現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 集計結果をどう読み、改善に活かすか

<<   作成日時 : 2017/12/21 05:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

授業改善を着実に進めるには、" 効果測定、成果検証"を重ねながら、データに基づく課題形成が欠かせません。

"正しい活用と質問設計"の必要性は言うまでもなく、様々な学校での集計結果を解析してわかっきたことを知見として採り込み、自校/自教科での授業改善にどこまで利用できるかも問われます。

これらに加えて、「集計結果をどう読み、改善に活かすか」も大きな課題です。集計表に出てきた数字の大小だけでは、改善課題の形成も、戦略的かつ効果的な改善行動の立案にも繋がりません。

昨日までの記事を追加して、ジャンル別記事インデックス"生徒による授業評価"を更新しました。お時間の許すときに是非ともご高覧下さい。


■ 新しく追加した記事:
  1. 授業評価の結果を改善に活かす思考フロー

  2. 散布図中の位置から改善課題の所在を探る

  3. ボトルネックを探すときは順序を間違えない


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一




月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
集計結果をどう読み、改善に活かすか 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる