現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 進歩を止めさせない自己評価の在り方

<<   作成日時 : 2018/02/14 06:00   >>

トラックバック 2 / コメント 0

生徒にスピーチをさせたり、グループでまとめた意見を発表させたりするとき、エバリュエーションシートを用意して生徒自身にあるいは相互に評価をさせていると思います。

自分の答案や意見を客観的に評価する力は、思考の欠落、論証の不足、表現の不備などの改善課題に自ら気づき、次の機会により良いものを目指すための土台を作ります。

先生が評価をつけて、その結果を生徒が受け止めるだけでは、生徒自身による評価の力が養えません。

生徒自身にも評価を行わせ、その力を養っていくことこそが大切です。


❏ 評価をさせても、評価スキルを獲得しているとは限らない

さて、自己評価/相互評価を重ねながら、生徒はきちんと評価を行えるようになってきているでしょうか。

いつまでたっても、友達の発表に曖昧な肯定的評価しか付けられず、評価の理由や根拠を言葉にできないようであれば、評価の力を身につけていないということです。

悪いところを挙げるだけではなく、良さについても何故良いと評価し得るのかを言語化できてこそ、自分の次のチャレンジに方向付けができるはずですよね。

確かに、評価シートを手元に置いて、採点しながら他の生徒の発言を訊いていれば、「耳を傾ける」という姿勢は作れるでしょう。

しかしながら、それだけでは答案や意見を客観的に評価し、より良いものを目指す課題を見つける力の獲得という目標には近づけません。


❏ 評価シートのバージョンアップに生徒も参画させる

正しい評価を行うには、評価の観点と、観点毎に定めた評価規準とが必要なのは言うまでもありません。

たいていの場合、エバリュエーションシートは先生が用意して、生徒はそれを利用していると思いますが、お仕着せのシートを使い続けても、どこかで成長が止まりそうな気がします。

生徒が評価という活動に慣れて、そのシートをある程度しっかり使いこなせるようになったら、シート自体のブラッシュアップ/バージョンアップを図る必要もあろうかと思います。

互いの発表を沢山見てきて、先生や同級生のコメントに触れるたびに、生徒は「新たに加えるべき観点や規準」を見出しているはずです。

そうした発見がなかったとしたら、それこそ評価活動そのものが無駄だったということです。

定期考査を挟んだり、次の単元に進んだりするときに、生徒自身の手で、シートに加筆させてみては如何でしょうか。

どんな観点と規準を新たに加えたか、クラス内で共有すれば、次の活動に取り組むときの方向付け(オリエンテーション)にもなるはずです。


❏ 満点評価を与えても、さらにその先をイメージさせる

観点ごとに設ける目標状態に対して、それを満たしていればA評価、目標未達ながら近いとことまで来ているならB評価、まだ遠いときにC評価とするのが普通です。

A〜Cの各段階がどのような状態かを明示する規準を書き上げ、それらをすべての観点で完成させたのが、いわゆるルーブリックの形です。

この上に「目標状態を超えている」ことを意味するS評価を設けることで、その時点での目標を達成してもさらに上を目指す、更なる完成度のアップに向けた方向をイメージさせることに繋がります。

生徒が相互評価をするとき、ちょっとましな発表にはみんなが5段階の5をつけてしまっては、その先どうすればより良くなるのかイメージしてみる機会にならないことがあります。

A評価を与えた場合は、「ここまでは完璧!」と肯定した上で、S評価になるのにどんなアプローチがあり得るかを考えさせることが、生徒のさらなる成長を促すことになるのではないでしょうか。

その時点でのパフォーマンスとしては文句のないレベルだからA評価としつつも、それとは切り分けて、その先を目指す視点と発想を膨らませていくことが大切だと思います。


ご参考記事:

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
評価スキルの獲得とメタ認知の向上
高校教育でも高大接続でも、当然ながらその先の大学教育や社会生活でも、思考力・判断力・表現力が今後ますます重視されていくことには間違いなさそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/19 06:14
理解確認/学びの振り返り
1 理解度の確認〜場面と方法1.0 理解度の確認〜場面と方法(序) 1.1 理解度の確認〜場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認〜場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認〜場面と方法(その3) 1.4 理解度の確認〜場面と方法(その4) 1.5 既習内容の確認は、問い掛けで 2 振り返りのためのアウトプット2.0 振り返りのためのアウトプット(序) 2.1 振り返りのためのアウトプット(その1) 2.2 振り返りのためのアウトプット(その2) 3 活動させて「... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/19 06:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
進歩を止めさせない自己評価の在り方 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる