現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語は手段科目:学びの重ね塗りで運用力の向上を

<<   作成日時 : 2017/11/16 05:38   >>

トラックバック 4 / コメント 0

英語はこれまでのところ、国語や数学、理科、社会と同等のポジションを与えられており、英語という教科(正確には科目)の力を身につけること自体が目的とされてきたように思います。

しかしながら、これから先の時代では「英語は様々な事柄を扱うときに情報のインプット/アウトプットを担う道具・手段に過ぎない」という捉え方が主流になっていくのではないでしょうか。

そういえば、「英語で飯を食う」という言い回しを見聞きすることも減りました。これは、英語が目的科目としての地位を失い、手段科目へと立場を移してきていることを示す一例かもしれません。


❏ 手段だからこそ高い運用力が求められる

目的科目から手段科目に変わると言っても、英語学習に投じるべきエネルギーがこれまでより少なくて良いとか、目指すレベルを下げて良いということではありません。

むしろ、より高い次元での運用力が求められるようになります。

読むこと、聴くことだけを考えてみても、現状で要求される水準で良しとするわけにはいかないのは明らかです。

センター試験の英語では、130wpmの読解速度を獲得していれば、設問をじっくり考えながら完答できますし、主要な英語検定のリスニングでは150〜160wpm程度でしょう。

一方、ネイティブの読解速度は平均で400〜500wpmともいわれ、最も遅い人でも200wpmだそうです。

研究開発大学に進んで専門分野を学ぼうとしたとき、同じ論文を読むのに相手の3分の1のスピードでは勝負になりませんよね。

どんどん新しい知見を得て先に進む相手の背中が、遠くなっていくのをただ見送るばかりになりそうです。


❏ 学んだことを意識下で使えるようになるまで繰り返す

運用力を高めようと思ったら、学んだことを「意識下」で使えるようになるまで刷り込む必要があります。大工さんが、道具の使い方をいちいち調べたり確認したりしていたら仕事にならないのと同じです。

きちんと理解させたことを、様々な形で幾度も使わせ、きっちりと「自分のもの」にさせることにこれまで以上の注力が必要です。

本文に含まれている言語材料に繰り返し触れさせる最善の方法のひとつは何度も本文を読ませることです。

CDを聞かせながら本文を黙読する、重ね読みをする、シャドウイングさせるなどの、リスニングとセットにした活動も徹底したいところ。

ペア読みを行わせながら、徐々になるべく教科書を見ないようにさせていく、暗唱の前段階に相当する練習も良いと思います。

また、本文内容についての問いを立てさせる活動に取り組ませると、ポイントになる箇所を探すことに夢中になるうちに、意識せずに幾度も本文を読ませることができます。


❏ いっぺんに厚塗りするより、間をあけて重ね塗り

様々な活動と組み合わせながら本文を何度も読ませると言っても、間を空けずいっぺんに厚塗りするのは得策ではありません。

適当な間隔を空けて重ね塗りしたほうが、休止期間を置くことで整理が進むこともあれば、保持されなくなりつつある記憶の再記銘を図ることにも繋がり、結果的に学習効果は高まります。

授業の冒頭で前日の復習を兼ねたディクテーションを課した上で、ペアでの音読をさせることを始業のルーチンとしたクラスでは、定期考査の平均点でも他のクラスを凌駕する成績を得ていました。

単元のまとめなどで、そこまでに学んだ範囲を読み返して問いを立てるという課題に取り組ませるのも、学んで理解したことの重ね塗りを図る有効な手立てです。

教科書を3レッスンほど遡っての暗唱やシャドウイングに取り組ませているケースでは模試成績にも顕著な向上が見られました。

重ね塗りによる刷り込みは、学力を確実に高めるとともに、学ばせたことを自在に使える道具にさせるためにも欠かせないものとお考えいただく必要があります。


❏ 英語がうまくても、思考にオリジナリティがなければ…

英語の運用力をこれまで以上に引き上げることの必要性と、そのための「学びの重ね塗り」の重要性は上記の通りですが、それだけでは結局のところ、英語学習を自己目的化していることになります。

