どこにスケールを当てて学びの成果を測るか

学力を測定するとき、評価を行う時点で生徒がどこまで到達しているかを見るのが普通ですが、前稿でも触れた「学びを経て生じた差分」にも十分な注意を向けるべきだと思います。 新課程への切り替わりを前に「主体的・対話的な深い学び」の実現に向けて様々な指導法の工夫がなされる中、評価においては「到達したのがどこか」に加え、学びを通して「どのくら…

続きを読むread more