生徒に見えている景色を想像しながら教えているか

先生方は教科の専門家であり、日々研究を重ねておられます。知の地平はぐんぐん広がり、より高いところから学問の全体を俯瞰しています。一方、先生方から教わる生徒は「学びの途上」であり、新たしく学ぶことの周辺や背景には想像が及びません。言い換えれば、これから学ぼうとしている生徒は、先生方と違う景色を見ているということです。

何を教えるにしても常にこれを念頭に置かないと、意図するところは正しく伝わらず、確かな理解を積み上げるのは難しくなるはずです。


2019/03/20 公開の記事をアップデートしました。

❏ 初学者が見えている景色を想像してみる

最近はあまり見かけなくなりましたが、平成の最初の頃に「巨大迷路」が方々にあったのをご記憶でしょうか。

迷路に入るとどこが出口かも見失ってしまい、目の前の通路を右往左往しながら進んでいくしかありません。

これと同じようなことが複雑な体系をなす各教科の単元群を学んでいくときの生徒にも起きています。

そんな中、右に行け、まっすぐ進め、左に曲がれと言われても、自分が今どこにいるかも想像できず、来た道さえ分からなくなります。

教えるときに先生方に見えている景色と、生徒に見えている景色の違いを踏まえないと、個々の学習内容を理解させようといくら熱弁をふるっても意図するところは伝わらないということではないでしょうか。

認知の網が張られていない領域では、入ってきた情報を拾い上げて理解という形に再構成することすら容易ではありません。


❏ 曖昧な理解を専門用語でごまかしていないか

先生方には馴染みの深い専門用語も、十分な定義もしないまま、生徒が本当のところを理解しているかどうか確かめずに使っていると、生徒の学びに大きなリスクをもたらします。

生徒は、用語を使っていることで何となくわかったような気になってしまい、ときには曲解が膨らんでいくこともあります。

先生方は、背景知識も備えていますし、その用語が生まれた経緯も踏まえて、そうした用語を使っていますが、生徒はそうとは限りません。

ここにも、先生と生徒の間の「見えない認識の壁」が存在します。

例えば、「調査」という言葉を当てるべきときに「探究」という言葉を使ってしまっている生徒もいますし、先生が「行動経済学」と「古典的な経済学」という用語を対比させているときに生徒が両者の境界や関係を理解できていないこともあります。

用語の厳密な定義から入っては、堅苦しさから学びの意欲も損ねるでしょうから、ある程度までは用語の感覚的な使用を許しても良いかもしれませんが、学びがある程度進んだらきちんと整理させましょう。

こうした「少し学んでからの再定義」をきっかけに、あたかもドローンが中空に飛び立つかのように、自分の視点が高い位置に動き、迷路の全体が見渡せるようになることがあります。

先生方もそんな感覚を経験したことがあるのではないでしょうか。


❏ 身近な問題から認知の網を広げる材料を揃える

新しいことを学ばせていくときの鉄則のひとつは、生徒が理解し得ることを起点に、認知の網を押し広げながら学ばせていくことです。

生徒が報道などで見聞きし、問題意識を持っているようなことを取り上げ、その解決に講じられている方策を紹介したのちに、その理論的バックグランドになっているものを教えていくという手順は効果的です。

今学んでいることが身近なところでどう使われているのかを紹介するエピソードにも同様な効果がありますし、教科書で既に学んでいたことと比較してみることも思った以上の効果を持ちます。

こうした材料をすべての単元、学習内容について「引き出し」に揃えておくのは決して容易なことではありません。

それでもアンテナを高く立て、日常の出来事と自教科で学ばせていることの接点を探す習慣を持ち、引き出しを拡充していくしかありません。

また、材料の収集に先生方が協働で取り組み、それぞれの先生が見つけ出したものを互いに共有すれば、蓄積は何倍ものペースで進みます。

次年度への継承という縦軸も加えれば、効率はさらに高まりますので、"授業で使った教材・課題や考査問題の引き継ぎ"は重要です。

教材は自作したい、その方が達成感があるというお気持ちもあろうかと思いますが、目的はあくまで教育の質的改善。他人の成果を使おうが、自分で創り上げようが、生徒をより大きく成長させた者の勝ちです。


❏ 不用意な先回りが生徒の学びを阻害する

話が少々脇に逸れましたので元に戻しましょう。タイトルにもある「生徒と同じ景色を見て」という要件が満たせなくなるのには、他のケースもあります。

先生方は長年の経験の中で、問題を見れば解き方がすぐに思い浮かび、どの知識を利用すべき場面かの判断がつきます。問題文が伝えていることも、豊富な背景知識に照らして容易に理解できます。

しかしながら、初学者や学習の途上にある生徒は、そうした「先読み」ができません。

問題文中に示された情報を一つひとつ拾い上げて紡ぎながら考えていくしかありませんし、そこで身につけたものが、課題形成や課題解決の力になります。

これを忘れて、うっかり先回りして解法を示してしまっては、せっかく生徒に見えているものを無視して、クレーンで生徒を出口に運び出してしまうのと同じではないでしょうか。

"どんな問いを立てるかで授業デザインは決まる"で申し上げた通り、新テストを機に、「正解は何か」から、「解を導くにはどうすれば良いか」へと問いの焦点がシフトしていきます。読んで理解したことをもとに考える力もさらに重視されます。

思考力を鍛えるのは、教える前が勝負と考え、「正解ありき」で教えていないか?と常に自問しながら、教室に立つ必要がありそうです。



追記: 時は3月後半。新しく入学してくる生徒や進級に伴いこれまで教えていなかった生徒を前に授業を行うのは間もなくです。

長らく一緒に教室で過ごしてきた生徒とは相互理解や言わずもがなの部分があったかと思いますが、新しい生徒との間では話が違います。

各校種で教育改革が進む中、生徒が学んできたこと/体験してきたことが以前とはずいぶん変わっていることもあるはずです。生徒の学習者行動をつぶさに観察するとともに、先生が想像するのと同じ景色を生徒が見ているかしっかり反応を確かめながら授業を進めましょう。

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 授業開き/オリエンテーション#INDEX

    Excerpt: まもなく新学期です。春休みに補習・講習、部活動の指導などご多用の毎日をお過ごしになりながら、新学期の準備も進められていることかと存じます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-25 06:06
  • 戸惑いを抑える、約束事と個々の指示

    Excerpt: 何らかの行動を指示したときに、生徒が期待通りの反応をとれないことがあります。原因は様々ですが、大別すると「何を求められているのか把握しかねている場合」と「指示に応える態勢が整っていない場合」の2通りが.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-19 07:20
  • 話し方・伝え方、強調の方法

    Excerpt: 1 わかりやすい話し方1.0 わかりやすい話し方(序) 1.1 わかりやすい話し方(その1) 1.2 わかりやすい話し方(その2) 1.3 わかりやすい話し方(その3) 1.4 わかりやすい話.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-19 07:21