どんな問いを立てるかで授業デザインは決まる

どんな問いを立てて教室に持ち込むかは、授業の成否を分ける最大のポイントだと思います。拙稿"学習目標は解くべき課題で示す"で申し上げた通り、「問い」は学習者にとって取り組むべき課題そのものです。

従来は「導いた結論が何か」が問いの主流でしたが、高大接続改革以降の入試では、どうやってその結論を導くかが問いになるシーンが増えそうです。この流れの中で、問いのあり方、教室にどんな問いを持ち込んで授業をデザインするかについて発想の転換が求められます。


❏ 結論ではなく、答えを導く過程が問いの焦点になる

新テストの試行問題では、「答えを導くのにどの資料を参照すべきか/何に根拠を求めるべきか」を尋ねる設問が方々に見受けられました。

例えば、政治経済の第4問B、問7では「ODAについての異なる立場について考察し、その根拠となる資料を正しく判断する」という趣旨の出題がありました。

以前から、思考力や表現力を試そうとする問いには、「〇〇とは何か/どういうことか」と「〇〇と言えるのはなぜか」という2つが主流として存在していましたが、これらとは少し違ったタイプですよね。

これは一例に過ぎませんが、「大学入学共通テスト」における問題作成の方向性についてでは、以下のような記述があります。

「どのように学ぶか」を踏まえた問題の場面設定

共通テストでは、高校等における「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善のメッセージ性も考慮し、授業において生徒が学習する場面や、社会生活や日常生活の中から課題を発見し解決方法を構想する場面、資料やデータ等をもとに考察する場面など、学習の過程を意識した問題の場面設定を重視することとしています。問題の中では、教科書等で扱われていない初見の資料等が扱われることもありますが、 問われているのはあくまで、高校等における通常の授業を通じて身に付けた知識の理解 や思考力等です。初見の資料等は、新たな場面でもそれらの力が発揮できるかどうかを 問うための題材として用いるものであり、そうした資料等の内容自体が知識として問われるわけではないことに留意してください。


これらを踏まえると、今後の授業づくりに向けて、問い方に関する発想の転換と拡充が必要かもしれません。


❏ 問いの立て方で、学ばせるものが大きく変わる

例えば、国語や英語で本文を読ませるとき、「この筆者はどんなバックグランドを持つ人か」という問いを与えておいたら、教室で実現する文章との対話も大きく変わります。

昔からよくあるパターンとして、導入のつもりで本文の背景を先回りして説明してしまうやり方があります。

如上の問いを与えて、生徒にそれを考えさせる授業と、従来型の先回り説明型とでは、生徒が学べる/身につけられるものは全く違います。

背景知識が予め与えられた状態でないと、大切なところを読み取れないという状態では、学力・読解力としてあまりに脆弱な気がします。

教室を離れた場での言語活動では、書かれたものを読み、書き手のバックグラウンドや背景にある問題意識を理解するのが「通常の姿」です。

こうした読解力は、新テストへの移行で意図されている「大学での学びに必要な基礎力」の一つですので、
  • この文章の書き手はどのような立場の人か、次の中から選べ。
  • 筆者は次の主張にどう答えるか。理由を添えて〇字で答えよ。
といった出題も十分に予想されるところです。


❏ 問い方をテーマにした授業研究の必要性

問いの立て方次第で、生徒に学ばせるものが変わり、当然ながら、授業のデザインそのものも大きく変わります。また、教室での生徒の学習活動もまったく違ったものになるはずです。

新しい学力観にそった、教え方の転換を図り、学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められるますが、授業の在り方を根本から変えていく起点となるのは、本稿で取り上げた「問いの立て方」です。

授業方法の研究は各地で進んでいますが、問い方をテーマにした授業研究の重要性は益々高まっていくとお考えいただく必要があります。

出題研究を通して"問い方"を学ぶことの必要性は今さら言うまでもありません。高大接続元年を待たずに、教育改革に意欲的な大学ではどんどん新しいタイプの問題が登場するでしょうし、模擬試験の業者もそれに合わせた出題に切り替えて行きますので、問いの立て方を研究するときの教材には事欠かないはずです。

出題研究を通して見つけた良問は、入試問題を授業の教材に使うときにで申し上げたことを踏まえた上で、積極的に授業に採り込んでいくべきでしょうし、授業中の発問もプロセスに焦点を当てた問いを中心としたものに切り替えていく必要があると思います。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一




この記事へのトラックバック

  • 活動性を高める方法と効果

    Excerpt: 1 活動性を高め、成果を可視化する1.1 アクティビティと学習効果 1.2 活動の成果を可視化する 1.3 練習場面での成果確認 1.4 できることはどんどんやらせる~生徒の邪魔をしない 1.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-12-21 04:58
  • 思考力と表現力を養うには

    Excerpt: 1 学力の三要素、高大接続改革に向けて1.1 学力の三要素とは~もう一度考えてみました 1.2 高大接続改革に向けて今できる準備 1.3 高大接続改革に向けて今できる準備(その2) 1.4 評価.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-12-27 05:30
  • 大学入学共通テストの試行調査の結果から(まとめ)

    Excerpt: 共通一次やセンター試験の出題には、できるだけ高校現場の邪魔をしないようにとの配慮が感じられましたが、2年後に迫る新テストは一転して、大学の教育の在り方のイメージのもと「これからの高校教育はこうあるべき.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-01-29 07:08
  • 隠されているものは覗きたくなる

    Excerpt: 先日、"所さんの目がテン"というテレビ番組で「のり弁の心理効果」を特集していました。このブログでのり弁について考察する気は毛頭ありませんが、「のり弁には好奇心をくすぐる宝探しのようなわくわく感がある」.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-20 06:07
  • 間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか

    Excerpt: 年度末を迎えて、そろそろ来年度の授業の進め方を具体的にイメージし始める時期でしょうか。使用教材などは既に決まっていると思いますので、ここから先の検討は「それらをどう使うか」に絞られますが、その中でもち.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-12 07:06
  • 授業改善を確実に進めるための年間実施計画作り

    Excerpt: 3月半ばを迎え、新年度の年間行事予定も固まってきている頃ですが、より良い授業の実現を目指す先生方の協働についても、スケジュールを決めてカレンダーに組み込んでおく必要があろうかと存じます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-15 07:54
  • 授業で使った教材・課題や考査問題の引き継ぎ

    Excerpt: 新年度の引き継ぎに際し、これまでの指導で使用した教材や課題、考査問題などを必要に応じて次年度以降でも利用・参照ができるように調えて残すしておくことはとても重要です。日々の指導の中で積み上げてきた工夫に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-18 07:56
  • 生徒に見えている景色を想像しながら教えているか

    Excerpt: 先生方は教科の専門家であり、日々研究を重ねて行きますの、知の地平はぐんぐん広がり、より高いところから学問の全体を俯瞰しています。一方、学びの途上にある生徒の視野は限定的、個々の知識や考え方の意味を捉え.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-20 07:44
  • 学力観の変化は良問と悪問を分け方を変える

    Excerpt: パフォーマンスモデルの学力観の下では、何を学んできたかを試すことを目的に、正解が一つに決まる問題を課し、受験者が出した答えの正誤で学力を測っていたため、正解が特定できない問題は「出題ミス」として扱われ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-07 07:51
  • 新しい学力観にそった授業と家庭学習の再設計

    Excerpt: 高大接続改革や新課程への移行で学力観も新しいものに更新を図る必要があります。学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められることは拙稿でもお伝えしました。しかしながら、授業外学習時間の延伸という課題には、.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-24 05:44