現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル

<<   作成日時 : 2018/12/10 06:49   >>

トラックバック 6 / コメント 0

学習指導と進路指導という二本柱をしっかり立てれば成立したのがこれまでの指導計画でしたが、次期学習指導で加わる探究活動を組み合わせるとなると、単純にもう一本の柱を立てれば済む話ではありません。

学習、進路、探究という三領域が「並列」していては、互いの関連が希薄になりますし、ただでさえ「教育の強じん化」で、思考力・判断力・表現力を高めるための活動を組み込むとなると、3年間/6年間で指導に当てられる時間の枠に収まらないのは火を見るより明らかです。


❏ 直列繋ぎを反復する"スパイラル型"が目指すべき形

下図は、教科学習指導と探究活動の重ね合わせで掲載したものですが、教科、探究、進路を組み合わせた「循環型加速器」の中で加速を繰り返したのちに十分な勢いを得て巣立つ生徒をイメージしたものです。

画像

教科学習指導では、各教科に固有の知識や技能を獲得することが第一義の目的でしょうが、その先にある探究活動に必要な学びのスキルを養うための手段という位置づけも併せ持ちます。

その上で、探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問 を与えることも、指導に当たる先生に求められることではないでしょうか。

探究活動では、社会が取り組む課題に触れたり、それに最前線で取り組んでいる学問の探究を入り口にした学部・学科研究に展開すれば、進路希望の形成に繋げます。

進路指導は、四半世紀後に残っているかどうかも分からない職業を調べることから入る従来型の設計を離れ、探究型学習を使った進路指導への転換を図るべきかと思います。


❏ カリキュラム・マネジメントへの基本的な考え方

新学習指導への移行に際し、カリキュラム・マネジメントの必要性が謳われています。

社会の変化にともない学校教育に求められるものが増える一方、そのすべてをこなすだけの時間枠がない以上、「やりくり」をしなければならないのは当然ですが、それは「学ばせる内容の取捨選択」だけではありません。

科目間・教科間、あるいは探究活動と教科学習指導・進路指導の間での学びの重なりを上手に利用した、教育活動全体のスリム化も図る必要があり、如上のイラストで示した構図はその方策の一つを表しています。

そもそも、マネジメントという言葉は、目標を達成する/成果を挙げるために行うものであり、教育課程にしても、一度作りあげたらそれで終わりということにはなりません。

教育目標に合わせて、意図的・戦略的に教育課程を組んだら、実践を経て評価(成果検証・効果測定)を行い、さらに改善を重ねるというサイクルの中に置かなければなりません。

当然ながら、そこには効果測定とスクラップ&ビルドの繰り返しを想定し、その仕組みを最初から整えておく必要があります。


❏ 各教科の指導計画を起こすときに求められる発想

カリキュラム・マネジメントというと学校全体で推し進めるものという印象があるかもしれませんが、学年教科や個々の先生が指導計画を起こすときにも確固たる設計思想を持って臨むべきものだと思います。

各科目の学習指導では、知識の獲得は個人の活動を通じて行わせたり、2020年対応型の"予・復習と授業のサイクル"への転換を図るなどを通じて、限られた指導時間の中で最大効果を上げる工夫が求められます。

また、知識をどこまで拡張するかは個々のニーズに合わせてという発想を持たないと、生徒の手持ちのリソース(主に時間)はあっという間に食い尽くされてしまうでしょうし、仕上げ切れない場面の繰り返しで、学びに向かう生徒の意欲も失わせかねません。

学校がどれだけの教育機会を提供できるかも大事でしょうが、学びの主体はあくまでも生徒。その主体たる生徒がこなせる量、必要とする事柄をしっかりと見極めることが、教育活動の設計に際しての土台です。


❏ 学びの機会に生徒がじっくり向き合えるように

高大接続改革や次期学習指導要領を見据えて、各地の学校で教育活動の見直しが進んでいますが、新たなプログラムの新設など、「足し算」を主なスキームにしているケースが多いように感じています。

言うまでもなく、学校の教育リソースには限りがあり、増築を繰り返してはリソースの枯渇は必至です。

生徒にとっても、取り組むべきこと、経験することが増え続けていくことは、一つひとつの学びの場面にしっかり取り組み、成果を確かなものにするのを困難にします。

以前の記事にも書きましたが、行事にじっくり向き合える、忙しすぎない学校生活が送れることも大事だと思います。

教育活動の総ボリュームを膨らませるのではなく、見直しと整理をきちんと行い、全体をコンパクトにまとめることにこそ注力すべきです。

効果測定とスクラップ&ビルドの徹底を図ると同時に、様々な教育活動・指導場面を改めて相互に関連付け、重ね合わせを上手に利用するという発想をしっかり持ち直すことが求められている局面です。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
総合的な探究の時間
中教審のワーキンググループが、高校の「総合的な学習の時間」の名称を「総合的な探究の時間」に変更する案をまとめたとの報道があったのは2016年6月17日のことでした。その後、2018年7月公示の学習指導要領解説でその具体的な内容が明らかになりました。新旧課程比較対照表「総合的な探究の時間」新学習指導要領解説「総合的な探究の時間」今回の改訂では、科目の名称が変更されただけではなく、古典探究や地理探究、日本史探究、世界史探究、理数探究基礎及び理数探究といった科目も新設されており、まさに「探究」の... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/11 07:35
探究活動、課題研究
1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで 1.3 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」 1.4 総合的な探究の時間 New! 1.5 新テスト対応にも探究活動は土台となる 2 探究型学習がつなぐ各教科の学び(合教科・科目型学力)2.1 探究を軸に教科の学びをつなぐ 2.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 2.3 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問 2.4 探究... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/18 06:02
カリキュラム・年間指導計画
1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 1.5 シラバスを熟読・活用することには効果あり 1.6 評価規準は使いながらブラッシュアップ 1.7 マトリクス点検で指導主眼を適正配置 #INDEX 2 教科学習指導... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/27 05:20
大学に進んでから燃え尽きさせないために
進路希望の実現に向けて頑張ってきた生徒には、進学先でも大いに頑張り充実した日々を過ごしてほしいところですが、様々な統計を見ると、学業不振や学校生活不適応で苦しんでいる学生も少なくないようです。大学に送り出すまでに高校の中で打つべき対策もあるように感じます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/01/11 07:28
ゴールを決めて最短距離?#INDEX
社会の変化が加速する時代にあって、様々な研究者が予測していたことが現実に近づいていることを実感します。曰く、2011年に米国の小学校に入学した子供の65%は大学卒業時に今はない職業に就くだろう。(ニューヨーク市立大学キャシー・デビットソン教授)今後10〜20年程度で、米国の総雇用者の47%の仕事が自動化される可能性が高い。(オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン教授)将来の夢を早くから決めて、その実現にまっしぐらに突き進ませるという進路指導の在り方は、大きなリスクがあるのではないでし... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/07 07:26
科目を学ぶことへの目的意識/学ぶ理由
主体的、対話的な深い学びを構成する要素のうち、「主体性」にはその科目を学ぶことへの自分の理由を持っているかどうかが含まれると思います。学習方策が獲得できなければ学びは依存的に、学ぶ理由がなければ受動的になり、いずれも主体的な学びとは言えない気がします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/08 07:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル  現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる