授業評価の結果に基づく「改善行動の効果検証」

年末を迎えて授業評価アンケートの集計結果をお届けする時期です。1学期に続いて今年2回目という学校もあれば、昨年から1年ぶりというケースもありますが、集計結果をご覧になられて真っ先に行っていただきたいのは、「授業改善に向けた取り組みの効果検証」です。

授業評価アンケートにおいて、真っ先に注視すべき最重要項目は言うまでもなく「この授業をうけて、学力や技能の向上や自分の進歩を実感できたか」という【学習効果】であり、まずはこの項目の集計値が前回と比べてどうなっているかをご確認ください。


❏ 学力や技能の向上を実感できる授業に近づいたか

授業別集計にある以下の箇所をご覧ください。下から三行目に「変化」が表示されています。ここに表示された数値が各項目の集計値(ご担当されている全授業の平均値)の前回比較です。

授業別集計サンプル①.png
上の例では、残念ながらⅦ学習効果の結果にほとんど変化はなく、必達目標である75ポイント(肯定的な回答が9割を占める水準)には近づくことができませんでした。

日々の授業を通じて学力向上や自分の進歩を実感している生徒は、高い確率でその科目への興味や関心を深めるという データ がありますが、上例では、生徒が科目への自己効力感を十分に持てる学びの実現にまだ改善の余地があるということです。


❏ ボトルネック解消への取り組みは成功したか

Ⅶ以外の9つの質問は、学習効果の高い次元での実現を妨げる要素(=ボトルネック)がどこにあるかを探すために設けた「説明変数」であるとお考えいただくのが好適です。

上図中で上下両方向に伸びている棒グラフは、各項目の集計値と総合得点(Ⅰ~Ⅶの平均)との回帰式から算出した残差[近似線との距離]を表示しており、上向きの棒はその項目は「活かすべき強みを内包する」ことを、下向きの棒は「ボトルネックである可能性がある」ことをそれぞれ意味します。

このサンプルで取り上げた先生は、前回の結果でⅤ目標理解にボトルネックを抱えている可能性が示唆されていましたが、当該項目での改善があまり進まず、結果的にⅦ学習効果の上昇が妨げられた様子です。

ボトルネックの解消には、教科内での優良実践(=当該項目で高い評価を得た授業)での手法やコメント欄でご提案させていただいている方法を試していただくのが効果的と考えますが、改善が進んでいないようなら、そうした取り組みが十分だったか振り返ってみるべきと存じます。

授業別集計サンプル②.png
取り組みは十分であったにも関わらず、ボトルネックの解消が進まなかったとしたら、作戦そのものの見直しが必要ということです。改めて、高い評価を得ている授業を参観に行ったり、担当する先生の話を聞いたりすることで、新たな作戦を立て直しましょう。


❏ 大きな改善が見られたら、その理由を言語化

上例とは逆に大きく改善したというケースも少なくないはずです。7月実施と12月実施の間のわずか5カ月間で10ポイント以上も評価を伸ばすケースもしばしば観測されます。

こうした場合に大切なことは、「何が奏功して学習効果が上昇したのか/どういった試みがボトルネックの解消に繋がったのか」をきちんと言語化する(=理由をはっきりさせる)ことです。

言語化した取り組みは、継続することも、客観的に見直してさらにブラッシュアップすることもできますし、何よりも、周囲(=教科内の他の先生方)と共有することができれば、教科全体/学校全体での授業改善にも貢献できるということです。

 ■ 大きな成果が出た時にこそ~実践の共有と継承


❏ 校内/教科内での相対的な位置も確認

ご自身の授業改善に向けた行動の効果検証に加えて、可能であれば、校内/教科内での相対的な位置の変化も確認しておきたいところです。

集計結果の分析をご依頼いただいている学校には、下図のような項目別の集計値分布を箱ひげ図でご提示させていただいていますが、その箱ひげ図にご自身の集計値を書き込んでみるのはいかがでしょうか。

授業別集計サンプル④.png

もし、箱の上端を超える(=上位4分の1)に含まれるようなら、共有すべき実践として教科会などの場で積極的に発信をすべきですし、箱の下端に届かないところに位置しているなら、他の先生の実践の中から自校の生徒の学習者特性にマッチした手法を学ぶ必要もあります。

以前は中央値を超えるところにいたのに、周囲の先生方の努力と工夫で相対的な位置が下がってきたような場合も、改めて周囲を見渡し、新たな学ばせ方を取り入れていくべきではないでしょうか。



ちなみに、学習指導の効果測定/評価においては、
  1. 授業評価アンケートで測定できる部分
  2. 模擬試験や外部検定の結果を踏まえて評価すべき部分
  3. ルーブリックなどを用いた生徒の学習行動を観察しての評価
  4. ポートフォリオに残った各種ログに照らしての評価
など、様々なツールを用いた多面的なアプローチが必要ですが、いずれの場合も「前回の測定値との差分」(=当期の指導がもたらした変化)に着目して行うことが肝要です。

また、授業改善には先生方の協働が欠かせません。授業評価アンケートの集計結果が戻りましたら、是非とも教科会を開催し、改善に向けた課題形成、教科としての今後の取り組みの方針などを話し合いましょう。以下は、ある学校で分析報告会のあとに行った教科会の次第です。
教科会の進め方(ご提案).png
■ご参考記事:
  1. 授業評価アンケートの集計が終わったら
  2. 授業評価の結果を改善に活かす思考フロー
  3. 優れた実践を見て言語化する(見取り稽古)
  4. 生徒の特性に合わせた教え方・学ばせ方のアジャスト
  5. 年度の後半で授業評価が下がる?


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一