その宿題、本当に必要ですか?(その3)

シリーズタイトルとした「その宿題、本当に必要ですか?」は、宿題を指定する側が常に自問しなければならない問いだと思います。生徒が学習に振り向けられる時間は有限であり、その貴重なリソースを最大限に活かすには、より効果的な課題を選び出して行く必要があるはずです。 日々の授業で生徒に課している宿題・課題の一つひとつには、履行を通じて達成す…
トラックバック:3

続きを読むread more

その宿題、本当に必要ですか?(その2)

宿題や課題を通して、授業で学んだことを課題解決に使ってみることは達成感を原資に次の学びへのモチベーションを高める効果に加え、課題に向き合って答えを仕上げる中で、不明の解消や興味の掘り下げも図られますので、学びを深く確かなものにします。 前稿で挙げた3タイプの宿題のうち、「授業内容繰り返し型(記憶再現タイプ)」や「主教材と別に進める…
トラックバック:3

続きを読むread more

その宿題、本当に必要ですか?(その1)

先生方の多忙はすでに広く認知された社会問題ですが、生徒の忙しさもかなりのところまで来ているように感じます。 こなしきれないほどの宿題を与えても、ひとつひとつの課題にじっくり向き合えなくなってしまっては本末転倒。仕上げ切らないことを常態化させてしまっては一大事です。 教材でかばんを膨らませても、学びが膨らむとは限りません。生徒…
トラックバック:3

続きを読むread more

LHRで授業評価を行うことのメリット

生徒による授業評価アンケートには、授業毎に教科担当の先生が教室で用紙を配って実施するパターンと、ロングホームルーム(LHR)内でクラス担任の先生の指導のもと全授業について一度に実施するパターンとがありますが、どちらが良いかとのご相談を受けることがあります。 結論から言えば、LHR内での実施の方がメリットが多いと思います。大学のよう…

続きを読むread more

負荷を抑えて「できた気」にさせてしまうことのリスク

適正な負荷を掛けることは力を効率的に伸ばします。少し背伸びすれば手が届くところに目標が設定されてこそ、頑張ってみようという気にもなるのではないでしょうか。 生徒が学習内容を確実に理解できるようにと様々な工夫を凝らすのは良いことだと思いますが、課題の難易度を抑えたり、わかりやすさを優先し過ぎたりすると思わぬところに様々な弊害が生じま…

続きを読むread more

活動性と学びの成果を繋ぐ鍵~課題を通じた目標理解

別稿でも書いた通り、授業時間内における学習者の活動性は以前と比べて高まっていますが、せっかくの活動が学びの成果につながっているかと言えば、必ずしもそうとは言えないケースも見受けられます。 様々なアクテビティが授業時間内に配列され、生徒も反応よく活動していても、学びの目的であるコンピテンシーの増大という結果が伴わなければ、授業内の活…
トラックバック:15

続きを読むread more

学習目標は解くべき課題で示す

日々の授業や各単元の学習に明確な到達目標を設定し、生徒としっかり共有できているかどうかで学びの成否はほとんど決まってしまいます。 学習目標の提示には様々な方法が試されていますが、単元名や指導案で見かけるような「〇〇について理解を深める」といった表現で「本時の学習を通じて達成すべきこと」を生徒は十分に把握できるでしょうか。まだ学んで…
トラックバック:14

続きを読むread more

新年度を迎えるに当たり~まとめページ(2020年度版)

いよいよ新年度も目の前に迫りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に先が見通せない中、新入生や進級する生徒を迎え入れる準備には例年をはるかに超えたご苦労があろうかと拝察いたします。それぞれの学年に応じた学びへの意識付けや習慣の確立、学びのコミュニティ作りなどにもいつもの年と違った手順を取らざるを得ないかもしれません。 こうした「危…

続きを読むread more

生徒に見えている景色を想像しながら教えているか

先生方は教科の専門家であり、日々研究を重ねておられます。知の地平はぐんぐん広がり、より高いところから学問の全体を俯瞰しています。一方、先生方から教わる生徒は「学びの途上」であり、新たしく学ぶことの周辺や背景には想像が及びません。言い換えれば、これから学ぼうとしている生徒は、先生方と違う景色を見ているということです。 何を教えるにし…
トラックバック:3

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション#INDEX

春休みが終わればいよいよ新しい年度の始まりです。オリエンテーションもあれば、それぞれの学年、科目での授業開きもあります。最初のコンタクトで何を伝えるかが、1年間の指導の成否を大きく左右します。新入生に限らず、新2年生、新3年生との新しい1年も始まります。 こちらからどんなメッセージを伝えるかも大事ですが、生徒の行動様式や意識の在り…
トラックバック:11

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その4)

