現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS "探究活動の作法"を学ぶ機会は整っているか

<<   作成日時 : 2018/06/08 04:25   >>

トラックバック 10 / コメント 0

前稿"探究活動の課題〜調べ学習との境界と進路への接点"でも申し上げましたが、調べ学習との違いを十分に認識していなかったり、自らの進路やこれからの学びとの接点が意識されないまま、カッコつきの「探究活動」に取り組んでいる生徒がいます。

ひとつには、探究活動の進め方や守るべき「作法」を学ぶ機会がなかったことが原因かもしれません。


❏ 探究の方法を常時参照できる副教材を持たせる

限られた指導時間で、探究の手法を授業スタイルで体系的に学ばせるのは極めて困難ですが、それらをまとめた参考書を持たせ、必要に応じて参照させることなら十分に可能です。

探究の方法を体系的に学ばせるのに週に一コマ程度を当てたところで、表面をなぞるのが精いっぱい。生徒もそこで学んだことを応用するには至らないのではないでしょうか。

それぐらいなら、実際の探究活動を進めながら場面ごとの必要に応じて参照させた方が「知識を使いながら覚える」ことに繋がり効率的です。

探究活動でも参照型の副教材を持たせておけば、指導に当たる先生方の間でも指導上のポイントを共有でき、目線を合わせた指導が行いやすくなりますし、生徒に個別指導を行うときも、書籍の該当箇所を参照しながら行えるので指導の意図が生徒によく伝わるはずです。


❏ フェイズをひとつ通過するたびに次の章を通読させる

頻繁に参照しなさいと推奨するだけでは、生徒が積極的にページを開いてくれるとは思えません。探究活動が次のフェイズに進むときに、一章ずつ通読させて「何がどこに書いてあるか」を把握させましょう。

授業スタイルで先生が解説しながらひとつひとつ理解させる必要はありませんし、そんな時間もないはずです。

生徒には「テクストを読んで理解し、必要に応じて適応する力」を身につけてもらわなければなりませんから、自力で読ませるのが正解です。

わからなければ聞きに来れば良い話ですし、友達同士でも教え合えます。わかっているかどうかは生徒が実際に進めている探究の様子を観察すれば把握できるはずです。


❏ 先輩が残した論文をモデル/反面教師に実践練習

探究活動の参考書で理論を学ばせても、実例の中で探究の方法の適否を具体的に確認しないことには腑に落ちないものが多いはずです。

生徒本人の探究活動に逐次修正助言をしてあげるのが一番でしょうが、ただでさえ忙しい生徒に「振り出しに戻る」ようなやり直しは酷です。

過年度の生徒が残した論文を教材に、「サンプル数の不足」「論理の飛躍」といった問題点を具体的に学ばせる機会を設けるべきです。

前段の「通読」を課す前後で、先輩の論文から問題を含む箇所をコピーして配り、「この論文のどこが問題なのか」を探させ、その理由を参考書での記述に準じて言語化させてみては如何でしょうか。

良さ悪さを言語化できることは、自分のやっていることを客体化する土台であるのは、表現力を高める指導と通じるものがあります。


❏ 図書室には探究方策に関する蔵書を揃えておく

探究活動についての参照型の副教材を持たせたとしても、もっと詳しく具体的なところまで調べたいという欲求に応えるには、図書室の蔵書を整備・充実させておく必要があります。

生徒に購入させられるのは、価格や持ち運びの利便からコンパクトなものになりがちで、記述に往々にして不足があります。

調査を行うときの留意点、実験の方法、データのとり方、統計処理の実例など、探究活動を進めていく上で必要な事柄のそれぞれを深く扱った書籍は図書室に揃えておきましょう。

生徒に買わせた副教材に紹介されている「参考文献」から、蔵書の候補をピックアップしても良いかもしれません。


❏ 論文集には「講評」も添えて、図書室に並べる

過年度生が残した論文は、後輩学年にとって探究の進め方、論文の書き方を学ぶ絶好の教材ですので図書室に何冊かずつ揃えておきましょう。

ただし、多くの学校で作成している論文集を見ると、単に提出された論文が集められているだけであり、成果発表会での講評者のコメントが参照できる作りにはなっていません。

成果発表会に選出された論文を抽出して講評を添えた「代表論文集」を編む必要はないでしょうか。

講評者は、研究が見落としていたことや別のアプローチの可能性、結論の中に残った「答えるべき問い」などを示唆したはずです。それを伝えなくして、学校の探究活動の発展的継続はあり得ません。

