活動の配列/授業デザイン

1 問いを軸に授業を設計~学習活動の適切な配列

1.1 教室でしかできない学びを充実~問いを軸に授業を設計 
  cf. 目標理解と活用機会を整える授業デザイン Updated!
1.2 確かな学力を獲得させるための「学習活動の適切な配列」 
1.3 授業を通して21世紀型能力は育めているか新課程の土台となった21世紀型能力.png

2 新しい学力観の下での授業デザイン

2.0 新しい学力観の下での授業デザイン
2.1 PISAが測定する「読解力」 
2.2 ノート持ち込み可の定期考査がもたらすもの
2.3 新しい道具は、思考法や行動様式も変える
2.4 〇〇的な(教科・科目に固有の)考え方、ものの見方
2.5 新しい学力観にそった授業と家庭学習の再設計
2.6 学力観の変化は良問と悪問の分け方を変える
2.7 高大接続改革と定期考査問題
新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)

3 活動を配列するときに考えるべきこと 

3.0 活動を配列するときに考えるべきこと(序)
3.1 活動の一つひとつに目的を持たせる
3.2 チェックポイントを意識した練習や作業
3.3 活動を通じて目指すはコンピテンシーの増大
3.4 個人で取り組ませる活動、教室外に設ける活動
3.5 限られた授業時間を有効に使う New!

4 新課程とカリキュラム・マネジメント

4.0 新課程に備え、改めて考えるカリキュラム・マネジメント
4.1 カリキュラムは{学習内容×能力資質}で設計する 
4.2 カリキュラム・マネジメントの実行&検証フェイズ
4.3 カリキュラムを活かす、目的意識を持った科目履修
4.4 「学びの拡張」まで考慮したカリキュラムの設計学習内容と能力資質のマトリクス.png

5 遠隔授業の成果と課題を通して考えるこれからの学び

5.1 遠隔授業の可能性と課題 New!
5.2 デジタル・トランスフォーメーションと教室での学び New!
5.3 遠隔授業のデータから考える対面の良さを生かすポイント

6 活動の配列/授業デザインに関するその他の記事

6.1 学習内容が同じでもアプローチによって学びの質は異なる
6.2 どんな問いを立てるかで授業デザインは決まる 
6.3 授業改善には授業デザインを先行させる Updated!
6.4 考えるための道具(体系的知識)を揃えさせるときの手順
6.5 生徒が持つ知識/イメージを把握してから学びをスタート
6.6 授業の中で思考力を鍛える
6.7 生徒の答案をシェアして作る学び(相互啓発) 
新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)
主体的、対話的な深い学びへ~授業評価アンケート


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一