論述問題対策の前段階~要約の練習(前編)

高大接続改革では、「読んで理解したことを元に、思考した結果を表現する力」がこれまで以上に大きく試されます。

カッコ内の後段にある「自分の考えに展開させる」も大事ですが、それ以前に、(自力で)読んだり聞いたりして理解したことをきちんと消化して自分の言葉にまとめられないことには話になりません。


❏ 意見論述や協働での課題解決の土台を作る要約力

オリジナリティがなければどんなプレゼンも相手の心を掴まないでしょうが、聞き手(ときには採点者)との間で、前提となる理解を共有していることが大前提。

この前提が成り立っていることを示さないと、相手は「勝手なことを好きに話しているだけ」と考えてしまうのではないでしょうか。

関連することがらも含めて、様々な情報を素早く読み取り、簡潔にまとめられるかが問われる中、試験会場で与えられたごく限られた資料に含まれる情報ぐらいは、ぱぱっとまとめて見せたいところです。

ディベートにしても、まずは相手の意見をしっかり受け止めなければ、効果的な返しなどできるはずもありませんよね。

大学入試問題に限ったことではありませんが、効果的で説得力のある意見を述べようとするなら、まずは資料の内容/相手の話をきちんと要約できる力は身につけておきたいところです。


❏ 要約力は国語や英語以外の教科・科目でも

読んで理解したことを自分の言葉で簡潔にまとめ直す力は、国語や英語などの言語系教科だけで作り上げるものではありません。

教科書に書かれたことを自力で読ませ、理解したことをプレゼンさせようと思えば、どの教科・科目でもそのチャンスはありますよね。

地歴公民や理科、家庭科や保健でも同じことができます。数学では式や図などの非言語的手段を用いることになりますが、理解したことを表現するという意味では同じだと思います。

場合によっては、問いを立てて焦点化すべきポイントを絞ってあげないと、ただのポイント列記になってしまうかもしれませんが、やりようはいくらでもありそうです。

 ■ 生徒に問いを立てさせる

参照型教材(参考書)の説明を読んで、そこで理解したことを他者(ペアの相手など)に伝えることなら、どの教科でも日常的に行われているはずですが、これも見方を変えれば要約の一種です。

情報を素早く且つ的確に拾い上げ、ポイントを押さえて簡潔にまとめる力は、生徒が社会に出た後、職業生活においても大切です。


❏ 要約力を高めることへの意識は考査問題で作る

話が膨らみ過ぎましたので、元に戻すことにしますが、要約力を高めようと思えば、考査問題でも初見の問題を用いた要約問題をしっかりと出題し続けることが大切です。

生徒は考査問題に合わせて学習のスタイルを作ります。

いくら授業中に要約の練習をさせても、考査での出題がなかったり扱いが軽すぎたりしては、学びの方向付けが弱くなります。

3ヵ年/6ヵ年を通した指導計画の中に、定期考査の中で、どのくらいの割合(配点)で、要約問題や意見論述問題を課すかは、きちんと明示しておきたいところです。


❏ 求められるのはコンピテンシーモデルへの転換

教科書で既に学んだ文章を元に問題を起こしても、「本文内容を正しく理解する力」が身についているかどうかは測れませんよね。

「読んで理解する」という最初のステップをきちんとこなせる力が身についたかは、初見の文章・資料でない限り試しようがありません。

ましてや、授業内で要約を完成させていたら、先生が示した模範例や添削してもらった結果を覚えるだけです。

如上のテストで測っているのは、何を勉強してきたか(≒覚えているか)に過ぎません。勤勉さと努力は評価できたとしても、学力を測定したことにはならないはずです。

これからの時代で求められるのは、何ができるようになっているかというコンピテンシー・モデルでの学力です。

 ■ 考査問題に使う初見材料をどこから調達するか
 ■ 高大接続改革に備えて考査問題も新しいスタイルに

その2に続く。

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 論述問題対策の前段階~要約の練習(後編)

    Excerpt: 答えが一つに決まらない問題や、多量の文章や資料を読ませてそこで理解したことを元に思考させ、その結果を論述させる問題が増えてくるとなると、その前段階である要約の力はしっかり養っておきたいところ。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-02-16 07:54
  • 評価スキルの獲得とメタ認知の向上

    Excerpt: 高校教育でも高大接続でも、当然ながらその先の大学教育や社会生活でも、思考力・判断力・表現力が今後ますます重視されていくことには間違いなさそうです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-02-19 06:14
  • 思考力と表現力を養うには

    Excerpt: 1 学力の三要素、高大接続改革に向けて1.1 学力の三要素とは~もう一度考えてみました 1.2 高大接続改革に向けて今できる準備 1.3 高大接続改革に向けて今できる準備(その2) 1.4 評価.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-19 06:15