現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 探究活動の課題〜調べ学習との境界と進路への接点

<<   作成日時 : 2018/06/07 05:07   >>

トラックバック 8 / コメント 0

各地の学校で行われている探究活動や課題研究を拝見する中、生徒の取り組み方にはいくつかの類型的な問題点があるのではないかという思いを強くしています。とりわけ、
  1. 調べ学習と探究活動の境界がどこにあるか理解していない
  2. 巨人の肩の上にまだ到達していないことへの自覚がない
  3. 選んだテーマに「自分ごと」としての関わりを見出していない
などは多くの生徒に見出される特徴ではないでしょうか。

これらはいずれも、探究活動を進める中で、指導を担当する先生からの働き掛けで突破させることができる問題かもしれません。


❏ 他人の答えを辿っているだけなら「調べ学習」の領域

自分で選んだテーマについて、調べたことをまとめて発表するだけならば、単なる「調べ学習」であり、生徒は小学校でも「自由研究」という名の宿題で既に経験しています。

調べる工程で、図書館で書籍を探したり、読んで理解したことをまとめたりする方法を身につけると同時に、発表することの楽しさや難しさも学んでいるはずです。

高校での探究活動は、その先に位置するものであるはずです。

疑問を感じたことを一つひとつ調べ上げる中で、先人が解き明かしたことに行き当たるうちは「調べ学習」の域を出ません。

調べ進めても、自分の問いへの答えに行き当たらなくなったところが、横断的・体験的に行う「調べ学習」と「探究活動」の境界ではないでしょうか。


❏ 調べても答えが見つからない問いを見つけてからが探究

自分の問いには様々なものがあります。

「本にはこう書いてあるけど、本当にそう言えるのだろうか」と思うことだって立派な問いです。答えを探そうと思ったら、確かめてみる方法を考え、データを集めて検証してみるしかありません。

「こういう技術が紹介されていたけど、こうやったらもっとうまく行くのではないか」と考えたら、実験は無理でも、頭の中で描いた設計図でシミュレーションしてみることはできるはずです。

如上の問いが頭に浮かんだ段階が、PPDACサイクルを用いた課題研究で紹介した「問題の解決に至るプロセス」の第一フェイズの入り口です。

高校生の知識や利用できる施設には限界があるだけに、高校生の探究活動は「答えが出ない問い」で終わるのが当たり前です。

むしろ、きれいな答えがまとまり、次の問いが一つも残っていなかったら、それは「調べ学習に終始した」ということかもしれません。

先人が積み上げてきた知識は膨大であり、高校生が「巨人の肩」までよじ登るのは困難ですが、自分が取り付いているのはくるぶしに過ぎないことを知るだけでも大きな意義があると思います。


❏ 問いを立てる練習は、日々の教科学習指導の中で

如上の問いの原型は、各教科の学びの中に見出せるはずです。

教科書を読むときも、書かれていることを鵜呑みにさせるのではなく、問いを立てさせましょう。

既に解明され、整理された知識を先生が伝えて行くだけでは、問いの立て方を生徒は学べません。

誰もが自明と考えることにも「なぜそう言えるのか」「他の方法では説明がつかないのか」「立場を変えてみても同じ結論か」と常に問う姿勢を持たせられるかどうか、先生が発する問いによるところが大です。

様々な場面で幾度も繰り返される先生の問いを、生徒はやがて真似ることができるようになり、その先には自力で問いを立てられる段階が待っているはずです。


❏ 解き明かしたいことへの出会いが進路希望を作る

今の自分の知識や環境では答えが出せない「問い」の存在とその先の広がりに気づき、本気で解き明かしたいと思えば、大学に進んで本格的に学んでみるという選択肢も生まれてきます。

進路希望を作るきっかけとしては極めてまっとうであり、志望理由書に書いても十分な説得力を持ちそうです。

また、調べていくうちに、書籍に書かれていることなのに理解できないことも増えてくるはずですが、既に他人が解明したことが理解できないということは、まだ「巨人の肩の上」に立っていないということです。

