働き方改革~校務の見直しと再構造化(記事まとめ)

学校の先生の多忙が取りざたされて久しくなりました。報道を見ても、現場でのご様子を拝見しても「働き方改革」は待ったなしの課題だと改めて感じています。外にいる私が直接何かできるわけでもなく心苦しく感じておりますが、少しでも何かのヒントになればと、考えるところを起こした拙稿をまとめてみました。

ご多忙を極める中、矛盾する言葉で誠に恐縮ですが、お時間のあるときにご高覧いただければ光栄に存じます。

  1. 業務の無駄を省く~現場レベルで可能なコストカット
    先生方の多忙はもはや限度を超えており、業務の削減と効率化は先送りできない課題の一つです。多忙の原因には、制度改革を必要とする構造的なものと、現場レベルでの仕事の進め方しだいで解消を図りえるものとがあります。構造的な問題の改善を急がなければならないのは当然ですが、日々の教育活動とその進め方に改善の余地がないかを洗い出し、ひとつひとつ片づけていきたいところです。

  2. 先生方の多忙解消に~個々の教育活動の価値見直し
    先生方の多忙解消に向けた議論が盛んですが、なかなか問題は解決に向かわないようです。退勤時間が早くなっても持ち帰る仕事が増えただけとの話もよく聞きます。多忙を解消するには、基本的には2つの方法しかありません。ひとつは個々の仕事の効率化、もう一つは仕事そのものを減らすことです。これまでに取り組んできたことのたな卸し、個々の業務の再評価と取捨選択が欠かせないはずです。

  3. 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)
    限りある教育リソースを最適に配分するにはきちんとした効果測定が欠かせません。ある指導を取りやめるには合理的な説明も必要ですし、新たな取組も理解者と協力者を増やすにはエビデンスが必要です。大抵の場合、検証に用いるデータは記録のどこかに存在しますのでそれを探しましょう。検証のために仕事を増やしては本末転倒。最小の負担で効果的な検証ができる方法を考えましょう。
    作成・保存されているデータの"たな卸し"

  4. 学びの重なりを上手に利用したコンパクトな学校経営
    高大接続改革や次期学習指導要領を見据え、各地で教育活動の見直しが進んでいますが、新たなプログラムの新設など「足し算」を主なスキームにしているケースが多いようです。学校の教育リソースには限りがあり、生徒が取り組むことが増え続けていけば、生徒が一つひとつの場面にしっかり取り組み、成果を確かなものにするのを困難にします。見直しと整理をきちんと行い、全体をコンパクトにまとめることに注力すべきです。

ジャンル別記事インデックス 評価、効果測定・成果検証


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一