目標を持った状態で巣立たせる

各地の学校が特色ある学校づくりに取り組んでいる以上、実現を目指している教育の価値とその成果を示す指標にはもっと様々なものがあって良いと思います。例えば、卒業に臨んで「私はどうしてこの進路を選んだ、この道でこんなことをしてみたい」との思いをしっかり抱き、言葉にできる生徒の割合などは、その一つになり得るはずです。

大学入試でも志望理由書や学修計画書が重要な合否判断材料と位置づけられるようになりますが、就職した生徒、専門学校に進んだ生徒、家業を継ぐ生徒についても、しっかりとした理由と計画を持っているかどうかは大事なこと。

志望理由や自分の将来像を明確にできたことは、3年間/6年間の教育の成果、生徒たちの頑張りの度合いを如実に示すのではないでしょうか。

高校のランキングというと、入るときの入試難易度(偏差値)と出る時の大学合格者数で作られたものが大半ですが、単一の物差しで背比べをしているのは、そうした指標の確立が遅れていたからかもしれません。

明確な目標と理由をもって巣立つ生徒を増やすことは、こうしたランキングで上位に食い込むのとは違った価値があるチャレンジです。

 ■ 高校の普通科見直し議論に覚える違和感


❏ あらゆる瞬間に興味や目的を持っていることの強み

どんな進路を選ぼうとも、そこに明確な目的を見出し、自分が社会にどう関わっていくか明確にイメージできている生徒は、次のステージでも燃え尽きたり目標を失ったりせずに頑張り続けてくれるはずです。

高校を出たときに抱いていた夢に拘り、わき目もふらず、軌道修正もしないでまっすぐに進むべきと言っているのではありません。

何かに一生懸命になっていれば、達成した中に新たな興味も生まれるのは当然です。興味の対象を新たに見つけたら、舵を切って新たな目標に向かうのは大いに結構、健全な判断だと思います。

キャリアは選ぶものではなく、積み重ねるものです。

日々の頑張りの中に見出した新たな興味にじっくり向き合い、具体的な目標に昇華させていくことの繰り返しは、しなやかで変化に強い生き方と言えるのではないでしょうか。


❏ 逆算式の進路指導ととりあえずの選択からの離脱

その一方で、どんなに「立派」な進路を得たとしても、志望理由も曖昧なまま、とりあえずで選択した目先の目標しか持たないのでは、それを達成したあとに次の目標を見つけるのはなかなか大変です。

新たな目標が見つかるまで「自分探し」と称して何もせずじっとしていては、偶然との出会いもなく、新たな興味も生まれませんし、何よりも再始動に多大なエネルギーが必要になります。

進学後の不適応やその結果としての中途退学、せっかく就職したのに短期間での離職といった、よく耳目にする問題の根っこはこう言ったところにあるのではないでしょうか。

職業調べから入って、取得する資格や働く業界などをイメージさせることでの進路希望作り(ゴールを決めて最短距離?)では、肝心の理由が後付けになることが少なくありません。

そもそも選んだ仕事が10年後にも存続しているとも限りません。意図せずとも「とりあえずの選択」を迫ったことが、生徒を袋小路に追い込むリスクも、頭のどこかに意識しておくべきだと思います。


❏ 志望理由を見つけるきっかけは日々の学習指導の中に

目指すべき目標として「進路希望」を作らせて、頑張りを引き出すという戦略は、うっかりすると「とりあえずの選択」を助長するだけの結果になります。

カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところでも書いた通り、頑張るために目標を作るという戦略には、「目標が決まらない限り、頑張りは引き出せない」という落とし穴が待っています

日々の授業で「できるようになった」との達成感を積み上げさせることで様々な科目(学びの対象)への自己効力感を維持しつつ、自分事として考えられる課題を与える方が、副作用もなく効能も確かです。

課題解決型学習(PBL:project-based learning)の要素を組み込めば、各教科の学びの中で広く興味・関心を刺激することができ、生徒は自ずと「興味→努力→達成→新たな興味」というサイクルの入り口に立つことになるのではないでしょうか。


❏ 探究活動と一体化した進路指導で、進路希望を作る

課題に挑み、それに解を導けたという達成感の先に、生徒がそれぞれ学びを広げ、深めていくきっかけを与えるべく、探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問を用意してあげることも重要だと思います。

高大接続改革以降の入試では、「正解は何か」ではなく、「答えを得るにはどうすれば良いか」を問う、探究で身につけた思考様式の有無を試す問題も登場が予想されますので、その対策にもなるはずです。

探究的な学びを求めるには、当然ながら、生徒一人ひとりが中学校までの横断的・体験的な総合学習で取り組んだことやその成果も土台にしなければなりません。

中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」の設計の成否が、明確な目標と理由をもって巣立つ生徒を増やせるかどうかを大きく左右しそうです。

大学への進学を希望する生徒の指導なら、学部・学科調べに、学問探究という入り口も加えたいところです。様々な分野で研究を行い、活動を展開している人々の営みに触れることは、社会が取り組む課題に自分はどう関わるのかを考える契機になるはずです。

■ご参考記事:
  1. 卒業を前に改めて考える、大学に進んで学ぶ理由
  2. 大学に進んでから燃え尽きさせないために
  3. 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル


次稿「目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心」に続く。

学校の教育力を伝える新たなモノサシ

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心

    Excerpt: 目標を持った状態で巣立たせるには、日々の学びの中に興味や関心を見つけてもらうことがスタートです。興味は自力で考え工夫して達成したこと(=できるようになったこと)の中に生まれ、関心は「自分事」として認識.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-31 07:08
  • 学校の教育力を伝える新たなモノサシ

    Excerpt: 学校の裁量が拡大され、様々な特色ある教育活動が展開されるようになりました。単位制や総合学科な言うまでもなく、普通科でもコース制を取ったり、独自の教育プログラムを用意していたりするなど様々な価値を打ち出.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-06-05 05:24
  • 評価、効果測定・成果検証

    Excerpt: 1 効果測定を通じた教育資源の最適配分1.1 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分) 1.2 学校経営計画の進捗を確かめ、達成可能性を高める 1.3 選考基準は妥当だったのか~追跡調査.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-06-06 06:13
  • 学校評価、学校広報

    Excerpt: 1 学校評価アンケートをどう活用するか ★1.0 学校評価アンケートをどう活用するか(序) 1.1 意図は伝わっているか、成果はあがっているか 1.2 より良く知ってもらい理解と共感を得るために.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-06-07 05:51