巨人の肩の上に立つまでの大変さを知ることだけでも、とても大きな価値があるのではないでしょうか。

日々の授業での学びが、巨人の体を登るための梯子であり、登り方を身につける機会であることに気付かせる大きなチャンスです。


❏ 自分ごととして取り組めるテーマを見つけさせる

ある学校での探究活動の成果発表会では、Jリーグの各チームの経営状態を調査して発表していたサッカー部の生徒がいました。

自分の趣味を起点にテーマを選ぶのは別に悪いことではありませんが、「調べてみて面白かった」で終わってしまっている様子に、高校生の探究活動としてこれでいいのかという疑問も感じました。

他にもやるべきことが山積みの高校生活の中で、貴重な時間(=リソース)を投じて設けた教育機会としてはどうなのかという疑問です。

スポーツのプロフェッショナル・チームのマネジメントを学べる学部もありますが、そうした進路への展望に繋がったようには見えません。

高校の教育活動の中核をなす探究活動ですから、その目的は、
  1. 探究の方策(=新たな知を生み出す手法)を学ぶこと
  2. 探究の成果の先に、深く学んでみたいことを発見すること
の2つにあるのではないでしょうか。併せて、"探求活動の目的から考えるテーマ選び"もご高覧いただければ光栄です。




追記: "正解を言って欲しい"と言う生徒には、探究活動に取り組ませることが「答えは他人に与えられるものではなく、自分で作るもの」ということに気づくきっかけになるかもしれません。

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
"探究活動の作法"を学ぶ機会は整っているか
前稿"探究活動の課題〜調べ学習との境界と進路への接点"でも申し上げましたが、調べ学習との違いを十分に認識していなかったり、自らの進路やこれからの学びとの接点が意識されないまま、カッコつきの「探究活動」に取り組んでいる生徒がいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/08 04:35
探究活動を支える土台を築く
新学習指導要領への移行に向けて教育課程の見直しが進む中、探究活動をどうプログラムするかはとりわけ大きな課題です。どれほど意欲的にプログラムを設計しても、指導時間の限りもあって、各教科での学習や進路指導と関連付けなしには十分な効果は得られません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/15 06:08
自ら学び続けられる生徒を育てる
学校を卒業した後、自ら学び続けていける生徒を育てることは、すべての学校のミッションであり、教科固有の知識・技能をきちんと身につけさせることと同等以上に大切なことではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/08/09 05:37
良いものを選んで重点的に〜探究活動の成果発表
探究活動や課題研究の成果発表会では、優れたものをきちんと選び出してスポットライトが当たるように工夫する必要があるのではないでしょうか。後輩たちは先輩の発表を見て参考やヒントにしますので、良いものと悪いものの違いが判るように見せてあげないと、適当にお茶を濁したものをみて「あの程度でOK」という誤解するかも知れません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/06 08:12
探究活動における評価とフィードバック
教科学習指導では、"学習目標は解くべき課題で示す"で書いたように、導入フェイズでターゲット設問を提示しておけば、学び終えてからその問いに立ち戻って答えを仕上げさせることで学習目標の達成を検証すると同時に学びをより確かなものにすることができますが、探究活動や課題研究の場合、同じ手法は使えません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/07 05:35
探究活動、課題研究
1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで 1.3 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」 1.4 総合的な探究の時間 New! 1.5 新テスト対応にも探究活動は土台となる 2 探究型学習がつなぐ各教科の学び(合教科・科目型学力)2.1 探究を軸に教科の学びをつなぐ 2.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 2.3 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問 2.4 探究... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/18 08:00
探究活動を通して養う"ファクトフルネス"
今年1月に「ファクトフルネス〜あなたの“常識”は20年前で止まっている&#8265;」という書籍が日経BPから発刊されました。イントロダクションに掲載された13問のクイズを解いてみて、思い込みを乗り越えデータを基に世界を正しく見る習慣の大切さを改めて思い知らされました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/19 07:00
調べたことの先に〜新たな知と当事者としての関わり
探究活動や課題研究のプログラムを作って導入して生徒に取り組ませるとき、「何を目的とする活動か」という根源の問いに先生方がどのような答えを共有しているかはとても大事なことだと思います。探究活動には様々な役割がありますが、以下の2つは他の活動では代替困難です。既に知られているところの先を解明する(=新たな知を生み出し、より良い社会を作る方法を考える)ための方法を学ぶ機会『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで"探究活動の作法"を学ぶ機会は整っているか具体的なタスクを通して、作法を学ばせる調べ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/11 11:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
探究活動の課題〜調べ学習との境界と進路への接点 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる