学習方策の獲得はどこまで進んでいるか

新課程への移行を目前に、日々の授業で「主体的、対話的な深い学び」をこれまで以上の水準で実現していくことは喫緊の課題です。授業評価アンケートや、ルーブリックを用いた活動評価、ポートフォリオに残された各種ログなどを検証材料に、如上の学びの実現度を把握し、新しい学力観の下での授業改善を着実に進めていきたいものです。

本稿と次稿では先ず、「主体的な」に焦点を当てて授業評価アンケートの回答データの解析と考察を試みます。

言うまでもありませんが、主体的な学びは、生徒が学ぶ意欲や学ぶことへの自分の理由(目的意識)を持ち、自立的に学びを進められるだけの土台(学習方策)を備えてくれないことには実現しません。


❏ 目的意識と学習方策についてのアンケート項目

生徒による授業評価アンケートでも「新課程対応版」としてバージョンを新たにした質問設計をご採用いただく学校が増えてきています。

主体的な学びの実現度に関する質問文は「主体的、対話的な深い学びへ~授業評価アンケート」で示した以下の2つで、回答は{とてもそう思う(4点)~まったく思わない(0点)}の5段階からの選択です。

学習方策
  私は、この科目の学び方や取り組み方が身についたと思う。
目的意識
  私は、自分なりの課題や目的を持って日々の授業に臨んでいる。

なお、アンケートは【学習効果】「授業を受けて、学力の向上や自分の進歩を実感できる」などの質問と組み合わせて10個の評価項目で全体が構成されています。


❏ 学習方策の獲得と学力の向上感は「概ね」一致

下表は、【学習方策】と【学習効果】のクロス集計の結果です。

学習方策と学習効果0819.png
前者で「とてもそう思う」と答えた生徒の9割近くが後者でも「授業を受けて、学力の向上や自分の進歩を実感できる」と明確に答えていますが、前者への答えが弱含みになるにつれて、学力の向上や自分の進歩を実感する度合いも弱まります。

学習方策に関する質問への回答ごとに、学習効果の得点の平均値を比較してみると下図のようになります。マーカー(◇)から上下に伸ばした線は、標準偏差の大きさを表します。

学習方策と学習効果LG.png
如上の質問(学習方策)に、AまたはBを選んで答えられる状態をキープすれば、生徒が授業を受けて学力の向上や自分の進歩を強く実感しやすくなります。別稿のデータに照らせば、そうした実感は科目への興味や学び続ける意欲の向上に寄与するはずです。


❏ 定期的に生徒の自己認識を確かめておきましょう

ご担当される授業の中で、如上の質問文を用いてミニアンケートを行ってみてはいかがでしょうか。

もし、「学び方が身に付いているか自信がない」という生徒が一定以上を占めているようなら、生徒は丁寧に教えてもらって理解を重ねているだけで、自力で不明を解消したり、新たな理解を築き上げたりする力を十分に身につけていないのかもしれません。

日々の授業において、丁寧に説明を重ねて教えきる前に、生徒に課題を与えてその解決に必要な知識や情報を集めたり、テクストを読み自力で理解したりする練習の場を設けるようにする必要がありそうです。

別稿の通り、学習方策は課題解決を通して身につくものです。

実際、「先生の説明はわかりやすく、指示に戸惑うこともない」かを尋ねる【指示と説明】と【学習方策】との相関係数はクラス別集計値ベースで 0.5 をようやく超える程度であり、「わかりやすさ」と「学び方の確立」が共起していない授業も少なくありません。

また、入学直後には高い割合を占めていた「この科目の学び方や取り組み方が身についたと思う」と答える生徒は、学年・学期が進むにつれて減少していきます。

割合の落ち込みが大きくなりがちな時期は、教科によって多少の違いがあります。定点観測を通して、学び方に自信を失うリスクの高い時期を特定しておけば、有効な対策も講じやすくなるはずです。


❏ 学力向上感は十分でも学び方に不安を持つ場合も

科目固有の学び方を身につけさせれば学びの成果が上がりやすくなるというのは、わざわざデータを集めずとも直観で予想がつきますが、前掲のクロス集計表には注意しなければいけないデータも示されています。

前述の傾向を踏まえると、学習方策と学習効果が一致する(例えば、双方ともA)セルの値が最も大きくなりそうなものですが、実際には{学習方策=学習効果}となるセルの左隣のセルの値も小さくありません。

学習方策と学習効果0819_2.png

表全体を見渡しても、左上から右下に通した点線(赤)の上側/右側の数字は小さめで、下側/左側の分布が膨らんでいます。

データをそのまま読むと、「授業を受けて学力はついている気がするけど、科目の学び方がきちんと身についた自信はない」と答える生徒が少なくないということになります。

学習方策が身に付かないままでは、学びのステージが先に進むにつれて自力で学ばなければならないこと/解決しなければならないことが増えてきたときにも「教わることに頼った学び」にならざるを得ず、困ったことが起こりそうです。


❏ 自ら学び続けられる生徒に育てるためには

受験期を迎えて進路希望の実現を目指すフェイズに踏み込めば、学びは自ずと個別化します。必要な情報を集めて知識に編んだり、課題解決に必要な手立てを自力で立案したりできるようにしておくことが、円滑で実りの多い将来の学びを確かなものにするのではないでしょうか。

ましてや、先生方のサポートとフォローが届かない卒業後には、生徒はすべてを自力でこなさなければなりません。自ら学び続けられる生徒を育てることもまた、重要な指導目標の一つだと思います。

学び方に自信がなくても、学力が伸びている実感を持ててさえいれば、生徒は自らの学習者としての状況に危機感をもたないかもしれません。

教わったことを忠実に行っていれば、ある程度までは学習内容の理解に躓くこともないでしょうが、その状態に安んじては「学習者としての自立」も「主体的な学び」も実現が不確かなものになってしまいます。

授業評価アンケートなどを機会に「学び方の獲得」について生徒の認識を定期的に把握することで、そこまでの指導成果の確認と、これからの指導方針の立案に、確固たる根拠/エビデンスを持ちたいものです。



追記:

如上のクロス集計表に加えて、クラス別の換算得点平均を算出して全校で/教科内で{学習方策×学習方法}の散布図を作ってみると、各授業での相対的な位置が確認できますし、双方で高い評価を得ている授業も特定できます。該当する授業の実践を研究して効果的な指導法を抽出して教科内/校内で広く共有を図れば、「主体的な学びの実現」「学習者としての自立」を目指した学校全体で取り組む授業改善にも一層の弾みがつくのではないでしょうか。

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一