現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 生徒は学び方をどこまで身につけているか

<<   作成日時 : 2018/02/22 07:22   >>

トラックバック 4 / コメント 0

練り上げた指導計画に沿って、生徒に課題を与えてやらせていくとき、その課題をこなすだけのレディネスが生徒に備わっているか、しっかり確認しておくことが大切です。

すでにできるようになっていることまで不用意に肩代わりしないようにしたいもの。できることはどんどんやらせる〜生徒の邪魔をしないことは指導を行う上での鉄則です。

しかしながら、生徒がやり方をどこまで理解しているかも確かめずに、ただやらせているだけでは、すべての生徒が正しいやり方を身につけてくれるとは限りません。

最小限のガイド、やり方を学ぶ入り口はきちんと用意しましょう。


❏ 例えば、辞書の使い方ひとつをとっても

英語の授業では、「本文を読んで、わからない単語は辞書で調べておくこと」という予習の指示に生徒はどこまで対応できているでしょうか。

実際の教室で授業を参観させていただいていると、生徒の様子や予習してきたノートを観て、「あれっ?」と思うことが少なくありません。

予習してきた箇所に、She completely took me in with her story.というセンテンスがあったとしましょう。

in の後ろに目的語となる名詞句がないことから、in は前置詞ではなく副詞だと判断するところで躓き、句動詞 take in の目的語が代名詞 me という構造を把握できないでいる生徒もいます。

また句動詞であることを見抜いても、辞書に並ぶ様々な訳語から正しいものを選べないケースもしばしばです。

「文脈からこの訳語だね」と言われても、文脈とは何かを学ばせていなければ、生徒は訳語を選ぶのに直観以外に頼れるものを持ちません。

文法知識とそれに基づく構造把握を学ばせつつ、教室の中で一緒に辞書を開いてその使い方を学ぶ機会がこれまでになかったせいでしょう。


❏ 生徒が自力で学ぶのに必要なことを学ばせる

こうした訳語選択までのプロセスを認識させないまま、「その文脈で選ぶべき訳語」を教えるだけでは、いつまでたっても辞書を使って文意を理解する力は養えませんよね。

繰り返しになりますが、生徒が自力でできるようにさせなければならないことは、どんどんやらせるべきです。

でも、最初の段階ではきちんと手引きをして、徐々に手放すという段階を踏まなければ、限られた指導時間で十分な成果は得られません。

高校卒業後に英語学習を離れて、文献を読み、必要な情報を得るという「次のステージでの学びの土台」を作ることこそが指導目標。

3年間/6年間の指導で目指すべきは、「自力で学べる生徒を育てること」ではないでしょうか。


❏ 正解を示してしまう前が勝負

話を元に戻しますが、予習プリントに新出語句リストを載せて、穴埋めさせてきて、その答え合わせをしている光景もよく見かけます。

生徒は、先生が提示した「正解」をプリントに書き込んでいますが、そこで辞書の引き方はひとつも学んでいません。

どうやって調べたのか、言葉にさせてみるだけでも辞書の引き方が身についているか想像がつくはずです。ときには初見英文を提示して辞書で調べさせて見れば、より正確な把握ができます。

その時の様子を観察しておき、間違った調べ方をしている生徒の姿から「現時点で生徒は何ができないか」を把握することは、必要な指導を特定する上で欠かせないものだと思います。

 ■ 「正解ありき」で教えていないか?


❏ 新しい生徒を教室に迎え入れたら

予習に「本文を読んでわからない単語は調べてくる」というタスクを課したいのであれば、まずは、生徒がどうやって辞書を引いたか観察してみる機会を持つべきです。

どこまで辞書を引けるようになっているのか、正しい訳語に行き当たるまでのプロセスのどこで躓いているのか、確かめてみないことには、その後の指導も設計できません。

特に4月には、これまで教えていなかった生徒が教室に顔を並べます。

入試で学力は確かめていますが、中学でどのような勉強をしてきたか、どんな学び方を身につけているかは、想像してみても正確なところはわかりません。

授業開きから暫くのあいだは、「やらせてみて観察する」ということに力点を置き、年度末までに作った指導計画にどんな修正が必要か、できるだけ早いタイミングで判断ができるようにしましょう。


 ■ 授業開き/オリエンテーション
 ■ 学び方そのものを学ばせる


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カリキュラム・年間指導計画
1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 1.5 シラバスを熟読・活用することには効果あり 1.6 評価規準は使いながらブラッシュアップ 1.7 マトリクス点検で指導主眼を適正配置 #INDEX 2 教科学習指導... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/23 06:08
新年度を迎える準備(記事まとめ)
先日は当地でもなごり雪(というには少々風情にかける荒っぽさ…)が降りましたが、いよいよ3月も下旬です。当オフィスのブログでも新学期準備に関する記事を起こして参りましたが、未整理のままにした記事をジャンル別記事インデックスにまとめ直してみました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/23 05:46
苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる
授業を受ける中で「学力や技能の向上」「自分の成長や進歩」を実感できている生徒は、高い確率でその科目に新たな興味や関心を見出していくというデータがあります。逆に、伸びている実感が得られなければ、その科目を学び続ける意欲を維持するのは容易ではありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/02 08:38
学年・校種間の指導を繋ぐ
1 学年・校種の指導を正しく繋ぐ Updated!1.0 学年・校種の指導を正しく繋ぐ 1.1 同じ教材で同じように教えているのに… 1.2 前年度の指導に起因する学習指導上の課題 1.3 生徒は何ができるか〜指導計画立案の前に確認 New! 1.4 生徒は学び方をどこまで身につけているか 1.4 教え方と学び方のマッチング 1.5 中高一貫校での中高/前後期接続 2 異校種間での指導を繋ぐヒント2.1 総合的な探究の時間 (横断型・体験型から探究型への移行) 2.2 ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/01/25 04:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
生徒は学び方をどこまで身につけているか 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる