現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS その宿題、本当に必要ですか?#INDEX

<<   作成日時 : 2017/10/04 05:59   >>

トラックバック 11 / コメント 0

宿題や課題は、生徒の力を伸ばそうという先生方の気持ちの現れであるため、ときとしてあれもこれもと与えてしまい膨張の一途をたどることもあります。こなしきれない量の宿題は、生徒に「仕上げきることの喜び」を学習する機会を奪う可能性もあります。

与えた宿題・課題は、それ自体がもたらした効果をきちんと測定し、選別していく必要があるのではないでしょうか。


知識の拡張は、生徒の興味や進路希望によって必要となる範囲が異なるはずなのに、最大限の網をかけて全員に課しては効果を上回るリスクを引き寄せます。

また、定着を図ることだけに目を向けてはインプットの不備に気づく機会や学びを深める機能を損ねる可能性もあります。

宿題や課題のタイプ分けを認識した上で、それぞれのバランスを整えることが重要です。

その宿題、本当に必要ですか?(その1)
最大公約数で課題を選定すると…
知識の拡張範囲は進路希望に応じて複線的に
宿題には3つのタイプがある
課題選択の優先順位はCタイプが最上位
参照型教材や単語集は主教材を学びながら使い込ませる


また、卒業までの期間に与える課題の総量が同じであっても、配列や時期、取り組ませ方を工夫するだけでも、無駄を減らし生徒の負担を抑えることも可能です。

カリキュラムのスパイラルを念頭に、どのように重ね塗りや拡張を図るかを念頭に置くべきです。

併せて、与えたものは仕上げさせなければなりません。いかに履行率を高めるかにも十分な意識を向けましょう。

その宿題、本当に必要ですか? (その2)
授業で学んだことを使うタイプの宿題を中心に
無理に機会を作らずとも、他の学習機会が利用できる
最大公約数的な課題付与、学習時間延伸の自己目的化
履行率を高め、仕上げ切らせることを優先する
「やりかけ」の状態を作ることが履行率アップの鍵
仮のアウトプットで理解の確認と記憶の再記銘


これまでに与えてきた宿題や課題のひとつ一つについて、効果を検証してみる必要があるのではないでしょうか。

効果測定には、履行率と所期の目標の達成という二つの観点をきちんと設けることで、作戦ミスと実行ミスの切り分けも容易になります。

これまで課してきた宿題・課題を引き上げることには躊躇もあろうかと思います。与えるものを減らしたことで受験に不利になったらという不安もあるでしょう。

しかしながら、ある時期に与える課題が過度に膨らめば、仕上げ切れない生徒が増えて、次に進んだ時のレディネスが整わなくなります。

だからこそ、精選が必要であり、一つひとつの宿題・課題に期待できる効果を確かめなくてはなりません。

生徒の学力(結果学力、学習意欲、学習方策)の向上に確実な効果のあるものに絞り込むことで、個々の生徒が自分の進路希望の実現に必要な学びに十分な時間とエネルギーを投じる余地が残せるはずです。

その宿題、本当に必要ですか? (その3)
宿題・課題の履行状態×目標の達成状態
同じ課題を与えても事前指導によって結果は違う
作戦ミスと実行ミスの切り分けを
やらせたことはきちんと効果を測る
知識の拡充と定着を図る課題でも
やらせる以上、最も効果の上がる方法を選ぶ


以下は、このシリーズの中で言及した関連記事です。お時間の許すことがあれば、是非ともご高覧いただきたく存じます。
  1. 荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない
  2. 副教材、こなしきれていますか?
  3. 教科間で行う、課題量の把握と調整
  4. 参照型教材を徹底して使い倒す
  5. やりきらずに放置してきたことを仕上げさせる<./a>
  6. 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場
  7. 知識をどこまで拡張するかは個々のニーズに合わせて
  8. 認知の網の広げ方〜5教科7科目をきちんと学ぶ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
予習・復習、課題のあり方
1 予習・復習で何をさせるか1.0 予習・復習で何をさせるか(序) 1.1 予習・復習で何をさせるか(その1) 1.2 予習・復習で何をさせるか(その2) 1.3 予習・復習で何をさせるか(その3) 1.4 予習・復習で何をさせるか(その4) 2 与えるべき課題はどんなもの2.0 与えるべき課題はどんなもの(序) 2.1 与えるべき課題はどんなもの?(その1) 2.2 与えるべき課題はどんなもの?(その2) 2.3 与えるべき課題はどんなもの?(その3) 3 過去問演... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/04 06:03
その宿題、本当に必要ですか?(その1)
先生の多忙も広く認知された社会問題になっていますが、生徒の忙しさもかなりのところまで来ているように感じます。「荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない」でも触れたように、副教材や授業外課題が大きく膨らんでいることも一因ではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/04 06:52
その宿題、本当に必要ですか? (その2)
宿題や課題を通して、授業で学んだことを課題解決に使ってみることは、インプットの不備を検知したり、達成感を原資とする次に向けたモチベーションを高めたりする効果に加え、課題に答えを導こうとする中で学習したことの再記銘も図れるため、知識の定着にも有効です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/04 06:53
その宿題、本当に必要ですか? (その3)
与えている宿題・課題の一つひとつについて、履行を通じて達成すべき目標状態(=やらせる目的)があるはずですが、その目的はどのくらい達成できているでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/04 06:53
業務の無駄を省く〜現場レベルで可能なコストカット
先生方の多忙はもはや限度を超えており、業務の効率化は先送りできない課題の一つです。構造的な問題は現場の力だけでは解決できませんが、制度的な改革をただ待つわけにもいきません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/20 08:04
小テストをもっと効果的に #INDEX
授業で学んだことをしっかり定着させることを意図して行う小テスト。授業で習って、復習で覚えて、テスト用紙に再現してと、最低3回は対象知識への接触機会を持てますので、再記銘により記憶が保持されやすくなります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/05 06:12
副教材、こなしきれていますか?
生徒の進路希望を叶えることに熱心なほど、副教材が「これでもか!」 というぐらいに膨らんでいく傾向があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/09 07:24
参照型教材を徹底して使い倒す#INDEX
知識の拡充に先走らず、教科書ベースで理解の軸をじっくり作りつつ、参照型教材を導入期から常に手元に置かせ頻繁に参照させることで必要な知識もがっちり固めて行きましょう。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/12 07:18
知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その4)
前稿では、問い掛けを重ねつつ黒板上に情報を構造づけていくことで情報整理のプロセスを学ばせることをご提案いたしました。これにより、知識の断片化や丸暗記に偏るリスクはかなりのところまで解消できるはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/30 06:57
予習・復習で何をさせるか #INDEX
予習は、授業準備を通じて前回までの授業で学ばせたことを実地に練習させる機会です。せっかく学び方や取り組み方を学ばせたのに生徒自身に行わせず、先生が肩代わりしてしまっては、生徒はその方法に習熟する機会を得られません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/23 06:08
間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか
年度末を迎えて、そろそろ来年度の授業の進め方を具体的にイメージし始める時期でしょうか。使用教材などは既に決まっていると思いますので、ここから先の検討は「それらをどう使うか」に絞られますが、その中でもちょっと立ち止まって考えてみたいことは、小テストの不合格者や定期考査の成績不振者への事後指導をどう行うかです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/12 07:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
その宿題、本当に必要ですか?#INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる