現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 学習目標は解くべき課題で示す

<<   作成日時 : 2018/06/28 07:22   >>

トラックバック 14 / コメント 0

日々の授業で学習目標を明示することはとても大切であり、実際の教室を覗いてみても、目標をきちんと示そうとする先生方の姿も以前より多く見かけるようになったように感じますが、従来の発想のまま、形式を整えるだけの目標提示に終始している授業も少なくありません。

単元名や指導案に書くような(=教員同士でしか了解し合えない)文言を板書しているだけの授業も割とよく見かけます。

生徒はそんなもんかと思っているのか、不満を表明するわけでもなく、黙ってノートに写していますが、果たして「本時の学習を通じて達成すべきこと」を正しく理解するのに役立っているのでしょうか。


❏ 生徒の目標=習ったことを使って課題を解決すること

指導案などでの「教える側にとっての指導目標」は、"○○について理解させる"という形で表現されることが多いようですが、これは生徒にとっての学習目標とは違うのではないでしょうか。

生徒は、新しい単元に書かれていることを学ぶことを目的としているわけではありません。

新しく習ったことを用いて、"自分ごと"としての課題を自力で解決できるようになることが、生徒にとっての学ぶ目的です。

ならば、学習目標を生徒に対して端的に示すには、「生徒自身が解を導くべき課題」をもって示すのが手っ取り早いし、最も効果的な方法と言えるはずです。


❏ 目標であるためには、達成を検証できることが要件

学習指導に限らず、目標が目標たりえるには客観的に達成を検証できることが要件です。「頑張ります!」は元気がよくて気持ち良い言葉ですが、単なる意思表明であり、目標を設定したことになりませんよね。

授業の冒頭で、「○○のメカニズムを知る」「登場人物の心情を理解する」と板書してみたところで、目標を提示したことにならないのは、達成検証の可能性を担保していないからです。

これに対して、生徒自身が解を導くべき課題(ターゲット設問)は、解けたかどうかが正誤によって明らかですし、採点基準に照らせば、どこはできて、どこができなかったか分析的に捉えることができます。

できたかどうかの判別が生徒自身にできることは、勉強を好きにさせる学ばせ方で触れた「何がわかっていないか確かめながら勉強する」 という 【モニタリング方略】 に持っていくにも欠かせません。


❏ ターゲット設問は授業の冒頭で板書する

学習目標を解くべき課題で示すときに心掛けたいことは、導入フェイズでしっかり示すことと、問い自体を板書することの2つです。

導入フェイズ(多くは授業の冒頭)で示すことで、学びを重ねる間ずっと生徒は学習目標を認識できるため、途中で説明や手順に不明が生じても、目指しているものと照らして理解力の補完ができます。

目的をもって学ぶ時間と、先生の指示に従っているだけの時間とでは、学びの密度も違います。

板書をするのは、書き写すことで一語一句に十分な注意を向けさせることに繋がるからです。

授業の冒頭で、余計な説明なしにターゲット設問を板書すれば、生徒はノートを取り出し書き写し始めますので、休み時間からの切り替えも上手にできるはずです。


❏ 生徒自身が問いを起こすことを予習の課題に

もう一歩、工夫を進めるならば、次の時間で扱う範囲を読ませ、そこに「自分なりの問いを立てる」ことを予習の課題とする方法もあります。

他人が作った問いが、生徒の琴線に触れるとは限りません。でも、自分が作った問いなら答えもきちんと出したいと思うものです。

問いを立てようと思えば、指定された範囲を自力で読んで理解しなければなりませんので、学習範囲をひと通り学んできたことになります。

期せずして、反転学習の要素も取り込んだことになります。

知らない語句を辞書で調べてきなさいという「作業型タスク」も結構ですが、問いを立てる宿題と比べてどちらが生徒にとって刺激的かは言うまでもないところではないでしょうか。

