受験期は、またとない成長の好機

生徒にとって受験期は、自分の希望を叶えるためとはいえ、大なり小なりの不安を抱えつつ他のことを脇に置いて頑張る時期ですから、確かにつらさやストレスを感じる日々かもしれませんが、
  • 背伸びをして、自分を成長させる/自分の可能性を広げること
  • 頑張る中で、周囲との関係を感謝の気持ちで捉え直すこと
など、この期間を通してこそ得られるものは小さくないはずです。

生徒は渦中にいるだけに、誰かが伝えて挙げなければ、せっかくの受験期を、その意義を知らぬままに終えてしまうかもしれません。それを伝えるのは先生方をおいてほかにはいないのではないでしょうか。


❏ この時期だからこそ生徒に知らせたい、しんどさの意味

10月も終わりを迎え、秋も深まる中、受験準備も本気モードに切り替わっていると思います。

夏前からスパートをかけてきた生徒は、そろそろ疲れが出てくる頃かもしれません。成果が出ていればともかく、模試の成績も思ったように上がってこなければ疲労感も強まってきます。

だからこそ、この時期のしんどさが持っている意味を、ショートホームルームなどで伝えてあげることも必要なのではないでしょうか。

先生からの言葉を受けて、大きく息を吸い込み、足取りを再び確かなものにできれば、進路希望の実現も近づいてくるはずです。


❏ 身につけてきた力を発揮し、さらに高めるべき場面

受験で必要な科目を一生懸命に勉強する中で、生徒は科目に固有の知識を蓄えるのと同時に、様々な能力や資質を得ています。

情報を理解し整理する方法や不明を解消するときの行動などの学習スキルや、思考力・判断力・表現力もこの場面で高められていきます。

やるべきことが沢山あって時間が足りないときに優先順位を決めて効率よくこなしていくタスク管理のスキルも身につくでしょう。

しんどいときでもその気持ちに打ち克って自分の行動を律する姿勢や強さもここで得られるはずです。

自分が決めた目的に向かって邁進し、道を切り拓いていくときに必要なことの多くが、受験期の体験の中にあります。

頑張る力は高校生活の様々な場面で身につけてきたはずですが、仕上げに当たる受験期で、安易に逃げたり諦めたりしては、自分の中に養われてきた力にも自信を持てなくなってしまいます。


❏ 登ったところからしか先の風景は見渡せない

巨人の肩の上に乗る、という言葉がありますが、くるぶしあたりでうろうろしているときと、なんとか腰のあたりまで登ったときとでは見える光景が違います。

背伸びをして手を伸ばし、足を踏ん張って少しずつ自分を高いところに引き上げていくことは、見渡せる範囲を広げることにほかなりません。

その中に自分が進むべき道があるとしたら、半端なところで「ここでいいや」と登ることを止めてしまったら、その道は見えないままです。

頑張ることは、見えている目標に近づくだけでなく、まだ見ぬ自分の可能性を押し広げることです。

しんどくなってきたら、小さな目標を近いところに置いて、そこまで頑張り、到達したらまた次の目標を設定することを繰り返すうちに、どこかでパッと視界が広がるものです。


❏ 周囲との関係を感謝の気持ちで捉え直す機会

しんどい思いをしている時こそ、周りの支えを有難く感じるものです。

受験体験記などを読んでいると、保護者や先生方の支えに感謝する言葉があちらこちらに見られます。

受験期の真っただ中にいると、つい自分のことに切羽詰まって周囲が見えなくなっていることもありますが、そんなケースでも受験を終えたら感謝の気持ちが湧き上がってくるようです。

こうした体験を通して、周囲との関係を感謝の気持ちで捉え直すことも、受験期の持つ大きな意味の一つだと思います。

友人関係にしても、自分が頑張る中で、それぞれの目標に向かって努力する相手の思いを尊重する気持ちも持ち始めます。

進路希望の実現という目標に向かって疾走しているとき、周囲が見えなくなることもありますが、生徒たちに、一日の終わりに「今日の感謝」や「他者への敬意」をひとつでもふたつでも思い起こしてみる1分間を持つよう求めておられた先生がいらっしゃいました。


❏ 学年通信などで保護者に「受験期の持つ意味」を伝える

こうした受験期が持つ意味は、生徒と一緒になって不安になりがちな保護者の方々にも知っておいてもらいたいことです。

ただでさえ不安になりがちな受験生に、周囲があたふたして見せてもプラスはありませんよね。

先生方が生徒に、最後まであきらめずに自分の可能性を押し広げさせようとしていることに、家庭からの理解を得ておくことは重要です。

学校の進路指導の方針は、生徒募集の段階からしっかり伝えてきたはずですが、それでも現実に受験期を迎えたときに改めて伝え直す必要があろうかと思います。

学年通信や学校WEBサイトの保護者向けページ、ツイッターなど、あらゆるルートを通して、先生方の指導意図を保護者に届かせましょう。

ちょうど学校評価アンケートを行う時期ですので、その依頼文書の中に、学年通信や進路だよりを同封しても良いのではないでしょうか。




追記: AO・推薦で進路が決まった生徒の中には「残りの高校生活をのびのび過ごそう」と考えるものもいるでしょうが、来春から始まる新生活に向けて、自分の立ち位置を確認させておくことも大切です。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 進路希望の具体化と実現へ

    Excerpt: 1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 1.3 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で .. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-12-28 07:15
  • 志望理由を書いて選択に向き合う

    Excerpt: ゼロ学期を迎え、いよいよ最上級生となる新高3生は、先輩たちの受験生としての日々を間近に見ながら、自らの進路希望の実現という大きな挑戦を強く意識し始める頃かと思います。ゴールまでの最長14か月に亘る長期.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-17 05:39
  • 受験学年のスタートに向けて(まとめ)

    Excerpt: 早いもので、今日から2月です。4月に最上級生となる現2年生が迎えた「ゼロ学期」も3分の1が経過したことになります。受験学年としての心構えを作らせ、受験に団体戦で挑めるクラスを作るには、年度末までのこの.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-01 05:26
  • アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その2)

    Excerpt: 模擬試験の成績などでも観測できる結果学力(知識・技能、思考力・判断力・表現力)の伸びと、授業評価アンケートなどの集計に現れる学習者側での伸びの実感(学力向上感)とは別物で、両者が一致しないこともしばし.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-05 07:50