考査問題の改善が授業も変える(後編)

卒業までに身につけさせたい学力から逆算して、時期ごとに獲得させるべき学力(科目固有の学習内容に加えて能力や資質など)を目標に設定し、その達成度を測れる定期考査問題を3年間/6年間に正しく配列することは、授業の改善に大きく寄与します。 定期考査は学力形成の工程における「中間検証」の機会です。そこまでに獲得できた学力を正しく評価できて…
トラックバック:3

続きを読むread more