先輩の発見や残した問いを起点に探究のテーマを選んでいる事例はあまり見かけない理由もこの辺りにありそうです。


❏ ポスターセッションのパネル掲示に年度勝ち残り方式

ポスターセッション用につくったパネルを通年で掲示している学校は少なくありませんが、多くの場合、年度ごとにパネルを直近年度のものに入れ替えてしまいます。

年度をまたいだ「勝ち残り」形式にしてみてはいかがでしょうか。

先輩たちの実績を踏み越えなければ掲示されませんから、通年掲示という栄誉を得るためのハードルはぐんと高くなりますが、その分だけ後輩たちに伝えるものとしての価値は上がります。

なぜそのポスターが勝ち残ったのか、選考理由をポスターに添えておけば、後輩学年の生徒たちに探究に取り組むときの指針も示せます。

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一



学びの技 (YOUNG ADULT ACADEMIC SERIES)
玉川大学出版部
後藤芳文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学びの技 (YOUNG ADULT ACADEMIC SERIES) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
探究活動の充実には図書館との連携が不可欠
探究型学習を学校の教育活動の軸に据えようとするなら、図書室との連携は欠かせません。ここ数年、学校を訪ねるとき、図書室を覗かせていただくようにしていますが、自習室としての使用がメインになっているせいか、蔵書群に学校の教育目標や特徴的な教育活動との関りを見出せるケースばかりではないように見受けられます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/11 06:55
教科学習指導と探究活動の重ね合わせ
探究活動にしっかり取り組ませるには様々な土台が必要です。探究の方策を学ばせる機会も作らなければなりませんし、「読んで理解したことを元に考える力」や「質問を立てる力」も育まなければなりません。これらを探究活動にあてた僅かな指導時間で完結させるのは困難です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/14 07:49
探究活動を支える土台を築く
新学習指導要領への移行に向けて教育課程の見直しが進む中、探究活動をどうプログラムするかはとりわけ大きな課題です。どれほど意欲的にプログラムを設計しても、指導時間の限りもあって、各教科での学習や進路指導と関連付けなしには十分な効果は得られません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/15 06:08
探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか
課題研究などの探究型学習に限りませんが、何かに取り組ませたら、きちんと評価をする必要があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/23 05:45
探究活動における評価とフィードバック
教科学習指導では、"学習目標は解くべき課題で示す"で書いたように、導入フェイズでターゲット設問を提示しておけば、学び終えてからその問いに立ち戻って答えを仕上げさせることで学習目標の達成を検証すると同時に学びをより確かなものにすることができますが、探究活動や課題研究の場合、同じ手法は使えません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/07 05:35
総合的な探究の時間
中教審のワーキンググループが、高校の「総合的な学習の時間」の名称を「総合的な探究の時間」に変更する案をまとめたとの報道があったのは2016年6月17日のことでした。その後、2018年7月公示の学習指導要領解説でその具体的な内容が明らかになりました。新旧課程比較対照表「総合的な探究の時間」新学習指導要領解説「総合的な探究の時間」今回の改訂では、科目の名称が変更されただけではなく、古典探究や地理探究、日本史探究、世界史探究、理数探究基礎及び理数探究といった科目も新設されており、まさに「探究」の... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/11 07:35
具体的なタスクを通して、作法を学ばせる(探究活動)
探究活動や課題研究の成果発表会を拝見していると、興味を掘り下げ、リサーチクエスチョンを立て、答えを導いたのちに自分の生き方・あり方まで踏み込めているものもあれば、先行研究を拾い上げ、繋ぎ合わせただけのものも見られます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/17 08:35
探究活動、課題研究
1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで 1.3 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」 1.4 総合的な探究の時間 New! 1.5 新テスト対応にも探究活動は土台となる 2 探究型学習がつなぐ各教科の学び(合教科・科目型学力)2.1 探究を軸に教科の学びをつなぐ 2.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 2.3 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問 2.4 探究... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/18 07:59
選定理由の言語化を〜探究活動の成果発表会
探究活動や課題研究には代表者による成果発表がつきものですが、代表者や発表作品を選定した理由はきちんと言語化してレジュメや作品に添えて表示したいものです。発表や作品に触れた生徒に「なぜ選定されたのか」を知らしめることは、探究活動の目指すべきあり方を示すことに外ならず、それ自体が生徒に対するとても重要な指導だと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/18 07:11
調べたことの先に〜新たな知と当事者としての関わり
探究活動や課題研究のプログラムを作って導入して生徒に取り組ませるとき、「何を目的とする活動か」という根源の問いに先生方がどのような答えを共有しているかはとても大事なことだと思います。探究活動には様々な役割がありますが、以下の2つは他の活動では代替困難です。既に知られているところの先を解明する(=新たな知を生み出し、より良い社会を作る方法を考える)ための方法を学ぶ機会『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで"探究活動の作法"を学ぶ機会は整っているか具体的なタスクを通して、作法を学ばせる調べ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/11 11:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
"探究活動の作法"を学ぶ機会は整っているか 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる