対話で行う理解確認

生徒の理解を確認しながら授業を進めることは、学びの成果を確かなものにするには欠かせません。下図でご覧いただける通り、理解確認と学習効果の間には、その得点率にはっきりとした相関がみられます。

画像
【理解確認】先生は生徒の理解を確かめながら授業を進めてくれる。
【学習効果】授業を受けて、学力の向上や自分の進歩を実感できる。
 
縦軸においた【学習効果】で75ポイント(=否定的な回答が10%未満となる水準)に達するには、横軸においた【理解確認】できわめて高い評価、多くの肯定的回答を得ることが必要です。散布図に重ねたヒストグラムを見ての通り、学習効果が75ポイント以上となる到達率が50%を超えるのは、理解確認が80ポイントを超えなければなりません。

2018/08/03 公開の記事をアップデートしました。

❏ 理解確認の鉄則は「その場で」と「言葉にさせて」

生徒の理解を確かめるときの鉄則は「その場で」と「言語化を通じて」の2つです。普段の授業で、この鉄則を守れているかどうか、時々振り返ってみましょう。

後になってテストを課しても確かめられるのは、覚えたかどうかだけですし、授業を受けている途中で何らかの不明が生じたのにそのまま進んでは、固まらない土台の上に学びを重ねることになってしまいます。

授業を通じて理解させたことを用いて課題の解決に挑ませる前にも、確認は必須です。わかっていないのに課題に挑ませては返り討ちに会うばかりで、自信を失わせるだけです。

空所に適語を補えたとしても、確かめられたのは「覚えていた」ということだけで、その言葉の意味するところを本当に理解しているとは限りません。

その言葉を使って何かを説明させたり、その知識を使って答えを作り上げる課題を与えて解決に当たらせてみないと、理解しているかどうかは確かめられないということです。

振り返りのためのアウトプットで書いた通り、「理解しているかどうかは、習ったときと違う形で確かめる」必要があります。

考えていることを言語化させない限り、「観察の窓」を開くこともできませんよね。教室での対話を増やし、生徒の頭の中をしっかり観察できるようにしたいものです。


❏ 発問を繋いで思考そのものを言語化させる

言語化すべき対象は、思考の結果(≒問いへの答え)だけではありません。生徒の思考、答えを導き出したときのプロセスにも焦点を当てて、どう考えたかを生徒自身の言葉にさせることが重要です。

こちらからの発問に生徒が何かを答えたら、「どうしてそう言えるのか」「なぜそう考えたのか」という次の問いを繋いでいきましょう。思考を言語化させる「メタ化」は、生徒の考えを深めさせるとともに、思考力そのものを鍛える効果があります。

幾人かの生徒に同じことを聞けば、様々な意見や考え方に触れて、発想の拡充と思考の進化が図れます。これにより、授業内での活動性が高まり、対話による学びの深まりにも一段上のものが期待できるはずです。

先生との問答、生徒同士での話し合い、教科書や資料、参考書を読んでの先人との対話──これらをうまく、効率的に組み合わせて学びを深めさせていきましょう。

以下の記事でも、関連した事柄について考えるところをまとめてあります。お時間が許すときにご高覧いただければ光栄です。

  1. 既習内容の確認は、問い掛けで
  2. プロセスに焦点を当てた問い
  3. 問答を通じて論理性を養う
  4. 対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開く
  5. 自力で学ぶ力を育むのに重要な、最初に選ぶ”対話の相手”


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 説明がわかりにくいと言われたら

    Excerpt: 説明や指示のわかりやすさは、授業の成否を左右する大切な要素です。先生の説明がわからないとなれば、その先に目指すべき「できるようになった」には中々到達できません。別稿に示す通り、指示と説明のわかりやすさ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-09-28 09:15
  • 思考力と表現力を養うには

    Excerpt: 1 学力の三要素、高大接続改革に向けて1.1 学力の三要素とは~もう一度考えてみました 1.2 高大接続改革に向けて今できる準備 1.3 高大接続改革に向けて今できる準備(その2) 1.4 評価.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-05 07:32
  • 理解確認/学びの振り返り

    Excerpt: 1 理解度の確認~場面と方法1.0 理解度の確認~場面と方法(序) 1.1 理解度の確認~場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認~場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認~場面と方法(そ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-05 08:30
  • 生徒による授業評価

    Excerpt: 1 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計1.0 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計 1.1 講義・座学系の授業評価項目・質問文 1.2 実習・実技系の授業評価項目・質問文 1.3 授業.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-29 06:03