こう申し上げると「いや、うちの生徒には…」という反応がありますが、本当にそうでしょうか。

昨日の記事にも書きましたが、やらせてみると案外できるものですし、やらせないことにはいつまでたってもできるようになりません。


❏ コンピテンシーモデルに即した学習目標の提示法

本稿の冒頭で使った「従来の発想」という言葉の意味は、教える側が学力観の変化に対応していないという意味です。

PISA以降のパフォーマンスモデル(何を学んだか)からコンピテンシーモデル(何ができるようになったか)への転換は、別に目新しいことではないと思います。

生徒にとっての学習目標は習ったことを使って課題を解決すること、という「当たり前」が、それを表す用語とともに改めて明確に打ち出されただけではないでしょうか。

このように考えてみると、生徒にできるようになって欲しいこと、すなわち自力で解決してほしい課題を「学習目標」として示すことは、新しい学力観に沿った学ばせ方を実現する一つの方法と言えそうです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
授業評価項目D ゴールを明示することの意味
学習を通じて到達すべき状態を生徒に理解させておくことは、授業のわかりやすさを大きく高めます。目指していることに照らして、一つひとつの説明や指示の意味をより良く理解できるようになるからです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/28 07:36
主体的・対話的で深い学びをデータから考える
高大接続改革とその先に控える本丸たる次期学習指導要領では、「主体的・対話的で深い学び」がキーワードであり、授業内での対話(生徒同士の討論、教え合い・学び合い、課題解決に向けた協働に加えて、問答を通じた先生との対話、教科書や資料を読んでのテクストとの対話)が重要視されます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/24 04:57
目標の示し方、導入の工夫
1 学習目標の示し方1.0 学習目標の示し方(序) 1.1 学習目標の示し方(その1) 1.2 学習目標の示し方(その2) 1.3 学習目標の示し方(その3) 2 解くべき課題を通した目標理解2.1 教室の学びをサンドウィッチに喩えてみると 2.2 目標理解と活用機会を整える授業デザイン 2.3 活動性と学びの成果を繋ぐ鍵〜課題を通じた目標理解 2.4 目標提示と成果確認はセットにして 2.5 問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ) 2.6 学習目標は解くべき課題... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/08/31 05:01
説明がわかりにくいと言われたら
説明や指示のわかりやすさは、授業の成否を左右する大切な要素です。先生の説明がわからないとなれば、その先に目指すべき「できるようになった」には中々到達できません。別稿に示す通り、指示と説明のわかりやすさと生徒が実感する学習効果とはほぼ比例関係にあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/28 09:15
苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる
授業を受ける中で「学力や技能の向上」「自分の成長や進歩」を実感できている生徒は、高い確率でその科目に新たな興味や関心を見出していくというデータがあります。逆に、伸びている実感が得られなければ、その科目を学び続ける意欲を維持するのは容易ではありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/02 08:01
5分間アウトプットの費用対効果
学力の向上や自分の成長や進歩を実感するには、学習を通じて達成すべきこと(=学習目標)の把握教え合い・学び合い、対話を通じた学びの深まりという2つの要素に加えて、習ったことを課題解決に活用する機会が欠かせません。学習目標の把握には「解くべき課題」が必要であり、活動を自己目的化しないためには「目標の認識」が不可欠という因果関係から、これら3項目は互いに強固な相関で結ばれています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/18 04:43
予習・復習で何をさせるか(その2)
予習は「授業で学んだ方法を試して身につける場」と捉えて生徒に課すべきタスクを選択する必要がありますが、復習もまた、単に「習ったことを忘れないように反復する」というだけの場面ではないはずです。習ったことを振り返って理解に欠け落ちがないかを確認する順番に教わってきた事柄を整理し直して理解の統合を図る学んだことを様々な課題に適用してみて、その意味の拡張を図る授業中に疑問/興味を感じたところを自ら調べ、理解を広げるといったところにも復習という活動の目的があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/25 06:14
探究活動における評価とフィードバック
教科学習指導では、"学習目標は解くべき課題で示す"で書いたように、導入フェイズでターゲット設問を提示しておけば、学び終えてからその問いに立ち戻って答えを仕上げさせることで学習目標の達成を検証すると同時に学びをより確かなものにすることができますが、探究活動や課題研究の場合、同じ手法は使えません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/07 05:35
新しいことに生徒が戸惑いを見せても
生徒をそれまでやらせたことがないことに挑ませれば、最初の戸惑いは当たり前のこと。例えば、拙稿"教科書をきちんと読ませる"や"質問を引き出す"でご提案したような活動でも、教室に初めて持ち込んでみたときから何の障害もなくスムーズに運ぶのはむしろレアケースです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/19 07:12
どんな問いを立てるかで授業デザインは決まる
どんな問いを立てて教室に持ち込むかは、授業の成否を分ける最大のポイントだと思います。拙稿"学習目標は解くべき課題で示す"で申し上げた通り、「問い」は学習者にとって取り組むべき課題そのものです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/20 06:09
進路意識の高揚を目的とした講演会の企画
進路意識へ高揚を図ることを目的に、生徒が目標としている大学に進んだ卒業生や、その大学の入試広報担当者を招いて講演会を実施することがありますが、せっかくの企画も単発のイベントに終わってしまい、継続的な効果をもたらしていないケースも少なくありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/01/31 07:17
隠されているものは覗きたくなる
先日、"所さんの目がテン"というテレビ番組で「のり弁の心理効果」を特集していました。このブログでのり弁について考察する気は毛頭ありませんが、「のり弁には好奇心をくすぐる宝探しのようなわくわく感がある」という点には興味を覚えました。「ご飯を隠すように海苔がのせられていることで、見えない中身を知りたいという意識が働く」というメカニズムは、学ばせ方のデザインにも応用ができそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/20 06:07
授業改善をより確実にするためのデータの見方
授業評価アンケートの集計結果は、個々の項目の評価値を別々に眺めるよりも、「目的変数」を設定した上で、それとの関連の中で個々の数値を解釈する方が、授業改善に向けた改善課題を捉えやすくなります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/22 07:23
科目を学ぶことへの目的意識/学ぶ理由
主体的、対話的な深い学びを構成する要素のうち、「主体性」にはその科目を学ぶことへの自分の理由を持っているかどうかが含まれると思います。学習方策が獲得できなければ学びは依存的に、学ぶ理由がなければ受動的になり、いずれも主体的な学びとは言えない気がします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/08 07:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
学習目標は解くべき課題で示す 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる