説明がわかりにくいと言われたら

説明や指示のわかりやすさは、授業の成否を左右する大切な要素です。先生の説明がわからないとなれば、その先に目指すべき「できるようになった」には中々到達できません。別稿に示す通り、指示と説明のわかりやすさと生徒が実感する学習効果とはほぼ比例関係にあります。

授業評価アンケートを取ってみると、自分が思っていた以上に「わかりにくい」という声が多く、驚かれる先生もいらっしゃいます。そのときに採るべき方策/とってはいけない対応について考えます。


❏ 学習内容や課題の難易度を下げても効果は薄い

わかりにくいという声に触れると、「扱う内容が難しすぎるのかな?」と考えて授業内容や課題の難易度を下げることで対応しようとする先生がいらっしゃいますが、このアプローチはお勧めできません。

下表は、これまでに蓄積した授業評価アンケートの無作為抽出データで行った「指示と説明」を目的変数とする重回帰分析の結果です。

画像
英数国社理 n = 6,561、修正R2 = 0.9092

難易度との間には弱いながら有意な「負の相関」が確認できますので、内容を易しくすればわかりやすくなる可能性もゼロではありませんが、標準偏回帰係数は小さく、効果は極めて限定的と考えられます。

そもそも、学習内容や課題の難易度をいたずらに下げては、最終目標である出口学力の形成が危うくなるばかりです。


❏ 理解の確認をこまめに行い、伝達スキルの向上を図る

上表でt値(わかりやすさへの寄与度を示します)が最も大きいのは、Ⅱ板書や資料、Ⅰ話し方といった伝達スキルです。

当たり前ですが、明瞭で聴き取りやすい話し方や視覚を用いた理解の補助は、わかりやすさを高めて維持する上で欠かせません。

理解の確認をこまめに行いながら、伝達の不備がどこにあるのかを常に点検し、間断なくそのスキルを高めていく必要があるのは言うまでもありません。

過日の記事、"対話で行う理解確認"がご参考になろうかと存じます。是非ともお時間を見つけてご高覧いただければ幸甚です。


❏ 生徒の側での理解力を高めて、伝達の不備を補完する

とはいえ、伝達スキルの向上・改善は一朝一夕になせるものではありません。改善に手間取っている間に生徒の中に不明が蓄積されては、後になってのリカバーは大変困難になります。

"授業改善には授業デザインを先行させるでも書いた通り、学習目標を生徒としっかり共有することで、生徒側の理解力を高めて伝達の不備が補えるようにすることは当座の手当としても重要です。

何を目指している局面なのかを生徒が把握できていれば、個々の説明をゴールと結び付けて理解できるため、先生の説明に"多少"の不備や不足があっても、何とかなるものです。

学習目標を生徒と共有するには、学習目標は解くべき課題で示すというアプローチが最適であることは過日の記事で申し上げた通りです。


❏ 先生以外のコンサル先を生徒に持たせる

説明や指示をより良く理解させるには、他にもまだ方法があります。

生徒同士の教え合い・学び合いを促すことと、参照型教材を徹底的に活用させることはその代表格でしょう。

先生の説明がわからないと立ち止まってしまい、そこから先に進めない場合と、友達や書籍を"コンサル先"(相談相手)として必要な知識や情報を得て先に進める場合とでは大違いです。

  • 普段の授業の中で、教え合い・学び合いの方法と姿勢を身につけさせ、それを失わせないように十分な頻度でその機会を作ること

  • 丁寧に教えて理解させるだけではなく、手元にある参考書や辞書のページを開かせ、自力で読んで理解する力と姿勢を獲得させること

をどこまで徹底できるかが問われます。先生がいないところでも学びを進められる学習者に育てるためにも大切なことだと思います。




教科・科目に固有の知識や技能は、「(先生が)伝えること」が目的ではなく、「(生徒が)学んで身につける」ことが目的であるという根本に立ち返ってみましょう。そう考えることで、わかりやすさ(=指示や説明を生徒が理解できること)を高める方策には、広くその選択肢が存在することに気づきます。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 生徒による授業評価

    Excerpt: 1 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計1.0 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計 1.1 講義・座学系の授業評価項目・質問文 1.2 実習・実技系の授業評価項目・質問文 1.3 授業.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-10 04:45
  • 学習方策は課題解決を通して身につく

    Excerpt: ある単元を学ばせるときに「不明を残さずに理解させる」ことだけを目的とするなら、先生一つひとつ丁寧に教えれば十分かもしれませんし、ある問いに正解を導くだけであれば、手順をきちんと伝えさえすれば当座の目的.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-11 08:12
  • 話し方・伝え方、強調の方法

    Excerpt: 1 わかりやすい話し方1.0 わかりやすい話し方(序) 1.1 わかりやすい話し方(その1) 1.2 わかりやすい話し方(その2) 1.3 わかりやすい話し方(その3) 1.4 わかりやすい話.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-12 05:42
  • 授業評価の結果から(記事まとめ)

    Excerpt: 今期も多くの学校で授業評価アンケートをご利用いただきました。改めて御礼を申し上げます。お預かりしたデータの集計・分析を行う中で、気づいたこと、検証してみたことをそれぞれ記事にまとめてみました。先生方の.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-08 08:16
  • 授業改善をより確実にするためのデータの見方

    Excerpt: 授業評価アンケートの集計結果は、個々の項目の評価値を別々に眺めるよりも、「目的変数」を設定した上で、それとの関連の中で個々の数値を解釈する方が、授業改善に向けた改善課題を捉えやすくなります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-22 07:23
  • 対話と協働による気づきと学びの深まり

    Excerpt: 授業内における学習者の活動性が高まることで、授業を受けて学力や技能の向上をより強く実感できたり、苦手意識の発生や増大を抑制できたりといった効果があることは、既にデータで確かめられています。授業内活動を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-04 07:13