新年度を迎えての授業開きやオリエンテーションでは、新しく学ぶ科目の目的や学び方に加え、生活や進路に対する心構えや生徒に期待されるところが先生方から熱いメッセージとして伝えられます。こうした場を参観していると、それぞれの先生方の思いや考え方に触れ、聞いているこちらも生徒と一緒に様々な刺激を受けます。 新入生を迎える場面での最初の指導…
トラックバック:5

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その3)

授業開きや学習オリエンテーションに臨むに当たり、もう一つ大切なのは「指導を通じて生徒にどんな状態に到達させるための指導なのか」を指導に当たる先生方がはっきりさせておくことです。指導の前に「目指すところの共有」と「目線合わせ」をしっかり行うようにしましょう。 目指すべき到達状態に近づけるには、現状と変化の様子をしっかり注意して観察す…
トラックバック:6

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その2)

授業開きや学習オリエンテーションでの指導はその場で完結するものではなく、新しく始まる学びに適合させる一連の取り組みの始まりに過ぎないはずです。指導で伝えたことは、生徒の学び方の改善、ひいては学力の向上という結果に結びついてはじめて意味を持ちます。 如上の場にどれだけ明確なメッセージを用意して臨み、雄弁に伝えたとしても、受け手である…
トラックバック:7

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その1)

新学期には、新入生に対して様々なオリエンテーションやホームルーム合宿などが計画されているかと思います。進級した生徒に対しても新たに学び始める科目の授業開きでは学習法のガイダンスが行われます。 いずれも生徒に対して「こんな行動を取って欲しい、こんな意識をもって日々を過ごしてほしい」というメッセージを伝える大切な場です。 しかし…
トラックバック:5

続きを読むread more

単元ごとに設定するターゲット設問

習ったことを使ってみる機会を整えることは、学びを深く確かなものにするには欠かせません。ターゲットとなる設問を導入フェイズで見せておけば、何を学ぶかをしっかり理解させることができますし、学び終えてその問いに立ち戻って答えを仕上げれば「わかった」ところで学びが止まることも防げます。 課題を与えて解決の方法を考えさせたり、必要な情報を集…

続きを読むread more

ホームルームの年間実施計画

新学期に向けて、各教科の年間指導計画は完成に近づいていることと拝察いたしますが、各学年におけるロングホームルームの年間実施計画の作成は進んでいるでしょうか。年間で30回ほどの貴重な指導機会に、生活、学習、進路の各領域の到達目標を達成するための活動を余さずに配置するには、実施計画を十分に練る必要があります。 活動の一つひとつに優先順…

続きを読むread more

学力差、苦手意識への対応

1 苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる1.1 苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる 1.2 成績が学力向上感、得意・苦手に及ぼす影響 1.3 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響 1.4 活動性が苦手意識を抑制する機能とその限界 1.5 不要な苦手意識を抱かせない(その1) 1.6 不要な苦手意識を抱かせない…
トラックバック:3

続きを読むread more

カリキュラム・年間指導計画

1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 1.5 シラバスを熟…
トラックバック:2

続きを読むread more

学級経営、生徒意識の把握

1 互いの学びを支え合う集団を作る1.1 教科学習指導の土台はホームルーム経営1.2 互恵意識で結ぶ学びのコミュニティ 1.3 授業規律VS学ぶことへの自分の理由 1.4 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り 1.5 進路意識の高揚を目的とした講演会の企画 2 環境整備、係の仕事、トッカツへの期待2.1 海外も注目している日本の…
トラックバック:0

続きを読むread more

進路希望の具体化と実現へ

1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 1.3 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で ★ 1.4 準備が整わないうちに選択を迫っていないか 2 進路希望の実現をあきらめさせない2.1 どこまで伸びるか見立てる 2.2…
トラックバック:3

続きを読むread more

受験学年のスタートに向けて(まとめ)

3月に入り、いわゆるゼロ学期も残すところわずかです。ここまでの指導の成果として、4月に最上級生となる生徒には受験生としての意識も芽生えてきていることかと拝察いたします。 ここから先も、それぞれの目標の実現に向けた努力を生徒が互いに尊重し、頑張りを支え合う集団作りや、志望理由の具体化と深化といった、集団と個人の両方に対する指導を重ね…
トラックバック:7

続きを読むread more

リモート学習の可能性と十分な成果を得るための前提要件

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、昨日から多くの学校で休校措置が取られました。所用があって駅前の商業施設を訪ねたところ、フードコートで楽しそうに談笑している高校生やカラオケ店に入っていく中学生らしきグループを見かけましたが、大丈夫なんでしょうか。 休校という非常態勢をとった意味が伝わっていないような気がするような、しないよう…

続きを読むread more