受験学年のスタートに向けて(まとめ)

3月に入り、いわゆるゼロ学期も残すところわずかです。ここまでの指導の成果として、4月に最上級生となる生徒には受験生としての意識も芽生えてきていることかと拝察いたします。

ここから先も、それぞれの目標の実現に向けた努力を生徒が互いに尊重し、頑張りを支え合う集団作りや、志望理由の具体化と深化といった、集団と個人の両方に対する指導を重ねて行くことになります。

教科学習指導においても新年度の指導計画の確定に向かうところですので、これまでに身につけさせてきた学習方策や見出されている学習上の課題をきちんと洗い出し、対応に漏れのないようにしたいところです。

本稿は、昨年2月に公開した「まとめページ」ですが、その後に公開した記事も加えてアップデートしました。お時間の許すときにご高覧いただければ光栄に存じます。

生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り
年度替わりは、生徒が互いの頑張りを支え合う集団作りの大切な時期です。新入生はもとより、進級する生徒もそれぞれ何かしらの希望や決意を抱いて新学期を迎えます。特に最上級生となる生徒は自らの進路希望の実現に向けて気持ちを高めていますので、「志望を同じくする生徒が互いの頑張りを支え合うコミュニティ」の創出に何か仕掛けるのには絶好機ではないでしょうか。じっくり作戦を練って臨みましょう。

志望理由を言葉にしてみる~ゼロ学期の始まりに
ゼロ学期を迎え、いよいよ最上級生となる新高3生は、先輩たちの受験生としての日々を間近に見ながら、自らの進路希望の実現という大きな挑戦を強く意識し始める頃かと思います。ゴールまでの最長14か月に亘る長期戦のスタートをどう切るかは、結果とともにその過程での成長の度合いも大きく変えるのではないでしょうか。受験期はまたとない成長の好機であり、頑張り続ける中で遂げた成長は、将来の自分を作る大切な土台になるはずです。

進級後の指導を見据えて(学年間での学びの接続)
学習指導にしても進路指導や生活指導にしても、単年度で指導が完結するわけではありません。ある学年での指導は、その次に進んだ時に必要になる事柄を獲得させる準備でもあり、また、前年度までの指導で達成できなかった指導目標の補完をする機会でもあります。単元や学期、学年ごとの指導目標/指導主眼が、3年間/6年間を見渡したグランドデザインの中に正しく配列され、互いに結び付いているか、どこかで点検してみては如何でしょうか。

受験期を迎えるために春から進める準備
最終学年の夏を過ぎて「受験期」を迎えると様々な目的と課題を持った生徒が一つの教室で机を並べる状態になります。個々の生徒の力を最大限に伸ばすには、与える課題の選定などを通じて「学びの個別化」も図らなければなりませんが、その一方で、生徒が互いの頑張りを支え合う学びのコミュニティも維持しなければなりません。来年度の指導を設計するに当たり、秋からの教室の様子を年度末にしっかりイメージしておく必要があると思います。

終盤まで伸び足を止めないために
模擬試験の成績や授業評価アンケートのデータを見ていると、2年生のときの大きな低下(あるいは停滞)を3年生の前半で大きく巻き返したと思ったのに、夏を越えて受験期を迎えた途端にパタッと伸び足が止まってしまうことがあります。原因は様々で、見立てを誤り拙速な対処策を考えると却って問題を大きくするリスクがあります。本稿をご参考に幾つかの類型を想定した上で生徒をじっくり観察し、慎重に原因を特定していきましょう。

進路意識の高揚を目的とした講演会の企画
進路意識へ高揚を図ることを目的に、生徒が目標としている大学に進んだ卒業生やその大学の入試広報担当者を招いて講演会などを実施することがありますが、進路意識の継続的な高揚や受験生としての個人/集団レベルでの成長という所期の目的を達するには、企画・運営に際して「行事にじっくり向き合える余裕」「振り返りを通した課題形成」「目的を共有するコミュニティの形成」「生徒が互いの気づきや課題をシェアする相互啓発」などへの十分な配慮が不可欠です。


■ 関連記事: 授業開き/オリエンテーション(全4編)

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 進路意識の高揚を目的とした講演会の企画

    Excerpt: 進路意識へ高揚を図ることを目的に、生徒が目標としている大学に進んだ卒業生や、その大学の入試広報担当者を招いて講演会を実施することがありますが、せっかくの企画も単発のイベントに終わってしまい、継続的な効.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-01 05:43
  • 志望理由を言葉にしてみる~ゼロ学期の始まりに

    Excerpt: ゼロ学期を迎え、いよいよ最上級生となる新高3生は、先輩たちの受験生としての日々を間近に見ながら、自らの進路希望の実現という大きな挑戦を強く意識し始める頃かと思います。ゴールまでの最長14か月に亘る長期.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-01 05:44
  • 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り

    Excerpt: 年度替わりは、生徒が互いの頑張りを支え合う集団作りの大切な時期です。新入生はもとより、進級する生徒もそれぞれ何かしらの希望や決意を抱いて新学期を迎えます。特に最上級生となる生徒は自らの進路希望の実現に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-01 05:45
  • 進路希望の具体化と実現へ

    Excerpt: 1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 1.3 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で .. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-08 07:23
  • 学級経営、生徒意識の把握

    Excerpt: 1 互いの学びを支え合う集団を作る1.1 教科学習指導の土台はホームルーム経営 ★1.2 互恵意識で結ぶ学びのコミュニティ 1.3 授業規律VS学ぶことへの自分の理由 2 環境整備、係の仕事、ト.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-08 07:25
  • 学年・校種間の指導を繋ぐ

    Excerpt: 1 学年・校種間での学びの接続 Updated!1.0 進級後の指導を見据えて(学年間での学びの接続) 1.1 同じ教材で同じように教えているのに… 1.2 前年度の指導に起因する学習指導上の課.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-28 10:19
  • 新学期を迎える準備(まとめページ)

    Excerpt: 年度末を迎えようとしているこの時期に、やるべきことをリストアップし、それぞれの重要度を判断しておきたいところです。当ブログの中から「春休み」と「新学期」をキーワードに持つ記事を集めてみました。最終更新.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-01 06:07