現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 出題研究を通して"問い方"を学ぶ

<<   作成日時 : 2017/09/25 07:26   >>

トラックバック 4 / コメント 0

獲得した知識や理解を活用して解決する課題を軸にした授業デザインを採ることで、「学習目標の把握」「授業内活動の充実」「理解確認の徹底」といった"学習効果を高めるための必須要件"がほぼすべて整うことは、先日の記事(グラフ再掲)でお伝えした通りです。

画像
如上の記事から転載・再掲


❏ どんな問いを用意するかで授業が変わる

そこで問題になるのが、どのような問いを用意して、導入フェイズにターゲットとして提示すべきかです。

学習する内容が、それを構成する知識の集合体としては同一であっても、新しい学力観に移行する中で、知識の使い方、つまり「問われ方」は違ったものになってきます。

従来型の問いをターゲットとしていては、新しい学力観に沿った学ばせ方を実現する環境が整わないということです。


❏ 新しい学力観に合った"問い方/問われ方"

導入フェイズで提示する、"本時のターゲット設問"は、学習目標を正確に表し、生徒が目標の達成を検証できるものでなければなりません。

高度成長期には、習ったことを正確に覚え、正確&スピーディーに再現できることが求められていたため、活用を想定しない知識の獲得を試すような問題が主流と言わないまでも多く見られました。

今の時代にそんな問題を提示しても、これからの社会で求められる「身につけるべき学力/学びを通じてできるようになること」を正しく生徒に伝えることはできませんよね。

PISAの前と後とでも、出題の主流は大きく変わってきています。持てる知識、設問で与えられた情報を課題解決にどこまで活用できるかを試そうとすることに出題意図は大きく変わってきているのは今更申し上げるまでもありません。

ちなみに、PISAでの順位が低下して騒がれた後、すぐに回復に転じてきた(データはこちらから)のは、"問われ方"を教える側が意識するようになったことも一因ではないかと思います。


❏ 出題研究を通じて"新しい問い方"を学ぶ

新しい学力観に沿った"問い方"を学ぶための好適な教材のひとつは、大学をはじめとする入試問題です。

出題研究を充実させることで、意欲的な大学での工夫の成果に乗っかってしまいましょう。

学習指導要領の改訂の歴史を振り返ってみると、いわゆる新課程入試元年の前には、その理念を反映した問題が先行して出題されてきました。

教育改革を本気で考える意欲的な大学ほど、そうした出題が多く見られます。(逆に、旧態依然とした出題を続ける大学はそうした意識が薄いのかも…。未来のある大事な生徒を預けていいのか不安を覚えます。)

出題研究を通して見つけた好適な問いは、教科内でシェアしましょう。他の先生があらためて同じ手間を繰り返して、仕事を増やす必要はありません。


❏ 大学での学び、社会の課題を見据えた出題も

大学で入試の出題担当になると、ものすごいプレッシャーと仕事量を抱えることになりますが、それでも優秀な生徒を逃さず選び出したいとの思いは、適切な問いを用意することに向かいます。

専門とする研究領域が、社会が抱える様々な課題にどのように関わろうとしているかを踏まえて、問題のテーマを決めることもあるでしょう。

学生を教えていて苦労していることがらを念頭に、大学に進んでからの学びに必要な視点や能力を身につけているかどうかを試すのに好適な問いとは何かを、常に考えているかもしれません。

全ての大学がそうだとは言いませんが、近年の入試問題を広く研究すれば、出題者としての大学教員の努力の成果、発想が具体化した問いに出会える可能性は十分にありそうです。


❏ 問われ方を生徒に示すことで、学びを方向付ける

生徒に対して、今学んでいることが入試でどのように問われるかを示すことは、学びに方向を与えることにほかなりません。

授業ごと/単元ごとに用意する、「核となる理解を形成するためのターゲット設問」として、導入フェイズで見せて学びを経て仕上げさせていくことで、問われ方(=知識の使い方)を意識した学びに近づけるはずです。

また、授業内外の課題にそうした問いを用意するだけでなく、定期考査の問題で同様の趣旨の問題を課したいものです。

生徒は、考査問題に合わせて勉強しますから、授業だけ変えても生徒の学力観を正しい方向に導くのは難しいと考えるべきです。


❏ 新しいタイプの出題は既に登場し始めている

2020年を待たず、大学入試でも正解が一つに決まらない問題学習型問題の出題も増えてくるものと思われます。

新共通テストのモデル問題からは、従来なら正しい答えを導ければOKであったのが、自分の考えや意見を相手に理解してもらい、共感と協力を獲得することを目的とした表現力を求める出題姿勢が窺えます。

教科書を使って教科固有の知識・技能を学ばせるとき、「新しい学力観に沿った問い方/問われ方」を意識しておく必要は今後ますます大きくなっていくはずです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
導入フェイズの目的と方法
授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/09/27 05:25
考査問題で何をどう測るか
1 考査問題の改善が授業も変える1.0 考査問題の改善が授業も変える(序) 1.1 考査問題の改善が授業も変える(前編) 1.2 考査問題の改善が授業も変える(後編) 2 考査問題の妥当性評価2.0 考査問題の妥当性を評価し、最適化を図る 2.1 考査問題の妥当性評価(その1) 2.2 考査問題の妥当性評価(その2) 2.3 設問ごとに出題の妥当性を確かめる 3 高大接続改革と定期考査問題 New!3.1 高大接続改革に備えて考査問題も新しいスタイルに 3.2 出題研究を... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/13 07:07
学ばせ方が変わる以上、考査問題も変わるべき
高大接続元年生(来年高校に入学する生徒のことです)を迎えるに当たり、新しい学力観に沿った教え方・学ばせ方への転換が図られます。当然ながら、年間授業計画も変わってきますし、教材の扱いもこれまでとは違ったものになるはずです。 カリキュラム・年間指導計画 └ 次のステージを見据えた指導、校種・学年の接続授業改善での協働のあり方└ 2020年入試初年度生を迎えるまでに 併せて考えておくべきは、評価方法のアップデートです。授業が大きく変わって思考力・判断力・表現力の獲得が進んでも、定期考査が以前... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/13 07:45
高大接続改革と定期考査問題
2020年に迫る高大接続改革に最初に挑む学年が高校生となり、既に最初の定期考査も終わりました。昨年度から積み上げてきた準備を土台に、 "新しい学力観にそった、教え方の転換" が図られているものと拝察しますが、同時に、学力形成の中間検証手段である定期考査もそれに見合ったものに更新されていかなければなりません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/21 04:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
出題研究を通して"問い方"を学ぶ 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる