勘に頼らず、データに偏り過ぎず

次期学習指導要領が求める新しい学力を養っていくには、これまでとは違った指導方法が必要になるのは言うまでもありませんが、その改善と確立に向かうには、指導の効果測定や教育活動の成果検証にもっと目を向けるべきではないかと感じています。

目指すものが変わってくる以上、これまでに蓄積してきた経験則やそれに基づく「勘」に頼れない場面も増えてくるのではないでしょうか。

一方で、思考力・判断力・表現力、主体的に学ぶ姿勢と意欲などを測定する仕組み(テストや評価方法)も、その完成度を高めるべく試行錯誤を重ねている段階にあり、効果測定や成果検証に利用できる、信頼度の高いデータが常に手に入るわけではありません。

この変革期において大切なことの一つは、タイトルにあるように「勘に頼らず、データに偏らず」というスタンスを取り、双方を照らし合わせながら、それぞれの精度を高めていくことではないかと考えます。


❏ 経験則だけでは先が見通せないケースも

高大接続改革で大学入試が大きく変わるのは周知のとおりですが、出口で求められる学力が変わる以上、普段の教室での生徒観察や定期考査での成績などを手掛かりにした、従来からの「伸びの見立て」が通用しないケースも想定されます。

以前であれば、小テストにもきちんと取り組み、定期考査でも万端の準備をして臨んでいた生徒が直前期に伸びていたとしても、今後も同様に伸びを期待して良いということではないと思います。

喩えば、整地されたトラックで良いタイムを出す選手でも、木々が立ち並び見通しが悪い丘陵地帯でゴールまでの到達時間を競うレースで良い成績をおさめられるとは限りません。

走力が求められることは同じですが、地図を読み、自分の位置を特定する方法を身につけた上で、どうアプローチするか戦略を考えなければならない点で、前者と後者は違います。

当然ながら、前者の試走タイムで後者の結果は予測できません。

新しい入試に対応する学力を身につけさせるには、これまでの経験で培われた勘を信用しすぎないことが大切です。


❏ 学力形成過程における中間検証手段を整える

思考力・判断力・表現力をこれまで以上に高い次元で獲得させることを目指す以上、学力形成がどこまで進んでいるかを中途段階で検証する機会の整備は欠かせません。

思考力・判断力・表現力などを試す外部試験を導入する学校が増えてきているのはそのためです。

当然ながら、高大接続改革に備えて考査問題も新しいスタイルに改めていくことも大前提です。

新たに導入した外部試験と定期考査の成績がある程度の相関を示しているかの確認も必要でしょう。もし、相関が著しく低いようであれば、異なる学習観での学びが併存していることになります。

生徒は定期考査問題に合わせて学習スタイルを獲得し、それに応じた力を身につけます。

先の喩えに当てはめれば、本番が丘陵地帯でのオリエンテーリングなのに、普段の練習がトラックでの走り込みだけでは、良い結果は見込めないということになるのではないでしょうか。


❏ 課題解決に取り組む場面での発言や行動をしっかり観察

しかしながら、冒頭で述べた通り、思考力・判断力・表現力を正しく測定(≒点数に換算)できる手法はいまだ試行錯誤の段階にありますので、テストを改めたとしてもその結果を鵜呑みにしては判断を誤ります。

普段の授業の中でも、対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開くことに注力して、生徒の頭の中で何が起きているか、どこで躓いているか把握に努めましょう。

また、その観察を通した所感とテストの結果とをつき合わせながら、
  • 観察は精度よく行えているか
  • テスト結果は思考力や判断力を正しく点数に反映しているか
を日々確かめていく必要があります。

テストでの高得点群と低得点群との行動を見比べて、差を生んでいると思われる箇所を特定することで、どこに着目して生徒の学習行動を観察すべきかの知見が得られるはずです。

それと同時に、普段の授業で高い思考力・判断力・表現力を発揮している生徒とそれ以外の生徒とで、設問毎の正答率/得点率に有意差があるかどうかも確かめる習慣を持つべきだと思います。

これまでに積み上げてきた経験則や作り上げてきた測定方法や評価のシステムを見直して、新しい学力観に沿ったものにどれだけ早く更新を果たせるかが問われています。


❏ 志望理由書や学修計画書を起こせる生徒を育てるのにも

大学では入学者の選抜に当たり、主体的に学ぶ姿勢を評価することが求められ、その材料として志望理由書や学修計画書の提出が必要になるケースが増えてくるものと思われます。

きちんとした志望理由書・学習計画書を起こせるかどうかは、進路意識の形成過程でどんな経験や思考を踏んできたかにかかります。

出願時になって慌てて起草しようとするのでは、間に合わない可能性があり、中途段階で進路意識形成の進捗を測り、進路希望を作るまでの活動を確かめる仕組みと機会の整備が必要になるはずです。

これらについても、定立した評価システムは今のところなさそうですので、整備に取り掛かる必要があります。

ポートフォリオやルーブリックを導入した後、それらを如何にデータ化し観察結果とつき合わせていくかは、今後の重要な課題の一つです。



繰り返しになりますが、目的とするところが変われば、これまでの経験則や勘ではカバーできないところが出てきますし、データが必ずしも正しい方向を示してくれるとは限りません。

自分の目で見た感覚と様々なデータを照らして、その差が解消されるように双方をブラッシュアップしましょう。観察結果とデータの突合せの中には、どちらか一方だけでは得られない貴重な知見が見つかります。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 指導方法の効果測定#INDEX

    Excerpt: 昨日の記事「勘に頼らず、データに偏り過ぎず 」でも書いた通り、新しい学力観に沿って学ばせ方の更新を測る必要がある中、新たな取り組みについては、その効果を測定し、成果を検証していく必要があります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-16 08:20
  • 指導方法の効果測定(その3)

    Excerpt: 補習に参加した生徒としなかった生徒、ある課題に真剣に取り組んだ生徒と仕上げ切らずに形だけ整えて提出しただけの生徒。残念ではありますが、せっかく指導場面を用意しても、有効に利用してくれた生徒とそうでない.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-21 08:12
  • 効果測定、成果検証

    Excerpt: 1 効果測定を通じた教育資源の最適配分1.1 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分) 1.2 学校経営計画の進捗を確かめ、達成可能性を高める 1.3 選考基準は妥当だったのか~追跡調査.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-22 04:37
  • 同じ教材で同じように教えているのに…

    Excerpt: 同じ教材を使って同じように教えているのに、アンケートでの生徒からの反応がクラスごとに大きく違うことは珍しくありません。回答分布の違いを把握してクラスの特性に応じた調整をこまめに行っていくのも、模試や考.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-21 05:49