海外研修を経験してきた生徒が口にするように、英語が十分に使いこなせプレゼンテーションが上手にできたとしても、伝えることにオリジナリティがなければ相手は耳を貸してくれません。

読んだり聞いたりして理解したことをもとに思考して、自分なりのアイデアや意見を構築できるかどうかが問われます。

その場で得た情報を、他所で手に入れた知識やこれまでの経験で蓄積した気づきと結び付けて、組み直してみたり、新たな方法で捉え直してみたりすることが求められます。

英語を学ばせるときの活動にも、こうした要素を持たせる必要があるのではないでしょうか。

読解問題やリスニング問題で、内容理解や正誤判定に正解できるだけでは、オリジナリティのあるアイデアを生み出す力を身につけたことにはなりません。


❏ 内容把握や正誤判定問題だけでは限界がある

読ませたり聞かせたりしたことを理解させることは、言うならばスターティングブロックに足をかけさせる段階であり、生徒が自ら考えて解を導くべき問いや課題を与えて考えさせてようやく「用意、ドン」です。

生徒に英文の理解に挑ませるときは、そこで得た理解を元に考えて、自ら解を導くべき問いや課題を用意することが、英語の学び方に正しい方向を示す上で欠かせません。

ここで養った力をより広範に活かせるようにするには、教科・科目の枠を超えたところに「英語を使う場面」を設ける必要もあるはずです。

総合的な学習の時間や探究活動、課題研究などにおいても、先行研究の調査などのインプットや、論文のサマリーを書いたりプレゼンテーションを行ったりするときのアウトプットに、英語を使わせるような設計にしたいものです。


❏ 追記: 選択する進路を想定した学ばせ方

生徒が将来どんな場面で英語を使う必要が生じるかは、進路によっても変わるような気がします。

研究開発大学に進学して、学問・研究に取り組みイノベーションを起こそうと考えるなら、先行研究を調べたり、自分の研究成果を発表したりする論文の読み書きは当然として、研究者間のコラボも求められます。

グローバル社会でのビジネスや活動に関わりたいと思うなら、立場や考え方のことなる相手との交渉や連携・協働の場面が思い浮かびます。

地域コミュニティを支え、発展させていくにも、社会の多国籍化が進むことを鑑みれば、相互の理解と共感を得るための言葉が必要です。

人工知能の発展で、異言語間の記号変換は遠からず機械が代行してくれそうですが、多様な価値に触れ、異文化で育った人を理解する手段としての外国語学習の価値はむしろ重要性を増すと考えます。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
英語4技能と大学入試対策
高大接続改革で否が応でも注目を集める2020年以降の大学入試では、思考力・判断力・表現力がさらに高い次元で求められます。学ぶべきものは減らさず、その中で主体的、対話的な深い学びを実現するという方針は2016年に打ち出された"教育の強靭化に向けて"で示された通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/17 05:46
復習は間隔をおいた"重ね塗り"で(その2)
授業で形成した理解や獲得させた知識の定着を図りたいなら、間隔を空けて薄く幾重にも重ね塗りしていくことが大切です。前稿では、授業を終えるとき〜ターゲット設問やチェックリストの利用その日の自宅学習〜答案の仕上げ次回の授業冒頭〜持ち寄った答案の吟味という3回目までの再記銘(+理解の深化、学びの拡張)に触れましたが、本日は、もう少し間隔の大きなサイクルでの再記銘(重ね塗り)を考えます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/22 07:13
カリキュラム・年間指導計画
1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 1.5 シラバスを熟読・活用することには効果あり 1.6 評価規準は使いながらブラッシュアップ 1.7 マトリクス点検で指導主眼を適正配置 #INDEX 2 教科学習指導... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/22 11:33
英語の授業での学習目標
英語に限ったことではありませんが、学びを通じて目指すべき到達状態をしっかり認識させることは、学びの成果を実感させるためにとても重要なことです。4技能(聞く、話す、読む、書く)のバランスはもちろん大切ですが、ひとつの授業に沢山の活動を盛り込むだけでは、個々の活動の目的がはっきりしなくなり、結果的に生徒が学びの成果を実感しにい状態を作ってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/04 06:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
英語は手段科目:学びの重ね塗りで運用力の向上を 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる