生徒の興味・関心をどこまで育めたか

授業を通じて科目に対する(あるいは学びそのものへの)生徒の興味・関心を高めることはどの教室にも共通する目標だと思いますが、そのための方法を論じる機会の多さに比べて、「興味・関心とは何か」という根幹に立ち戻った議論はあまりなされていないような気がします。

興味・関心とは何かをきちんと定義しないままでは、その高まりを客観的に測定することはできません。方法をあれこれと論じても、それらがどのくらいの成果を得たか検証できなければ、方法の優劣を判断することも難しく、共有すべき優れた実践も共有できないはずです。


2018/06/29 公開の記事をアップデートしました。

❏ 興味とは、知りたい気持ち/やってみたいという欲求

何かに興味を持つというのは様々な場面でおきることですが、共通するのは「もっと知りたい/試してみたい」という欲求でしょう。

わかりきっている/自明だと思えることや、背後や周辺にパッと見以上の広がりをイメージできないことに興味が沸くとは思えません。

  • どうしてこうなっているのだろうか
  • なぜそんなことが言えるのだろうか
  • 他にはどんなことができるのか、…

といった疑問を思い浮かべることが興味の本質の一つだと思います。


❏ 問いを思い浮かべさせるには、問い掛けが一番

生徒にそうした疑問を抱かせるのに最も手軽で確実な方法は、こちらから問い掛けてしまうことです。

別稿「隠されているものは覗きたくなる」でも書きましたが、問われてみて初めて自分がわかっていないことに気づき、一体どうなっているのだろうと考え始めるのは生徒に限ったことではありません。

問われたことで、それまで思いもよらなかった角度から物事を見るようになれば、如上の問いが頭に浮かんでくるものです。

問い掛けるという方法以外にも、相手が見落としているだろうと思える箇所を指摘してみせ、角度を変えて掘り下げて考えてみる余地が残っていることに気づかせるという手もあります。

興味を持ちなさいと言われても「ハイそうしてみます」とはなりませんが、如上のアプローチなら外からの刺激で興味のきっかけを作れます。


❏ 自己効力感を持てたところに行動への欲求が生まれる

学習して身につけたことを別の場面で試してみたいと思うのは、勉強に限らず、スポーツでも遊びでも経験することではないでしょうか。

ある仕組みや方法を学んで、できること(自分の能力の及ぶ範囲)の広がりを感じれば、それを試してみたくなるものです。

例えば、新しい言葉を学んで知ると、それを使ってみたい思うことはないでしょうか。教室で新しく学んだ「ちょっと格好良い用語」を使ってみたがる生徒の姿をご覧になられたこともあろうかと思います。

自己効力感を持てる範囲が広がったことで、行動が誘発されるというのは本能に近いメカニズムだと思います。

となれば、指導者にできることは、教えたり学ばせたことを使って解決する課題に生徒を挑ませ、その達成を通じ「できることの範囲が広がったこと」を実感させてあげることだと思います。


❏ 関心とは、物事に関わろうとする心的態度

一方、関心は書いて字のごとく「関わる心」であり、対象への関わりを持とうとする意識や姿勢を指すのだと思います。

社会が抱える課題や自分の身の回りに起きていることに対して、当事者としてどう関わるべきか、どう関わりたいかを認識するという形で現れることもあります。

これを教科学習指導の場に当てはめてみると、
  • 学んでいることが自分にどう関わっているのかを知り、
  • 他人事ではなく「自分事」として認識できるかどうか
といった基準で「関心を持っているかどうか」を判別できそうです。

教科書に書かれていることを字面として理解するだけでは、ましてや教わったことを覚えることに終始するのでは、学習したことに対し当事者としての「関り」を認識しているとは思えません。


❏ 教科・科目を跨いだ学びで関心を持たせる

教室で学んでいることを、自分の身の回りに存在する問題として認識させるには、そうした観点で作られた「課題」が必要です。

昨今の社会(≒生徒)が向き合う問題に自教科の学びがどのような接点を持つかを考えると、そうした課題も思いつきやすいかもしれません。

 ■ 解くべき課題で「何のために学んでいるか」を伝える
 ■ 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問

それぞれの教科・科目の学習内容に閉じていては、そうした接点を見出せないときは、教科・科目を跨いで学ぶ機会を作る必要が生じますが、その役割をすべて「総合的な学習の時間/総合的な探究の時間」に回していては、思いのほか低いところに限界がきそうです。

同一教科の他科目はもちろん、保健や家庭、情報の教科書にも目を通してみると、思いがけないところに接点があり、担当科目の授業の設計にも発想が膨らむはずです。

生徒にとっても、教科・科目の垣根を取っ払って、様々な角度・視点から学びを重ねられることは有意な体験ではないでしょうか。


❏ 興味・関心をどこまで育めたかを検証する

興味・関心の高まりを測るのに、「学んでいることにどのくらい興味や関心が持てましたか」と生徒に尋ねても、正確な答えは期待薄です。

自由記述で「興味をもったことを挙げて、その理由も添えて下さい」とし、そこに挙がった項目の数と理由の具体性を観点に、段階的な規準を設けて評価結果を定量化するという手もありそうです。

関心の広がりを把握したいなら、前述の「身の回りに存在する問題として認識させるための課題」に取り組ませたときのリフレクション・ログに生徒がどんなことを書き残したかを手掛かりにするのも好適です。

そこに「自分でも、こんな方法でこの課題に取り組んでみたい」といった具体的な意思表明があれば、指導の手応えは十分にあったと評しても良いのではないでしょうか。

■関連記事:
  1. 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場
  2. 興味関心と自ら学ぶ姿勢とのギャップ
  3. 目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心
  4. 調べたことの先に~新たな知と当事者としての関わり
  5. 「学びの拡張」まで考慮したカリキュラムの設計


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 対話が思考を育み、深い学びを実現する(まとめ)

    Excerpt: 2020年以降の新しい入試に初めて挑む学年がこの春に高校生となり、新課程で学ぶ生徒も来春には中学生となる中、新しい学力観にそった、教え方の転換を図るべく、各地の学校では様々な工夫がなされています。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-07-06 04:30
  • 学ぶ理由/自立した学習者

    Excerpt: 1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ 1.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-08-08 06:57
  • 目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心

    Excerpt: 目標を持った状態で巣立たせるには、日々の学びの中に興味や関心を見つけてもらうことがスタートです。興味は自力で考え工夫して達成したこと(=できるようになったこと)の中に生まれ、関心は「自分事」として認識.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-31 07:09