2数学 2.3 新共通テストの採点基準〜正しく適用で... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/08/28 07:15
出題研究を通して"問い方"を学ぶ
獲得した知識や理解を活用して解決する課題を軸にした授業デザインを採ることで、「学習目標の把握」「授業内活動の充実」「理解確認の徹底」といった"学習効果を高めるための必須要件"がほぼすべて整うことは、先日の記事(グラフ再掲)でお伝えした通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/25 07:27
英語4技能と大学入試対策
高大接続改革で否が応でも注目を集める2020年以降の大学入試では、思考力・判断力・表現力がさらに高い次元で求められます。学ぶべきものは減らさず、その中で主体的、対話的な深い学びを実現するという方針は2016年に打ち出された"教育の強靭化に向けて"で示された通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/17 05:46
指導の成果を確かなものに(その2)〜新入生を迎える
指導計画が設計通りの性能を発揮するには、計画の実行者である教員が十分な知識とスキルを備えているかを確かめて不足を補っておく必要がありますが、対象者である生徒の実態が計画立案時の想定と相違ないかの確認も欠かせないはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/15 07:33
学習時間の目標値と達成管理の方法 #INDEX
高大接続改革を機に、新しい学力観にそった教え方の転換を図る必要があります。どの学校でも、指導計画の見直しや授業デザインの研究も意欲的に進められているものと拝察しますが、同時に、学ばせ方の転換で家庭学習の充実が求められる ことも、しっかり念頭に置くべきです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/01/19 06:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
新しい学力観にそった、教え方の転換 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる